2017/04/18マーク金井の試打インプレッション

ミズノ MP TYPE-2ドライバー

アスリートの憧れ、ミズノMPシリーズ。新モデルは2年半の歳月を経てMP史上最大の高初速エリアを達成。フェースをたわませてボール初速を上げることで飛距離性能を追求したという。2タイプのヘッド形状がある
2017/04/14ツアーギアトレンド

MPシリーズ最新1Wで飛距離アップ 手嶋多一が6位浮上

した最新1Wも心強い味方になっている。今年3月に発売された、契約するミズノの『MP TYPE-1 ドライバー』で、開発に2年半が費やされたMPシリーズの最新モデルだ。「良いモノにできあがらなければ出さ
2017/04/05金谷多一郎のクラブ一刀両断

ミズノ MP TYPE-1 ドライバー

今回試打するのはミズノ MP TYPE-1 ドライバーです。ヘッド体積は435cc。MP TYPE-2 ドライバーの460ccと比べるとコンパクトになっています。 ソールには、TYPE-2同様に
2017/03/29金谷多一郎のクラブ一刀両断

ミズノ MP TYPE-2 ドライバー

今回は「ミズノ MP TYPE-2 ドライバー」です。ソール部に、たわみを使ってボールを押し出すという「ウエーブテクノロジーソール」が搭載されました。フェースには「ストロングフォージド・エリート
2017/03/28マーク金井の試打インプレッション

ミズノ JPX900 フォージドアイアン

飛びと打感を両立した素材「軟鉄ボロン鋼」を採用、飛距離性能を追求しつつ、アンダーカット部を拡大した「Tスロット加工」により、前作よりも約13%スイートエリアのアップを実現した『ミズノ JPX900
2017/01/23新製品レポート

「驚くほど曲がらない」ミズノ JPX900 フェアウェイウッド

。僕の見た感じだと、リアルロフト角は17度ぐらいありそうです。 【ミーやん】ミズノのクラブというと打感が良さそうなイメージですが、このモデルに関しては重厚な打感というわけではありません。悪く言うと
2016/12/20マーク金井の試打インプレッション

ミズノ JPX900 ドライバー

ゴルファーは体力やスイングタイプによってスピン量がそれぞれ異なるもの。ミズノはゴルファーひとりひとりの適正スピン量「飛びスピン」を実現するべく、ファーストトラックテクノロジー&クイックスイッチを搭載
2016/09/13マーク金井の試打インプレッション

ミズノ MP-66 アイアン

ソリッドなヘッド形状、高い操作性、抜群の打感の良さを備えたミズノのアイアン『MPシリーズ』、日本だけでなく世界的に上級者に絶大な人気を誇っている。今回の『MP-66 アイアン』は、同社が培ってきた
2016/09/07新製品レポート

「1度刻みでロフト角を選べる」ミズノ T7 ウェッジ

【ミーやん】ミズノの新しいウェッジは、なんとロフト角が1度刻みでラインアップされています。44から62度まで、バウンス角の違いを入れると25モデルもあります。55度や57度の奇数ロフトは別注対応に
2016/09/05新製品レポート

「いかにもミズノらしい軟鉄鍛造」ミズノ MP-66 アイアン

【ミーやん】MPシリーズの最新作が『MP-66』です。ミズノの養老工場のクラフトマンがプロの要望に応えて、球を包み込んで打てるイメージのヘッド形状に仕上げたとか。いわゆる“和顔”と呼ばれるヘッド形状