2019/11/29すぐ試したくなる

【第18回】ダフリやトップを防ぐラウンド中の応急処置

、コースですぐにでもミスショットを止めたい、という気持ちも理解できます。いろいろ試すのは混乱のもと。最もシンプルな応急処置をお教えしましょう。 ダフリやトップを防ぐラウンド応急処置
2019/05/17すぐ試したくなる

【第4回】フックが出始めた時の応急処置

う。第4回ではそんなフックを抑えるためのポイントをご紹介します。 フックを抑えるには、フォロースルーでの手首やクラブフェースの状態をしっかりと理解し、それらをコントロールする必要があります。ラウンドの「フック抑制のコツ」として覚えておくと良いでしょう。 フックが出始めた時の応急処置
2021/05/12女子プロレスキュー!

スライス防止!手の下ろすイメージを変える 大江香織

があります。特にラウンド、スライスばかりでどうにもならない時には、応急処置ではありますが、少しフェースを被せることで、スライスを防ぐこともアリだと思います。 【今回のまとめ】手にヒントあり…
2018/07/22女子プロレスキュー!

ダフリ・トップを抑える上半身チェック 金澤志奈

「アイアンの応急処置」をレスキュー♪ 【アマチュアゴルファーKさんの悩み】 「調子が落ちると、アイアンでダフリやトップのミスが頻発します。ラウンドにできる応急処置はありますか?」 【金澤志奈の…
2015/02/02植村啓太のフィーリングゴルフ

Lesson.43 ラウンド中のトップを即効修正!その1

。 パンチショットで応急処置 ラウンドにどうしてもトップが止まらなくなったら、振り切らないことが効果的です。フィニッシュまで振り切るのではなく、インパクトからフォローの低い位置で止めるような意識…
2015/04/29女子プロレスキュー!

“これでサヨナラ!トップ、ダフリ、シャンク”竹内美雪

応急処置」…まさにレスキュー! 【アマチュアゴルファーの悩み】 「トップやダフリ、シャンクに悩んでいます。ラウンドに一度でもこのうちのどれかが出ると、連鎖反応のようにミスが続いてしまいます…
2016/04/13女子プロレスキュー!

絶対テンプラ防止、これだけは…! 中井美有

です。特にダウンスイング以降は、右肩の高さをキープしながら、その場で回転することを意識してください。 【“突っ込み”対策】 グリップを短く握る! ラウンド応急処置として、思いきってクラブを短く握り
2015/09/23女子プロレスキュー!

“チョロを出さない! FWとUTミス対策” 井上莉花

軌道を理解できるはずです。 即効性のある2つのドリル! 2つのドリルはスイングづくりにも適していますが、ラウンド応急処置としても効果的。ミスショットが出た後や大事なショットの前に、この素振りを試し…
2015/09/02女子プロレスキュー!

“もう恐くない!チョロ、テンプラ、チーピン” 笹原優美

」 ひとつのミスをきっかけに、ズルズルとスコアを崩してしまうのは勿体ないですよね。ラウンドでも改善の余地は十分あります。ミスを受け入れ、的確な対処をすることが大崩れしない秘訣です。 【チョロ】は後を引く…
2013/11/13サイエンスフィット

コースで左右に散るならココを正せ!

になります。 100ヤード以内で効果歴然! ローリングをなくすことは、ラウンド応急処置ではありません。ドライバーをはじめ、ショット全般がどんどん良くなっていくはずです。特に、100ヤード以内の…
2015/06/10女子プロレスキュー!

“グリーン周りで大コケしないアプローチ” 坂下莉彗子

ラフや逆目からの寄せワン! 【アマチュアゴルファーの悩み】 「グリーン周りからのアプローチで距離感が合いません。ラフや逆目からのショットや、グリーン面が上り下りのラインなど特殊な状況で、やさしく寄せられる打ち方を教えてください」 グリーン周りの様々なシチュエーションから寄せるには、その状況に合わせた打ち方を覚えることが近道です。起こりやすいミスの傾向と対策を覚え、適切な打ち方をすれば1パット圏内に寄せることが簡単になります。 坂下莉彗子(さかした・りえこ) 1990年5月7日生まれ、兵庫県神戸市出身。同志社大を卒業し、昨年のプロテストに合格。期待の注目新人。今季はステップアップツアーを主戦場...