2002/08/05ジ・インターナショナル

怒涛の攻めを見せたR.ビームがツアー2勝目を挙げた

米国男子ツアー「ジ・インターナショナル」最終日。序盤からバーディ攻勢でリーダーグループから一歩抜け出したリッチビームが、終盤に怒涛の追い上げを見せたスティーブ・ラウリーを振り切って、ツアー2勝目を
2002/06/03ケンパーインシュアランス・オープン

B.エステスが我慢のゴルフでツアー通算4勝目

ダブルボギーを叩き、首位タイから脱落した。 スティーブ・エルキントン、ジャスティン・レナード、リッチビームも優勝圏内にいたが、全員17番パー3でつまづきスコアを落とした。皆バーディとボギーが交互に訪れる
2002/05/30ケンパーインシュアランス・オープン

米国男子ツアー ケンパーインシュランスオープンプレビュー

グレッグ・ノーマンは、この大会を機に、大物へとステップアップしていった。 リッチビーム(99年初優勝) 「初優勝は一生忘れないよ。このコースは長くグリーンが大きめなのでロングヒッター向きだ。優勝未経験者
2002/05/05コンパッククラシック

コンパック・クラシック初日インタビュー

、7アンダーとして久々の首位に立った。 首位:(-7)ダン・フォースマン 2位:(-5)リッチビーム 3位:(-4)ジェフ・ギャラガー、パーアリック・ヨハンソン、他