2014/11/20ダンロップフェニックストーナメント

選手コメント集/ダンロップフェニックストーナメント初日

■ブレンダン・ジョーンズ 6バーディ、ノーボギー「65」 6アンダー2位 「けがをしてしばらく休養を取り、戻ってきた後のフジサンケイで3位に入って自信を取り戻した。このコースはアンジュレ-ションが
2014/11/03ツアーギアトレンド

ガルシアがCIMBクラシックでRsi TPアイアンをテスト

)、ヴェイパープロ(5-9番)アイアンセットを使用。ポール・ケーシーはヴェイパースピードフェアウェイウッド(15度、19度)、そしてヴェイパープロアイアン(5-PW)を選択した。 ■クラブ紛失 マット
2014/11/02マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント

目標通りの「65」 2位の谷原秀人「完敗です」

ジョーンズ(オーストラリア)ら、首位はめまぐるしく入れ替わった。 しかし、最終的には、失速することなく1イーグル、7バーディで通算21アンダーまで伸ばした小田龍一が、2位に5打差をつけてツアー2勝目を果たし
2014/10/19PGAコラム

「マックグラッドリークラシック」アラカルト

、2013-14シーズンのフェデックスカップレースで2位だったクリス・カークが出場。「ライダーカップ」米国選抜チームのメンバー、マット・クーチャーとザック・ジョンソンも名を連ねている。クーチャーと
2014/10/09TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Central

前年覇者の藤本佳則ら首位発進 アマ長谷川祥平が1差3位

切った。 出だしの10番(パー5)でピンそば数十cm、11番(パー3)で1mにつけて連続バーディを奪うなど、この日はアイアンショットが冴えた藤本。「去年と違いラフが深いが、今日はそんなにラフに行か
2014/10/06PGAコラム

「フライズドットコムオープン」アラカルト

。 出場選手: ディフェンディングチャンピオンのジミー・ウォーカーに加え、先日の「ライダーカップ」に出場した4名(米国選抜のマット・クーチャー、ハンター・メイハン、パトリック・リード、そして欧州からリー
2014/08/22PGAコラム

自分ルールを曲げなかったトリンゲールが好スタート

申し出ることが正しい行いと感じた。 最終日に同組だったマットジョーンズともオフィシャルのいるトレーラーで意見を交わしたという。その時トリンゲールは1打を加算すべきではないと感じ、ジョーンズもその意見に
2014/07/28PGAコラム

WGCブリヂストンインビテーショナル 事前情報

・ハーマン、ブレンドン・トッド、マットジョーンズ、スティーブン・ボーディッチ、マット・エブリーら10選手にとっては初のWGC出場となる。今大会に出場する選手の中では最多のWGC通算48大会目の出場と
2014/07/22PGAコラム

パワーランキング:RBCカナディアンオープン

婚約するなど、カナダとはなにかと縁のあるジョンソン。最近では8試合連続で予選を突破し、うち5試合ではトップ25入りも果たしている。 4位:マット・クーチャー 昨年大会ではD.ジョンソンらと2位タイだった
2014/06/18ヨーロピアンツアー公式

「アイルランドオープン」に集うスター選手たち

アマチュアに輝き、1930年にボビー・ジョーンズが達成して以来となる「全米オープン」と「全英オープン」の両方でベストアマチュアを勝ち取る快挙を達成したマシュー・フィッツパトリックは、スポンサーの招待枠
2014/05/14佐渡充高のPGA選手名鑑

<佐渡充高の選手名鑑 119>マット・ジョーンズ

■ミラクル2連発の初優勝 豪州のマットジョーンズ(34)がPGAツアー7年目、155試合目となる今年4月の「チューリッヒクラシック」で悲願の初優勝を飾った。72ホール目の18番で15メートルの
2014/05/11ザ・プレーヤーズ選手権

J.スピース、M.カイマーが首位で最終日へ 松山英樹は28位

したジョン・センデン(オーストラリア)、通算8アンダーの5位にゲーリー・ウッドランド、マットジョーンズ(オーストラリア)、ジョージ・マクニールの3選手が並んでいる。 3アンダーの25位から出た松山
2014/04/23佐渡充高のPGA選手名鑑

<佐渡充高の選手名鑑 116>マット・クーチャー

■3週連続の失速 日曜がキライになりそう!? 今春のマット・クーチャー(35)は勝てそうで勝てない惜しい試合が続いていた。「バレロテキサスオープン」で4位タイ、翌週の「シェル ヒューストンオープン
2014/04/20PGAコラム

ドナルドに好結果をもたらしているコーチ変更

。優勝だ。 最近もっとも優勝に近づいた瞬間はヒューストンでの「シェルヒューストンオープン」。首位で最終日を迎えながらも、6打差から追ってきたマットジョーンズにプレーオフにもつれこまれた。プレーオフ1
2014/04/17PGAコラム

光明が差した時(2) /ペイン・スチュワート

重要である。なぜなら、彼が初めてプレーオフを制したからだ。それはスティーブ・ジョーンズとラリー・マイズとのサドンデスだった。2週間後の「バイロン・ネルソン・クラシック」は雨で試合が短縮されたものの
2014/04/12PGAコラム

波乱のマスターズ…メジャー覇者が次々に予選落ち

は大会2日目に「79」と崩れ、予選通過ラインから4打オーバーでこちらも決勝ラウンドには進めなかった。 先週の「シェル ヒューストンオープン」で優勝し、「マスターズ」初出場を果たしたマットジョーンズ
2014/04/10PGAコラム

マスターズで勝利する為の様々なファクターとは・・・

、世界ゴルフランキングで339位だった。マット・エブリーとマットジョーンズが米国ツアー初優勝をあげた時もランキングは90位台だったのだ。 ミケルソンは今シーズンここまでの9試合でトップ10に一度も
2014/04/09ツアーギアトレンド

「シェル ヒューストンオープン」 M.ジョーンズの優勝ギア

米国男子ツアー「シェル ヒューストンオープン」は、マットジョーンズが正規の18番でロングパット、プレーオフ1ホール目でチップインと、神がかり的なバーディを続けてツアー初優勝。「マスターズ」への初
2014/04/07PGAコラム

M.ジョーンズが猛チャージ 嬉しいツアー初勝利

By Sean Martin, PGATOUR.COM マットジョーンズは、14メートルのロングパット、そして約13メートルのチップショットを決め、「シェルヒューストンオープン」でツアー初勝利を手