2001/06/02メモリアルトーナメント

P.エイジンガーが首位。V.シンが2位に浮上した。

メモリアルトーナメント2日目。初日4アンダーの5位タイからスタートしたポールエイジンガーが9アンダーで単独首位に立った。前半2バーディ、2ボギーとスコアを伸ばせなかったが、後半13番ホールから5
2002/10/01ライダーカップ

ライダーカップのスーパールーキー

欧州キャプテンのサム・トーランスを始め、欧州チームは彼らの活躍を信じていたのだ。 独特のガッツポーズを何度も決めていたニクラス・ファス。最終日の最終ホールではポールエイジンガーに神懸り的なバンカー
2003/03/28ザ・プレーヤーズ選手権

タイガーは36位、日本勢は大きく出遅れた!

:30/L.ロバーツ/P.エイジンガー/J.レナード 12:25/7:40/F.ファンク/B.ランガー/J.デュラント 12:35/7:50/K.ペリー/F.カプルス/T.レーマン 12:45/8:00
2015/06/23ヨーロピアンツアー公式

ミュンヘンでの巻き返しに自信をのぞかせるカイマー

しても歴史のその名を刻むべく今週の大会に臨むことになる。 「BMWインターナショナルオープン」では26年にわたる歴史の中で24人の王者が誕生しており、トーマス・ビヨーンとポールエイジンガーのみが複数
2002/06/20全米オープン

全米オープン 使用ギアレポート#1

15人、9番ウッドが5人いた。2001年のサザンヒルズでの全米オープンでは5番ウッドが33人、7番ウッドが7人、9番ウッドは1人だった。ビジェイ・シンとポールエイジンガーも9番ウッド採用組だが
2002/12/24マスターズ

2003マスターズからの招待状

含まれる。 また有名選手の中では、ジョン・デーリー、トム・レーマン、ポールエイジンガー、マーク・カルカベッキアなどが選出からもれた。 最終的に出場者が確定するのは、2003年のザ・プレーヤーズ選手権
2017/06/20ヨーロピアンツアー公式

「BMWインターナショナルオープン」の大会アラカルト

「BMWインターナショナルオープン」ではヨーロピアンツアー史上初となる5人によるプレーオフが行われた。このときは、かつての「ライダーカップ」米国代表キャプテンであるポールエイジンガーが、グレン・デイ
2001/06/03メモリアルトーナメント

P.エイジンガーが首位キープ。混戦模様は続く。

メモリアルトーナメント3日目。天候が乱れ、進行が遅れ第3ラウンドはサスペンデッドとなった。いぜん混戦模様が続き最終日に熾烈な優勝争いが展開されそうだ。 2日目にトップに立ったP.エイジンガーは、14
2005/06/07全米オープン

「全米オープン」の切符をかけた戦い!2次予選がスタート!

」チャンピオンのベルンハルト・ランガーは5アンダー8位タイにつけている。一方、「マスターズ」2勝を誇るホセ・マリア・オラサバルやベテランのポールエイジンガーは2アンダーで42位タイ、イングランドの若手
2003/01/16ソニーオープンinハワイ

ソニーオープンプレビュー

、短くて小さなコースだ。ティショットはほとんど3番ウッド、ドライバーの出番はない」 ポールエイジンガー 「ここは風との戦いになる。私の弾道は低いから好都合。風の中のプレーは好きなんだ」 ブラッド
2013/06/18ヨーロピアンツアー公式

25周年を迎えるBMWインターナショナル・オープン

、そしてジョン・パリーら、錚々たる顔ぶれが並ぶ。 うち2選手のみが、同大会のトロフィーを2度手にすることに成功している。いずれもプレーオフで勝ち取ったポールエイジンガーとトーマス・ビヨーンだ。同大会
2002/09/27ライダーカップ

初日午前のペアリングについて両キャプテンの会見

開会式前にはメディアセンターでは初日午前のペアリングについてのキャプテン別記者会見が行われ、それぞれがなぜ発表されたようなペアリングにしたかの詳細が明らかになった。 1組目:タイガー・ウッズ&ポール
2002/08/12ビュイックオープン

PGAツアー「ビュイック・オープン」最終日

(68)、フレッド・ファンク(71)、エステバン・トレド(73) 6位タイ(-12):パット・ベイツ(68)、ポールエイジンガー(68) ◇注目の選手 10位タイ(-11):ジム・フューリック(71
2002/11/14

世界で活躍する日本選手たち

。 アメリカチームは アーノルド・パーマー(キャプテン)、ポールエイジンガー、レイ・フロイド、フレッド・ファンク、ボブ・ギルダー、スコット・ホーク、ヘール・アーウィン、トム・カイト、トム・レーマン、マーク
2002/09/27ライダーカップ

第34回ライダーカップ開会式

マッチングが壇上から発表された。 1組目:タイガー・ウッズ&ポールエイジンガー VS ダレン・クラーク&トーマス・ビヨーン 2組目:デビッド・デュバル&デービス・ラブIII VS セルヒオ・ガルシア