2021/07/16バーバゾル選手権

全英裏開催の初日は日没サスペ 小平智は4打差4アンダー

。 同じく18ホール終えたJ.T.ポストン、スコット・ハリントン、ボーンテーラーら12人が7アンダーで暫定2位につけた。 日本勢で唯一参戦する小平智は7バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「68」でホールアウト。4アンダー暫定31位で初日を終えた。
2021/01/16ソニーオープンinハワイ

松山英樹が3打差7位で週末へ 小平智と木下稜介も予選通過

・シンク、ウェブ・シンプソン、ラッセル・ヘンリー、ボーンテーラー、クリス・カークが2打差2位を並走。 松山英樹は1イーグル6バーディ、3ボギーの「65」をマーク。コリン・モリカワ、ホアキン・ニーマン(チリ
2020/08/03全米プロゴルフ選手権

2020年「全米プロゴルフ選手権」出場選手一覧

ブレンダン・スティール ヘンリック・ステンソン セップ・ストラカ ケビン・ストリールマン スティーブ・ストリッカー ブライアン・スチュアード ケン・タニガワ ニック・テイラー ボーンテーラー
2020/06/21RBCヘリテージ

ワトニーと濃厚接触11人は陰性 「気の緩み」指摘する声も

ニック・ワトニーと濃厚接触の可能性がある11人の検査結果がすべて陰性だったことを明らかにした。大会初日に同じ組でプレーした選手らに追加の検査を行った。 対象となったのは同伴競技者だったボーンテーラー
2020/06/20RBCヘリテージ

米ツアー初の「コロナ陽性」への反応は 同伴競技者は動揺

日のハーフターン時にワトニーの棄権の理由を競技スタッフから知らされた。ボーンテーラーは元気な姿を見せながら、「正直言って、少しショックだった。心臓が高鳴ってナーバスにもなった。とにかくニックに無事で
2020/06/20RBCヘリテージ

通算5勝のワトニーが新型コロナ陽性で棄権 PGAツアーで初

対策センター(CDC)のガイドラインに基づくツアーのサポートを受け、症状が回復するまで自主隔離に入る。ツアーはワトニーの濃厚接触者も含めて今後の対応を医療関係者と協議。初日はルーク・リスト、ボーン
2019/11/19マヤコバゴルフクラシック

ブレンドン・トッドが2週連続優勝 小平智は80位

。 通算19アンダーの2位に、惜しくも母国タイトルを逃したカルロス・オルティス(メキシコ)、ボーンテーラー、アダム・ロングの3人。通算17アンダーの5位にハリス・イングリッシュが続いた。 前日に72…
2019/11/17マヤコバゴルフクラシック

イングリッシュが首位 小平智は63位で予選通過

13アンダーとして単独首位に立った。悪天候で進行が遅れた大会は17日(日)に決勝ラウンド36ホールを行う考えだ。 ボーンテーラーが通算12アンダーの2位、ブレンドン・トッドが通算11アンダーの3位で
2019/11/16マヤコバゴルフクラシック

ダニー・リーが首位発進 小平智は62位

アダム・ロング。7アンダーの4位にザック・ジョンソン、ボーンテーラー、マーク・ハバード、クリス・ベーカーの4人が続いた。 自身の今季初戦をディフェンディング大会で迎えたマット・クーチャーは、2つの
2019/06/30ロケットモーゲージ・クラシック

ラシェリーが6打差独走 松山英樹は9位で最終日へ

の優勝となれば、2016年「AT&Tペブルビーチプロアマ」を制したボーンテーラー以来となる。 通算17アンダーの2位にJ.T.ポストン。通算16アンダーの3位にキャメロン・トリンガーリが続き、ツアー
2019/06/24トラベラーズ選手権

チェズ・リービーが11年ぶり勝利 4打差で逃げ切る

・ブラッドリーとザック・スーカー。2位から出たブラッドリーは終盤に1打差まで迫ったものの、17番でダブルボギーをたたいて勝機を逸した。 通算12アンダーの4位にボーンテーラー。通算11アンダーの5位に
2019/05/31ザ・メモリアルトーナメント

松山英樹は30位発進 ウッズ23位

・レイシュマン(オーストラリア)、アニルバン・ラヒリ(インド)、ボーンテーラー、バド・コーリーの5人が並んだ。 2週前の「全米プロ」以来の出場となるタイガー・ウッズは4バーディ、2ボギーでプレーし、2アンダー
2018/08/24ザ・ノーザントラスト

松山英樹が5位発進 小平智は96位

。ケビン・ツエー、ジェイミー・ラブマーク、ボーンテーラー、ショーン・オヘアーの4人が「66」をマークし、5アンダーで首位を分け合った。 4アンダーの5位に5年連続のプレーオフ出場となる松山英樹、前年覇者
2018/02/02WMフェニックスオープン

松山英樹は3連覇へ29位発進 首位ハースと5打差

位のジョン・ラーム(スペイン)、バッバ・ワトソン、ボーンテーラー、ブライアン・ゲイ、ゲーリー・ウッドランドの5人が続いた。 アーノルド・パーマー以来(1964年)の大会3連覇がかかる松山は5バーディ、3ボギーの「69」とし、首位と5打差の2アンダーの29位で初日を終えた。
2018/01/12ソニーオープンinハワイ

片岡大育が2打差7位発進 宮里優作は出遅れ116位

ザック・ジョンソンと、米ツアー4勝で32歳のクリス・カークがいずれも7バーディ、ノーボギーの「63」でプレーし、首位に並んで発進した。1打差の3位にボーンテーラー、カイル・スタンリー、テーラー
2017/11/18ザ・RSMクラシック

オースティン・クックが単独首位 パン・チェンツェンが3位に浮上

・カーク、ボーンテーラーに並んでアジア勢では最高となる3位に浮上した。 世界ランキング15位のマット・クーチャーは4バーディ、ノーボギーの「66」でプレーし、通算5アンダーで33位。昨年覇者のマッケンジー・ヒューズ(カナダ)は通算イーブンパーで予選落ちした。
2017/11/10OHLクラシックatマヤコバ

31歳が10バーディ量産で首位 ファウラー3位

滑り出した。ツアー通算3勝のボーンテーラーが7アンダーの2位につけた。 出場選手の中で世界ランク最上位(10位)のリッキー・ファウラーは6バーディ、ボギーなし「65」でプレーし6アンダーの3位とし
2017/10/29サンダーソンファームズ選手権

ライアン・アーマーが初勝利へ5打差首位

にチェッソン・ハドリーが続いた。 シーマス・パワー(アイルランド)、ボーンテーラーら5人が通算9アンダーの3位で並んだ。