2019/06/17全米オープン

優勝→2位→優勝→2位 偉業を逃したケプカの際立つ強さ

・ウッドランドに3打差の2位でフィニッシュした。3位タイから開始5ホールで4バーディを奪うチャージを見せ「68」と健闘。1903-05年にウィリー・アンダーソン(スコットランド)が達成した、史上2人目
2019/06/17記録

「全米オープン」歴代優勝者&日本人成績

昌弘 予落石川遼 予落薗田峻輔 予落 チェンバーズベイ 2014 M.カイマー 松山英樹 35T谷口徹 67位矢野東 予落宮里聖志 予落 パインハーストNo.2 2013 J.ローズ 松山英樹
2019/06/17全米オープン

ウッドランドがメジャー初制覇 松山英樹は21位

プレーし、通算13アンダーとして逃げ切りでメジャー初制覇を遂げた。 最終18番(パー5)では9mのバーディパットを沈めた。2018年2月の「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」以来となるツアー
2019/06/16全米オープン

4打差ケプカ 114年ぶり3連覇はレジェンドへの道をまた一歩

第2打を大きく左に曲げた15番、ラフからのアプローチでグリーンをオーバーさせた直後、カラーから9mを沈めてパーを拾った。「きょうはもっとバーディを獲れた感覚があったんだ。良いパットがたくさん打てたから
2019/06/12ヨーロピアンツアー公式

「全米オープン」で知っておくべき5つのこと

ティアップし、そのうち7人は「全米オープン」デビューを飾る。 大会デビューを果たすアドリ・アーナス、リース・イーノック、ジャスティン・ハーディング、マーカス・キンハルト、レナート・パラトーレ、クレメント
2017/04/04マスターズ

タイガー・ウッズの伝説的勝利から20年 1997年の当事者たち

マーク・オメーラと練習ラウンドを回ったタイガー・ウッズは、パー5の2ホールでバーディを獲り損なったにもかかわらず、「59」をマークした。オーランドからオーガスタへと向かう機中、彼らはこんな会話をしたと
2016/06/15ヨーロピアンツアー公式

貴方の知らない(かもしれない)オークモントの10の事実

ビハインドでスタートした。4連続バーディでスタートすると、全18ホールでパーオンに成功し、歴史に名を刻む「63」をマーク。彼のこのスコアは現在もメジャーの最少ストロークタイ記録であり、「全米オープン」の週末
2015/06/16ヨーロピアンツアー公式

全米オープンで再び欧州のスターは輝くか

世界ナンバーワンのロリー・マキロイとディフェンディングチャンピオンのマルティン・カイマーを筆頭とする48人のヨーロピアンツアーメンバーたちが、「全米オープン」の開催されるチェンバーズベイを急襲する
2015/03/26ヨーロピアンツアー公式

ヨーロピアンツアーのへんてこトロフィー、ベスト(?)13

が贈られる。今年はブランデン・グレースがこの大型の牡蠣型トロフィーを手にした。そのグレースに敗れたマーク・ウォーレンは、「ゴルフで最高のトロフィーはクラレットジャグだけど、マザーオブパールトロフィーも
2014/10/24PGAコラム

シーサイドコースの戦い、着目したいもう一つの視点

マークアンダーソンは、今季4回目のホールインワンをパー3の3番で記録した。 ルーキーのトニー・フィナウは、初日を「71」の1オーバーで終了。フェデックスカップランキングは現在10位だ。初日を終えて1位が「65」というスコアは、今大会史上ベストとなっている。
2014/09/15ツアー選手権byコカ・コーラ

最年少の年間王者、27歳ホーシェル「人生で最高の瞬間」

・ローズ(イングランド)らに猛追を受ける展開。ジム・フューリックには終盤一時的に首位に並ばれたが、15番(パー5)のバーディで再び1ストロークをリード。続く16番ではティショットを右の林に曲げながら9m
2014/08/26ヨーロピアンツアー公式

イタリアで興奮の結末を迎えるライダーカップへの道

マルコ・クレスピも、この大会で母国の地を踏むことになる。 フランチェスコ・モリナリの他にも、今週は6人の大会優勝経験者が顔を揃える予定となっており、その中にはフレドリク・アンダーソン・ヘッド、マテイアス
2014/07/09PGAコラム

進化し続けるスピースを偉大なプレーヤーと比較

、NCAA年間最優秀選手賞を受賞。プロに転向して迎えた初戦の「グレーター・ミルウォーキー・オープン」では60位タイとしたものの、それからの6戦で2勝をマーク。初出場から8戦までに3度トップ10という成績を残し
2014/06/22PGAコラム

浮き沈みを乗り越え、復調しつつあるN.ワトニー

「トラベラーズ選手権」3日目、ワトニーはこれまでの頑張りが報われるような兆しを見せた。この日は「65」をマークして通算9アンダーとし、優勝も視野に入れた状態で最終日を迎える。 「いろいろなことが一度にやってきた