2018/06/11全米オープン

「全米オープン」最終ラウンド組み合わせ

:58(1:58) ライアン・フォックスカルム・ヒル 13:09(2:09) ミッキー・デモラットラッセルノックス 13:20(2:20) パトリック・ロジャースブライアン・ハーマン 13:31(2
2018/08/12全米プロゴルフ選手権

「全米プロ」組み合わせ

:17) ジミー・ウォーカーテッド・ポッターJr. 9:26(23:26) オースティン・クックブラント・スネデカー 9:35(23:35) ブライス・ガーネットラッセルノックス 9:53(23
2019/04/27チューリッヒクラシック

日没順延 マルナチ&ハーレーIIIペアが暫定首位

(1つのボールを交互に打つ)の第2ラウンドを「67」で回ったピーター・マルナチとビリー・ハーレーIIIが通算14アンダーで暫定首位に立った。 1打差の暫定2位にラッセルノックス(スコットランド
2019/02/18ヨーロピアンツアー公式

フォックスが初優勝 NZ勢で10年ぶりタイトル

デューティーフリー アイルランドオープン」では、プレーオフ1ホール目でロングパットを沈めたラッセルノックスに敗れたが、これでついに欧州ツアーの新たな勝者となった。 「これまで何度か惜しいところまでいったので、今日、この特別な場所
2019/03/22バルスパー選手権

ツアー未勝利のダーメンとストラカが首位 小平は29位

アンダーで首位に並んだ。4アンダー3位には、11番(パー5)でアルバトロスを決めたラッセルノックス(スコットランド)と、ケビン・キズナー、ルーク・ドナルド(イングランド)の3選手が続いている。 3
2019/02/21WGCメキシコ選手権

繰り上がりで出場権 小平智「強弱つけたゴルフを」

ラッセルノックス(スコットランド)と同組になった。「めちゃくちゃ飛ぶ選手が、有利というわけではない。毎日60台を出すのを目標に」。大舞台で、持ち前のショット精度を生かしたい。(メキシコ・メキシコシティ/林洋平)
2018/07/16記録

「全英オープン」出場者&資格

・サンヒョン 33:欧州予選会/2018年「HNAフランスオープン」上位3人 マーカス・キンハルト ラッセルノックス ジュリアン・スリ 34:米国予選会/2018年「クイッケンローンズ・ナショナル
2018/10/24WGC HSBCチャンピオンズ

2週続けてウェイティング!?…小平智は3年ぶりの中国WGC

リベンジしようと思ってきました」 初日、2日目はいずれも実力者のラッセルノックス(スコットランド)、パットン・キザイアと同組で回る。「飛距離も伸びて(2015年は)『ここから打てなかった』という部分も
2018/06/11記録

「全米オープン」出場選手&資格

ガン・ブラッドリー ブライアン・ゲイ マイケル・パットナム シュバンカー・シャルマ ラッセルノックス パトリック・ロジャース ウィリアム・ザラトリス ハロルド・バーナーIII オリー
2018/07/02ヨーロピアンツアー公式

ノレンがフランスでロレックスシリーズ2勝目を飾る

ことで、ノレンはパリで勝者となった。 スリとウッドは首位と1打差で大会を終了。この日「65」をマークしたスコットランドのラッセルノックスも2位タイで大会を後にした。この結果により、ノックス、スリ
2018/09/01デルテクノロジーズ選手権

松山英樹は42位発進 首位にローズ

、ボギーなしの「65」で回り、6アンダーの単独首位発進を切った。 1打差の2位にフェデックスカップランキング下位からの浮上を目指すラッセルノックス(スコットランド)、アブラム・アンセル(メキシコ)の2人が
2018/08/06WGCブリヂストン招待

初出場の時松隆光は39位 痛感した世界との差

」王者のバッバ・ワトソンと、成績順で組み合わせが決まる3日目に「全英オープン」覇者のヘンリック・ステンソン(スウェーデン)と同組でプレーした。最終日は米ツアー2勝(うちWGC1勝)のラッセルノックス