2014/10/04アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権

ジャクリンが首位浮上 マキロイが77人抜き!

◇欧州男子◇アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権 2日目◇セントアンドリュース オールドC(スコットランド)ほか◇パー72 予選ラウンドが3日間、3コースをラウンドして行われる大会の2日目
2014/10/03ヨーロピアンツアー公式

ウィルソンが復調をアピール コースレコードタイ「64」

コースレコードに並ぶ「64」でカーヌスティをラウンドし、センセーショナルな形で復調を見せつけたイングランドのオリバー・ウィルソンが「アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権」の初日を終え、首位に立った
2014/10/03アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権

マキロイは大きく出遅れ O.ウィルソンが8アンダー首位

◇欧州男子◇アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権 初日◇セントアンドリュース オールドC(スコットランド)ほか◇パー72 スコットランドの名門リンクス3コースで行われた初日、オリバー・ウィルソン
2014/10/02ヨーロピアンツアー公式

選手復帰の“主将”マギンリー 自身の調子には謙虚

大勝利した「ライダーカップ」でキャプテンを務めたポール・マギンリーは、今週の「アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権」で現場復帰を飾るが、果たして自身がどのようなパフォーマンスを発揮できるのか見当も
2014/10/01ヨーロピアンツアー公式

ファルドが「アルフレッド・ダンヒル-」出場へ

アンドリュースへとやって来る。 「ライダーカップ」で米国代表を16.5対11.5で下した欧州代表チームのキャプテン、ポール・マッギンリーは、今回は彼らを率いるのではなく、彼らと共にコース上で火花を散らすこと
2014/09/30ヨーロピアンツアー公式

スポットライトは再びスコットランドに

大成功裏に終わった2014年「ライダーカップ」の余韻も落ち着いてきたなか、今週もゴルフ発祥の地はゴルフ界のスポットライトの中心に居続け、この国の最も優れた3つのリンクスコースが「アルフレッド・ダン
2014/09/27ネイチャーバレー・ファーストティオープン

マカリスターが首位 1打差にクックら5人

、スキップ・ケンドール、リー・ジャンセンの5人がつけている。 現在賞金ランキング3位のジェイ・ハース、前週優勝のポール・ゴイドス、ホセ・コセレス(アルゼンチン)、マルコ・ドーソンら6人が、3アンダーで7
2014/09/22パシフィックリンクスハワイ選手権

ゴイドスがシニアツアー初優勝 加瀬29位、井戸木58位

1年目のポール・ゴイドス。首位タイからスタートした最終日を6バーディ、2ボギーで通算19アンダーとし、シニア参戦5試合目にして早くもツアー初優勝を手にした。 通算18アンダーの2位に、首位タイから出た
2014/05/14佐渡充高のPGA選手名鑑

<佐渡充高の選手名鑑 119>マット・ジョーンズ

・クイニーがいた。同部のエースだったイングランドのポール・ケーシーがプロ転向し、チームを抜けたばかりで、ジョーンズは強力な補強選手として迎えられた。2001年の「全米学生選手権」で同大学は6位に終わった
2014/05/03GDOEYE

半世紀前と変わらない「中日クラウンズ」の魅力

PGAツアーのデータを見ると、1980年の平均飛距離1位はダンポールの274.3ヤードだが、昨年1位のルーク・リストは306.3ヤード。ここ34年で30ヤード以上伸びている計算になる。 当然のこと
2014/04/16PGAコラム

光明が差した時(1) /ペイン・スチュワート

。米国ツアーでは4度プレーオフに持ち込むも全て負けに終わった(対ピーター・ジェイコブソン、ボブ・イーストウッド、ダンポール、そしてフィル・ブラックマー)。 そして、勝てない選手の印象はさらに強まって
2014/02/25ヨーロピアンツアー公式

ツワネオープン連覇を狙うヴァン・デル・ウォルト

・ウーストハイゼン(ボルボ・ゴルフ・チャンピオンズ)とチャール・シュワルツェル(アルフレッド・ダンヒル選手権)となっており、ウーストハイゼンとシュワルツェルの二人はそれぞれタイトル防衛も果たしている
2014/01/21ヨーロピアンツアー公式

“デザート・スウィング”第2戦へ準備万端のドーハ

にこの大会を複数回優勝した選手は二人しかいない。一人はスコットランドのポール・ローリーであり、もう一人はオーストラリアのアダム・スコットで、彼は1999年と2012年に“マザー・オブ・パール(真珠母
2013/11/20ヨーロピアンツアー公式

ユーラインがルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞

ヨーロピアンツアー初シーズンで初優勝を果たし、レース・トゥ・ドバイでも14位に入るなど素晴らしい成績を残した米国のピーター・ユーラインがサー・ヘンリー・コットン・ルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞した
2013/10/25ヨーロピアンツアー公式

ガスリーが好調の米国勢を牽引

、励みになる」 そして3位にはヨーロピアンツアーのルーキー、24歳のピーター・ユーラインがつけ、トップ3を米国勢が独占する形になった。彼は「マデイラ・アイランド・オープン」ですでに優勝を果たしており
2013/10/22PGAコラム

パワーランキング:CIMBクラシック

使用している。 パワーランキング 1、フィル・ミケルソン このベテランレフティーが長年プレーしたいと望むなら、今週はオフにする選択肢もあった。しかし彼はいつもアジアへの遠征に積極的に参加している
2013/10/13ヨーロピアンツアー公式

初優勝に向け絶好の位置につけたワリング

、「アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権」のキングスバーンを12アンダーでラウンドした米国のピーター・ユーライン以来となる、欧州ツアーでは今季2回目の「60」を記録した。 カットラインを僅か一打の差で