2012/06/19マーク金井の試打インプレッション

マグレガー レッドターニー

スピン弾道でキャリーとランで飛距離を稼げるドライバーだ。 表示ロフト10.5度に対してリアルロフトは11.5度。フェース角は1.25度フック。ライ角も60度とアップライト。フェース角とライ角はつかまり
2015/10/13マーク金井の試打インプレッション

プロギア 赤egg ドライバー

ポジションで、リアルロフト角は12.25度。フェース角は±0度(スクエアフェース)。ライ角は60.25度とアップライトで、重心角は28度と非常に大きい。スクエアフェースだが、前作プロギア egg
2016/03/22マーク金井の試打インプレッション

グローブライド オノフ ドライバー AKA(2016年)

表示で、リアルロフト角が11.5度。フェース角は+0.75度と、わずかにフックフェース。ライ角は64.5度と非常にアップライトで、重心角は23.5度と平均をやや上回っている。前作同様、ヘッド体積460
2012/12/11マーク金井の試打インプレッション

ヤマハ インプレスX RMX ドライバー

に対してリアルロフトは10.5度。フェース角は+0.5度。ライ角度はノーマルポジションが59.25度で、アップライトポジションが60.75度。インプレスXRMXの場合、シャフト脱着で変えられるのはライ
2014/09/23マーク金井の試打インプレッション

ミズノ MP CRAFT ドライバー

、メーカー特注でロフト角、ライ角、フェース向きを±1.5度調整できる。フッカーの人は、フェース角をオープン方向に調整することをお勧めしたい。また、捕まりを求める人はライ角をアップライトに調整するのもいいだろう
2011/02/22マーク金井の試打インプレッション

コブラ S3 ドライバー

フェース角は±0度と完全にスクエアフェース。ライ角度はノーマルポジションだと60.5度とややアップライト。ライ角は捕まり重視のスペックだが、重心アングルは22.5度とやや少なめ。重心距離が長めなこと
2018/04/10マーク金井の試打インプレッション

ミスに強くてまっすぐ飛ばす「ピン G400 MAX ドライバー」

になる。ライ角は60.5度とややアップライト。 つかまりに影響が出る重心角は32度。G400 スタンダードタイプと比べると3度以上大きく、実際に打ち比べてみても重心距離が長い割にはつかまりが適度にいい
2017/09/26マーク金井の試打インプレッション

操作性と飛距離が向上「ピン G400 ドライバー」

。フェース角が-2.5度。ヘッドを地面に置いた時、フェースが開く方向に回転するので、計測時にはオープンフェースの度合いがやや強くなる。 ライ角は60.75度とアップライト。重心角は28.5度と、前作に
2010/12/20マーク金井の試打インプレッション

マグレガー マックテック DS101 ブルードライバー

.5度。わずかにフックフェースで、アベレージ向けドライバーにしてはリアルロフトがやや少なめ。ライ角は61.75度と超アップライト。ライ角で捕まりを狙っている意図が強く窺える。重心アングルはネジの配置で
2011/05/10マーク金井の試打インプレッション

タイトリスト VG3C ドライバー

捕まりを抑えたスペックだが、ライ角は61度とアップライト。重心アングルも24.5度。ライ角を除くと、捕まりを意識したスペックである。実際に打ってみても、インパクトゾーンでヘッドが返りやすい。ストレート
2016/05/24マーク金井の試打インプレッション

キャロウェイゴルフ ビッグバーサ ベータ ドライバー(2016年)

が8.75度。個体差もあると思うが、シニア向けドライバーとして考えるとリアルロフト角がかなり小さい。フェース角は+1.5度とフックフェース。ライ角は62度と超アップライト。捕まりに影響を及ぼす重心角は
2009/08/04マーク金井の試打インプレッション

ミズノ MP CRAFT S-1 ドライバー

ドライバーだ。フェース角は1.5度オープン。ライ角は約61度とややアップライトだが、重心角は約22度。今時のドライバーの中では重心角は少なめだ。この影響もあってか、ダウンからインパクトにかけては、シャフトを
2016/06/14マーク金井の試打インプレッション

コブラ KING フォージド TECアイアン

いるクラブとしては、重量はやや重め、硬さは平均的なスペックだ。ライ角は7番で62.5度とややアップライトな仕上がり。ヘッド素材が軟鉄鍛造なので、ロフト角、ライ角はメーカーだけでなく、ゴルフショップなどで
2014/08/12マーク金井の試打インプレッション

コブラ BiO CELL ドライバー

ポジションだと表示ロフト角が10.5度でリアルロフト角が10度。フェース角が+1.5度。ライ角は60度とアップライト。ロフト角の設定を9度に調整するとリアルロフト角は8.75度になり、フェース角は+1度に
2014/10/21マーク金井の試打インプレッション

プロギア iD ナブラ RS01 ドライバー

62度と非常にアップライトで、重心角は26度。オープンフェースなことを除けば、つかまりを重視した設計がなされている。シャフトを180度回転させてロフト角を1度増やす設定でヘッド計測すると、リアルロフト角