2009/04/18アウトバックステーキハウス・プロアマ

L.ネルソンが単独首位! N.プライスが1打差で追う

米国チャンピオンズツアーの第7戦「アウトバックステーキハウス・プロアマ」が、フロリダ州にあるTPCタンパベイで開幕。ラリーネルソンが6アンダーで単独首位に立っている。 過去2年、トム・ワトソンが
2009/04/20アウトバックステーキハウス・プロアマ

N.プライス、苦しみながらシニアツアー初勝利!

ダブルボギーを叩くなど苦戦を強いられる。それでも、後半13番から3連続バーディ決めてスコアを戻し、通算9アンダー。荒波を乗り越えシニアツアー初優勝を飾った。 2位に食い込んだのは、ラリーネルソン。スタート
2009/04/19アウトバックステーキハウス・プロアマ

N.プライスがシニアツアー初優勝に王手!

。後続に3打差をつけ、チャンピオンズツアーの初優勝に大きく近づいている。 そのプライスを追うのは、ラリーネルソン、マイク・マックロフ、ジェイ・ハースの3人。ネルソンは終盤に連続バーディを叩いてスコア
2008/04/26リバティ・ミューチュアル・レジェンズ・オブ・ゴルフ

T.ワトソン・A.ノース組が単独首位スタート!

で初日を終えている。 10アンダーの2位タイにはR.W.イークスとボブ・ギルダーのペアの他、モーリス・ハタルスキー、ドン・プーリー組ら5組が続いている。そこから1打差の9アンダー、7位タイにはラリー
2007/10/15

「レクサスチャンピオンズチャレンジ」開催概要が決定

入りのラリーネルソンをはじめ、いまや伝説となった往年の名プレーヤーから、現在も現役バリバリで活躍するプレーヤーまで、熟練の技を間近で見られる絶好のチャンスだ。 大会初日はフォアボールストロークによる
2007/06/06全米オープン

新たに「全米オープン」出場への切符を掴んだ選手たち

・オヘアーは1アンダーで、出場権を確保している。 ラリーネルソンは、83年にオークモントで見事なプレーを見せた。70ホール目に20メートル近いバーディパットを沈め、ディフェンディングチャンピオンのトム
2007/06/23バンク・オブ・アメリカ選手権

初日トップはT.ワトソン。倉本が4位タイの好位置につける

から2打差の4位タイにつけ、念願の優勝も現実的なポジションにつけている。この4位タイグループには他に、おなじみラリーネルソンら7人がひしめきあう。 また、注目の尾崎直道は2アンダー14位タイ、現在賞金ランキングトップのジェイ・ハースは1アンダー24位タイにつけ、上位進出の機会をうかがっている。
2006/10/03SAS選手権

調子を上げている尾崎直道など日本勢のプレーに注目!

6つ伸ばし、通算13アンダーでヘイル・アーウィンが逆転優勝を飾っている。 今年も連覇を狙うアーウィンを始め、ラリーネルソンやリー・トレビノといった往年の名選手が数多く出場。白熱した接戦となるのは確実
2006/09/26グレーターヒッコリークラシック

名選手達ならではの円熟味溢れるプレーに注目!

ラリーネルソンといった往年の名選手達が出場。チャンピオンズツアーならではの円熟味溢れるプレーからは目が離せない。 日本勢も飯合肇、尾崎直道、倉本昌弘の3人が参戦。シーズンも後半を迎えているだけに、そろそろ「優勝」の栄冠を勝ち取りたいところだ。
2005/09/17コンステレーション・エナジークラシック

B.ギルダーが単独トップ、日本の飯合肇も4位タイ!

、世界のワトソンが、6バーディ、ノーボギーという完璧なプレーを見せた。ショットとパットが冴え渡り、理想的なコースマネジメントでスコアを伸ばしていった。 日本の飯合も素晴らしいスタート。5バーディ、ノーボギーの「67」を叩き出してホールアウト。ラリーネルソンらと並び4位タイの好スタートを切った。
2005/04/21

「練習の虫」ビジェイが殿堂入り確定!

、最大パーセンテージを獲得したビジェイが選ばれた。得票率はビジェイが56%、ラリーネルソンが55%、カーチス・ストレンジが50%などになった。 1993年に米国ツアー入りしたビジェイ。当時30歳だっ
2005/04/26FedExキンコーズクラシック

昨年の大会で大健闘した飯合、今週上位進出なるか

に入るなど、日本勢が好成績を収めた大会。 日本勢が健闘する中、ラリーネルソンが最終日に猛チャージをかけ、ブルース・リツキをかわしての逆転優勝を飾った。飯合は今季まだ目立った成績を挙げていないだけに