2013/02/22ヨーロピアンツアー公式

ローリーがマキロイをアリゾナに沈めた

の激突 ローズVSコルサート シード上位3人が初戦で敗退する可能性もあったが、2011年の勝者ドナルドがドイツのマルセルシームと迎えた最終ホールでバーディを奪い勝利した。 もうひとつのアイルランド勢
2015/11/16ヨーロピアンツアー公式

レイクマラーレンを制圧したブロバーグがツアー初優勝

だ、罠に掛かってはいけない』と感じていた」。 「良い感じで9番アイアンのショットがピン側4、5メートルについたのでとても嬉しかったね」。 ファイナルシリーズ第3戦は、マルセルシームが劇的なチップ
2017/02/10ヨーロピアンツアー公式

「63」のウォーレンがマレーシアで首位発進

差で「マスターズ」王者のダニー・ウィレット(イギリス)、米国のピーター・ユーライン、地元で人気のアリエ・イラワン(マレーシア)、豪州のサム・ブラゼル、ドイツのマルセルシーム、そしてインドの
2013/03/13ヨーロピアンツアー公式

インドで欧州のスター軍団がアジアの精鋭たちと対戦

マルセルシームとスペインのジョージ・カンピーロとは2打差だった。 偶然にも、クルーガーとチャウラシアは2人とも身長が5フィート5インチ(約165センチメートル)と、ヨーロピアンツアーメンバーの中でも
2016/06/22ヨーロピアンツアー公式

BMWインターナショナル・オープンの知っておくべきアラカルト

と目下好調のセルヒオ・ガルシアもフィールドに名を連ねている。2008年のマルティン・カイマーによる地元優勝の再現を果たすべく、マルセルシームやマックス・キーファーといった地元ドイツ勢も虎視眈々と優勝
2015/06/23ヨーロピアンツアー公式

ミュンヘンでの巻き返しに自信をのぞかせるカイマー

を果たしており、好調の波に乗っている。 ドイツ勢でその他に目を引く存在となっているのは、欧州ツアーで優勝経験のあるマルセルシーム、最近の「スイスチャレンジ」で3位に入り、チャレンジツアー初優勝にあと
2013/03/29ハッサンII ゴルフトロフィー

暫定首位にM.シーム 「マスターズ」出場権獲得へ好発進

ため、最終組が1ホールを残してサスペンデッドを迎えた。そんな中、マルセルシーム(ドイツ)が8アンダーと伸ばし、暫定単独首位の好発進を切った。午前スタート組は時折強い風に見舞われたが、12時40分に
2013/04/03PGAコラム

早耳情報:バレロテキサスオープン

位置する若者にとって、今後、米国ツアー参戦し続ける上での糧となったか。サンアントニオとの相性は良く、昨年のデビュー戦で18位タイ。 マルセルシーム(ドイツ) スポンサー免除でマスターズ出場権最後の1枠
2016/10/16ヨーロピアンツアー公式

ノレンが3打差首位で最終日へ

。 さらに1打差の7位タイには、イングランドのリー・ウェストウッドとドイツのマルセルシームが続いている。 ブランドを1打追う状況で3日目を出たノレンは、2番と6番でバーディを奪い、通算12アンダーとして
2015/11/25ヨーロピアンツアー公式

南アフリカで新シーズン開幕

・フォスター(2003年)、マルセルシーム(2004年)、シュワルツェル(2005年)、アルバロ・キロス(2007年)、そしてガース・マルロイ(2011年)といった面々がヨーロピアンツアー初優勝を遂げ
2013/07/02ヨーロピアンツアー公式

ライダーカップで活躍した選手勢、ル・ゴルフ・ナショナルへ

同じドイツ出身のマルセルシームは、昨年の「アルストム・オープン・ド・フランス」覇者。白熱の最終ラウンドでは、追いすがるイタリアのモリナリを振り切って勝利した。 モリナリは最終日、9バーディを奪う猛攻を
2016/06/28ヨーロピアンツアー公式

第100回フランスオープンの知っておくべきアラカルト

優勝を経験しているのはカイマー、パブロ・ララサバル、マクドウェル、マルセルシーム、グレーム・ストーム、そしてヴィースベルガーの6人。地元フランスからは、ビクトル・デュビッソン、「全米オープン」で健闘
2013/03/31ハッサンII ゴルフトロフィー

選手コメント/ハッサンIIトロフィー 3日目

ん。彼(マルセルシーム)が少しでもスコアを落とせば、後続のぼくたちがそこに勝負を仕掛けていけます。その準備はできているので、全力で挑みます」
2015/11/10ヨーロピアンツアー公式

上海での連勝を狙うローズ

に呉が「ボルボ中国オープン」で栄冠に輝き、中国人選手として初めてヨーロピアンツアー制覇を達成している。 昨年の「BMWマスターズ」では、マルセルシームがプレーオフ1ホール目でチップインバーディを決め
2015/03/24ヨーロピアンツアー公式

アガディール再訪を果たす前回王者のカニサレス

・ホーイ、ドイツのマルセルシーム、そしてウェールズのリース・デービースといった、過去にアガディールでの優勝を経験している選手たちも、その素晴らしい記憶の再現を狙っている。 元王者の一人、イングランドの