2016/06/20ヨーロピアンツアー公式

ダスティン・ジョンソンの勝利が意味する事実

勢が2年連続で制覇 ・オークモントでの米国勢による「全米オープン」制覇は、1983年のラリーネルソン以来の快挙 ・トミー・アーマー(1927年)、サム・パークスJr.(1935年)、ベン・ホーガン
2016/06/14ヨーロピアンツアー公式

全米オープンの知っておくべきアラカルト

1973年の「全米オープン」では、ジョニー・ミラーがメジャー史上初の「63」をマークし、歴史にその名を刻んだ。 ・「全米オープン」史上、上がり36ホールの最小スコアはラリーネルソンの保持する
2014/02/26ビッグ・セダー・ロッジ・レジェンズ of ゴルフ presented by Bass Pro Shops

歴史的挑戦!パー3コースがプロトーナメントの舞台に

・クレンショー、ニック・ファルド(イングランド)、トム・カイト、サンディ・ライル(スコットランド)、コリン・モンゴメリー(スコットランド)、ラリーネルソン、ニック・プライス(ジンバブエ)、ビジェイ
2002/04/14

2002年の世界ゴルフ殿堂

・ピッカード(42%)、ラリーネルソン(37%)、カーティス・ストレンジ(35%)、クレイグ・ウッド(29%)レオ・ディーゲル(24%)、トミー・ボルト(24%)、そしてボブ・チャールズ(22
2015/06/24佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑162>パトリック・ロジャース

目のウェルズファーゴ選手権で2位タイフィニッシュ。スペシャル・テンポラリー・メンバー(以下、STM)獲得まであと10点に接近した。(10点は単独61位の獲得ポイント)。 クラウンプラザ招待で74位、次
2019/05/27マスターカード日本選手権

日本開催の米シニアツアーに伊澤利光が出場へ 推薦追加発表

・モンゴメリー(スコットランド)をはじめ、トム・ワトソン、マーク・オメーラ、サンディ・ライル、ラリーネルソンと、いずれも世界ゴルフ殿堂入りの5選手ら豪華な顔ぶれがそろった。 メジャー第2戦の「全米プロ
2015/05/18GDOEYE

ロジャースとトーマス 22歳のライバル関係

ウェブドットコムツアーを主戦場として、すでに2月にコロンビアで優勝を飾っている。 PGAツアーにはノンメンバーとして出場しているが、今週単独2位以上になればスペシャルテンポラリーメンバーとなって、主催者推薦
1996/08/08全米プロゴルフ選手権

舞台はバルハラGC

/ボブ・トウェイ/276/インバネスクラブ 1987年/ラリーネルソン/287/PGAナショナル 1988年/ジェフ・スルーマン/272/オークツリー 1989年/ペイン・スチュアート/276
2007/06/06全米オープン

新たに「全米オープン」出場への切符を掴んだ選手たち

・オヘアーは1アンダーで、出場権を確保している。 ラリーネルソンは、83年にオークモントで見事なプレーを見せた。70ホール目に20メートル近いバーディパットを沈め、ディフェンディングチャンピオンのトム
2018/10/01ライダーカップ

5戦全勝のモリナリが欧州を勝利へ導く

。なお、米国代表では1979年大会でラリーネルソンが5戦全勝をはたしている。また、ガルシアはこの日リッキー・ファウラーを2&1で下したことで、「ライダーカップ」欧州代表選手による歴代最多獲得ポイント
2002/07/01全米シニアオープン

シニアメジャー「全米シニアオープン選手権」最終日

位(-6):エド・ドカティ(70) ◇注目の選手 7位(-3):アレン・ドイル(71) 7位(-3):ラリーネルソン(67) 7位(-3):ホセ・マリア・カニザレス(69) 10位(-1):ボブ
2003/02/06

世界で活躍する日本選手たち

) Mastercard Championship ツアー連続出場試合記録を更新しているアイアンマンことデナ・クイグリーが、ラリーネルソン、ファジー・ゼラーの追撃を振り切り通算18アンダーで開幕戦を飾った