2013/11/08PGAコラム

復活したベアードが2位タイで発進

ブライニー・ベアードは米国ツアーでのキャリアにおいて、可能な限り試合に出場し続けている。手にしていないのは勝利だけだ。 しかし今週は、未勝利のキャリアについにピリオドを打つかもしれない。 「マックグラッドリークラシック
2013/11/17PGAコラム

H.イングリッシュ パターを戻して暫定首位浮上

決められたことは良かったよ」とカールソンは話した。 欧州ツアー制覇11度を誇るスウェーデン出身の44歳は、スポンサー推薦で出場した先週の「マックグラッドリークラシック」で10位タイに食い込み、今大会の
2013/10/16GDOEYE

米ツアー開幕戦で見えた、松山英樹&石川遼の2014年展望

、石川にとっては6年連続となるオーガスタ参戦を自力で決めたい思いも強いはず。ジョージア(マックグラッドリークラシック)、メキシコ(OHLクラシックatマヤコバ)への出場準備も進めているという石川の今後
2014/10/24マックグラッドリークラシック

S.J.パク 米ツアーデビュー戦は上々の船出

日本ツアーを経て今季の米国ツアー出場権を手にしたS.J.パク(韓国)が、今週の「マックグラッドリークラシック」でツアープレーヤーとしてデビューした。大会初日は6バーディ、2ボギーの「66」(パー70
2015/10/22シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

石川遼がクリアした「リシャッフル」 岩田寛の戦い

スタートダッシュが大事だとは思っていた」 いま、その争いの渦中にいるのが岩田だ。今季最初のリシャッフルは11月の「マックグラッドリークラシック」の直後。開幕戦では、同じ入れ替え戦からレギュラーツアーに
2011/10/17チルドレンズ ミラクル ネットワーク クラシック

26歳の新鋭VS世界No.1 米ツアー賞金王に輝くのは

チャンスを迎えている」と意識は高く、歴史的快挙へのなみなみならぬ意欲が伝わってくる。 一方、逃げる立場のシンプソンは、先週の「マックグラッドリークラシック」でプレーオフに敗れての単独2位で終え、それまで
2012/10/17佐渡充高のPGA選手名鑑

佐渡充高が簡単解説!初めてのPGAツアー【第五十六回】

■「マックグラッドリークラシック」 フォールシリーズ第3戦となる今大会は、再びシード権争いが加熱する。シード権を未だ獲得できていない選手にとっては、ラストチャンスに懸けることほどドキドキすることは
2014/01/04ヒュンダイトーナメントofチャンピオンズ

2014年開幕!20歳のジョーダンが首位発進

アンダー「66」で首位に立ったのは、2013年シーズンのルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いたジョーダン・スピースと、既に6試合を消化した13年-14年シーズンで優勝を果たしているクリス・カーク(マックグラッドリークラシック
2013/11/13ツアーギアトレンド

デビュー早々の快進撃 オデッセイの「?パター」

&国内女子ツアー「ミズノクラシック」ではテレサ・ルーが“ツノ型”の「#7」でツアー初優勝。また、米国男子では「マックグラッドリークラシック」でクリス・カークが池田と同じ「#1」でツアー2勝目をマークした
2012/10/22マックグラッドリークラシック

T.ゲイニー7打差逆転!ベテラン勢は最終日に散る

◇米国男子◇マックグラッドリークラシック 最終日◇シーサイドコース(ジョージア州)◇7,055ヤード(パー70) 今季のフォールシリーズ第3戦はベテラン勢の活躍が目立ったが、最終日に10ストローク
2013/08/12全米プロゴルフ選手権

またも逆転負け フューリック「この日々が次に活きる」

・ダフナーにタイトルを譲り、2位に終わった。 負の連鎖を止めることはまたもできなかった。フューリックは昨年、「タンパベイ選手権」から「全米オープン」、「WGCブリヂストンインビテーショナル」、「マックグラッドリークラシック
2013/11/11ザ・マックグラッドリークラシック

C.カークが終盤の逆転劇でツアー2勝目を達成

◇米国男子◇マックグラッドリークラシック 最終日◇シーアイランドGCシーサイドコース(ジョージア州)◇7,055ヤード(パー70) 3年ぶりのツアー2勝目を目指す28歳のクリス・カークと、悲願の初
2012/10/19マックグラッドリークラシック

B.コーリー、M.ドーソンが首位タイ 今田は87位と出遅れ

◇米国男子◇マックグラッドリークラシック初日◇シーサイドコース(ジョージア州)◇7,055ヤード(パー70) 来季シードを懸けた最後のチャンスとなるフォールシリーズ第3戦が、18日(木)に開幕。その
2014/06/09PGAコラム

B.クレインが初日からのリードを守り優勝

・メリットに1打差で勝利した。クレインにとってはPGAツアー5勝目で、2011年の「マックグラッドリークラシック」以来となる勝利。 前日の悪天候の影響により、クレインは最終日に30ホールを消化。スタート