2019/12/23新製品レポート

まっすぐ飛ばせてミスに強い ヤマハ RMX 220 アイアン

。弾道計測してみると、打ち出し角が高くてスピン量は少なめ。打感は、マレージング素材らしい弾き系です。 【ツルさん】 ヤマハには“プラス2番手”を飛ばせる「インプレス UD+2 アイアン」もありますが
2019/08/26新製品レポート

曲がりづらい低スピン系に進化 ヤマハ RMX 120 ドライバー

ヤマハのアスリート向けモデルを知っている人から見ると、ビックリするぐらいにヘッド形状も変わっています。前作までは伝統的なハイバック形状でしたが、「RMX 120」ではシャローバック形状が採用されていて
2019/11/23クラブ試打 三者三様

アッタス 11/ヘッドスピード別試打

『ニュー エッグ 5500 ドライバー』や、ヤマハの『RMX 220 ドライバー』など、ボールが上がりやすいヘッドとの相性は良いと思います」 ―どのような人向け? 「スイング時のタメや粘り、ヘッド
2019/11/02topics

最新シャフト4本を打ち比べてみた ~2019年版~

410 プラス ドライバー」、ヤマハ「RMX 120 ドライバー」。「ZF」も同じく「G410」「RMX」と合うが、ほかにテーラーメイド「M6 ドライバー」やキャロウェイ「エピック フラッシュ
2018/03/21ツアーギアトレンド

6カ月ぶり復帰の大山志保 クラブは軽量化を重視

マミヤ『アッタス クール 4S』を採用。アイアンは昨年も使用したヤマハの『RMX 218 アイアン』だが、市販品より1本あたり平均10g増量していたヘッドのウェイトをすべて外し、体への負担を極力減らし
2019/02/02クラブ試打 三者三様

インプレス UD+2 アイアン/ヘッドスピード別試打

売り上げ好調の「飛び系アイアン」、前作と比べてどう? 2018年10月に発売され、ことしに入ってもいまだ売り上げ好調なのがヤマハの「インプレス UD+2」シリーズだ。 特に「インプレス UD+2