2017/04/06マスターズ

【速報】メジャー初制覇へ!松山英樹はパー発進

12分)にティオフした。出だし1番(パー4/445yd)をパーで発進した。 156ydからの2打目を10mに乗せて2パットとした。松山はリッキー・ファウラー、ラッセルノックス(スコットランド)と同組
2016/10/28WGC HSBCチャンピオンズ

【速報】松山英樹が「65」 3打差の単独首位でホールアウト

アンダーの2位に、前年優勝のラッセルノックス(スコットランド/12ホール終了)。さらに1打差の3位にビル・ハース(15ホール終了)が続いている。 同9時10分に10番から出た谷原秀人は、2バーディ、3ボギーの「73」とし、通算2オーバーでホールアウトした。
2017/08/01ヨーロピアンツアー公式

WGCブリヂストン招待の大会アラカルト

「WGC HSBCチャンピオンズ」を制したラッセルノックスが、WGCを制した13人目のヨーロピアンツアーメンバーとなり、彼の勝利によりヨーロピアンツアーメンバーによるWGCの勝利数は16勝となった
2016/05/26ヨーロピアンツアー公式

ライダーカップ欧州選抜入りを狙うノックス

今週の「BMW PGA選手権」で、スコットランドのラッセルノックスが「ライダーカップ」出場の可能性をさらに高めるパフォーマンスを見せようと意気込んでいる。 米ツアーを主戦場とする30歳のノックス
2017/09/20ポルトガルマスターズ

シーズン終盤のバーディ合戦 歴代メジャー覇者らが出場

遂げた。 フィールドには16年の「マスターズ」を制したダニー・ウィレット(イングランド)ほか、ツアー3勝のトーマス・ピータース(ベルギー)、米ツアー2勝のラッセルノックス(スコットランド)、シェーン
2016/10/26ヨーロピアンツアー公式

上り調子のフィッシャー&ヴィースベルガーが上海入り

を迎えながら、きちんと締め括ることができなかったんだ」。 「知っての通り、ラッセルノックスが勝った昨年は3位に入った。彼とは初めの2日間、プレーを共にしたけど、彼は最高だったよ。去年は自分にとって
2016/10/28WGC HSBCチャンピオンズ

松山英樹が単独首位浮上 7打伸ばし後続に3打差

位に、前年覇者のラッセルノックス(スコットランド)とビル・ハース。通算8アンダーの4位に、フランチェスコ・モリナリ(イタリア)、リチャード・ブランド(イングランド)、ダニエル・バーガーの3人が続いた
2016/10/27WGC HSBCチャンピオンズ

10バーディの松山英樹が3位発進 首位にカールベリ

9月の「イタリアオープン」でツアー初優勝を挙げるなど、頭角を現しはじめた29歳だ。 7アンダーの2位にリッキー・ファウラー。さらに1打差の6アンダー3位に、ダニエル・バーガーとラッセルノックス
2017/08/04WGCブリヂストン招待

松山英樹は4打差15位発進 小平53位、谷原62位

し、5アンダーの首位で発進した。 ラッセルノックス(スコットランド)が1打差の4アンダー2位。「全英オープン」を制したジョーダン・スピース、ロリー・マキロイ(北アイルランド)、ジョン・ラーム
2016/10/29WGC HSBCチャンピオンズ

【中間速報】松山英樹は2つ伸ばす 3打差リードのまま後半へ

12アンダーの2位に、同じ最終組をプレーするラッセルノックス(スコットランド)とビル・ハース。さらに1打差の4位に、ともに9ホールを消化したフランチェスコ・モリナリ(イタリア)とダニエル・バーガーが
2017/03/21WGCデルテクノロジーズ マッチプレー

松山は“死の組”か 池田&谷原は予選同グループで直接対決

・ダフナー <グループ10> ティレル・ハットン、ラファ・カブレラベロー、ワン・ジョンフン、チャールズ・ハウエルIII <グループ11> ダニー・ウィレット、ラッセルノックス、ビル・ハース、キム・キョンテ
2016/10/28ヨーロピアンツアー公式

「公園で散歩をするよう」カールベリが単独首位発進

柔らかいコースコンディションをフルに活用したリカルド・カールベリが、「WGC HSBCチャンピオンズ」の初日を終え、単独首位に立った。 1年前のこの大会では、ラッセルノックスが世界ゴルフ選手権
2016/10/25WGC HSBCチャンピオンズ

“鬼門”の上海で優勝予想7位 松山英樹はWGC初制覇なるか?

ビッグトーナメントは、当地でことし11回目の開催。前年大会は第3ラウンドを終えて首位に立ったラッセルノックス(スコットランド)が通算20アンダーでツアー初勝利を飾り、飛躍のきっかけをつかんだ。 背筋痛
2016/10/25ヨーロピアンツアー公式

「WGC HSBCチャンピオンズ」の知っておくべきアラカルト

劇的な最終日となった2015年の「WGC HSBCチャンピオンズ」は、ラッセルノックスがヨーロピアンツアー初優勝を果たし、ダニー・ウィレットが「レース・トゥ・ドバイ」の年間王者へ望みをつなぐ大会となっ
2016/08/07トラベラーズ選手権

2カ月前に初優勝 D.バーガーが「62」で抜け出す

。 通算12アンダーの2位に、ラッセルノックス(スコットランド)、タイロン・ファン・アスウェーゲン(南アフリカ)、ラッセル・ヘンリーの3人。通算10アンダーの5位にパトリック・ロジャースが続く