2011/08/16マーク金井の試打インプレッション

クリーブランド ランチャー スーパーライト290 ドライバー

クリーブランドの主力ブランド「ランチャーシリーズ」。今回アベレージ向けに開発された「スーパーライト290」を徹底調査すべく、“人間試打マシーン”ことマーク金井が立ち上がった。 ・軽過ぎないドライバー…
2020/08/11ギアニュース

たたける弾き系シャフト「ツアーAD HD」が9月発売

グラファイトデザイン(本社・埼玉県秩父市)は主力ブランド「ツアーAD」シリーズの最新作となる「ツアーAD HD」を9月10日に発売する。 ホワイトを基調とした本体に鮮やかなライトブルーで印字された
2020/09/02ギアニュース

松山英樹が1W投入 「スリクソン ZXシリーズ」10月発売

。 ZX5、ZX7ともにヘッドサイズは460cc。ホーゼル部分には両タイプに弾道調整機能が搭載された。前作から踏襲する軽量「ライトウエイトカーボンクラウン」の効果も加わり、従来モデルより深い重心設計と、高
2020/04/14クラブ試打 三者三様

SIM ドライバーを西川みさとが試打「フラットに見える」

いかないと右へ逃げてしまうような…。最近のモデルは、アップライトのものが多いので、それらと比べるとややハードヒッター向けに見える印象はあります」 ―でも 実際は違う? 「はい。実際はつかまりやすい…
2019/11/19topics

クラブは“顔”が命! 2019秋の最新ドライバーを見比べ隊

」 ダンロップ「ゼクシオ イレブン ドライバー」は、これまでの「ゼクシオ」シリーズと比べて形状が丸くなり、球のつかまりやすさを演出しています。フェース角は従来同様の強めのフックですが、ライ角がアップライトに…
2020/07/12topics

渡邉彩香の復活をもたらした「J015」の特性とは

戻ってくる球筋を得意としていました。ここ数年、不調が続いた時期に使っていたモデルは、つかまりの良さを追求したオートマチックなタイプ。ライ角はアップライトで、極端に例えるなら、つま先上がりの状態で打って
2010/10/05マーク金井の試打インプレッション

テーラーメイド R9 スーパーMAX ドライバー

、ノーマルアップライトポジションだと10.5度表示でリアルロフトが12.75度。リアルロフトもかなり多めだ。フェースアングルもノーマルアップライトポジションだと+0.5度とフックフェース。 シャフト…
2009/05/26マーク金井の試打インプレッション

ナイキ サスクワッチ DYMO ストレートフィット ドライバー

、脱着が容易になっている。あと、構えて少し気になったのがライ角の設定。計測すると、約66度。市販ドライバーの中でも最もアップライトだ。トウが浮き上がりが強いので「捕まる」イメージが強く出るが、ここまで…
2016/01/12マーク金井の試打インプレッション

ミズノ JPX EIII sv ドライバー

とシャフトは脱着できる可変式。シャフトの装着方向を変えることで、ロフトとライ角の調整が可能。ロフト角は8.5~12.5度、ライ角はノーマルとアップライトから選べる。 JPX EIII sv ドライバー…
2020/06/02クラブ試打 三者三様

本間TR20を西川みさとが試打「球筋を打ち分けたい人向け」

感じてしまうのかも。ライ角がフラットなところも、アップライトでつかまりの良いモデルとは違い、ハードヒッター向けの要素を強調している感じがしました」 ―飛距離性能は? 「打感はやわらかめで、硬さが少し
2010/08/10マーク金井の試打インプレッション

マルマン マジェスティ ヴァンキッシュVR ドライバー

ライ角度もアップライトだ。フッカーよりもスライサーに構えやすい。またヘッドはインセットホーゼルが強め。重心距離を短くして、ヘッドの返しやすさにこだわっているのかも知れない。 フェースの厚みは約54…