2020/02/06ヨーロピアンツアー公式

ロウはP.ローリーの助言を得てタイトル防衛へ

ことになる。オギルビーは昨年、そこまで多くの大会には出場していないが、自身のゲームの状態には概ね満足している。「とても良い感じだね。良い感じでボールが打てている。言ってみれば、(一度身につけたら忘れない
2020/01/14ヨーロピアンツアー公式

“アメイジング・グレース”が母国で復活優勝

譲ることになる。 出だしから7連続パーとしていたウーストハイゼンは、パー3の8番でティショットを放つと、クリークの方向へ曲がり出したボールはピン方向へ。フリンジで大きく跳ねると、その後はカップへと
2020/02/15ヨーロピアンツアー公式

最もウザいゴルフの決まり文句は?

” ベルント・ヴィースベルガー「良いティショット、あるいは良いドライブを打つと、ボールがまだ空中にあるのに“ナイスショット”って言われるけど、フェアウェイを通り越して、バンカーやラフに入っちゃうことってある
2019/12/27

GDO編集部が選ぶ 2019年ゴルフ10大ニュース(男子編)

メディアは43歳の完全復活を大々的に発信し、日本でもウッズが使用するモデルのボールが品薄になるなど大きな反響を呼びました。 2位 石川遼が3年ぶりV シーズン3勝で最年少10億 序盤戦を腰痛で出遅れた
2019/12/17マーク金井の試打インプレッション

大型ヘッドでやさしい軟鉄鍛造「ミズノプロ 920 アイアン」

さR。シャフト重量は70グラム台と、スチールとしては非常に軽い。 まずは9番アイアンから打ってみた。スパーンとボールを包み込むインパクト音とともに、スピンが効いた高弾道。打感はソフトで、フェースが
2020/01/09サイエンスフィット レッスン

体の回転でつかまえる「Fタイプ」スイング(前編)

してボールを運ぶこと」ですよね。それをもっと突き詰めると「いつも最大の加速でスクエアにインパクトすること」です。山外さんのヘッド軌道は、インサイドアウト&アッパーブローのプロゾーンに位置しますが
2018/12/19ツアーギアトレンド

年間勝利数が最も多かったボールは?/国内男子

2018年国内男子ツアーで最も勝利をもぎ取ったボールは何だったのか? 第1位は全24試合中、半数の12試合を制したタイトリスト。今平周吾は「タイトリスト プロV1xボール」で、10月の「ブリヂストン
2020/02/15クラブ試打 三者三様

NEW egg 5500を万振りマンが試打「弾きは◎ 飛距離は△」

が、本音を言わせてもらうと、もう少しだけ飛距離性能が欲しいという気もしました」 ―フェースの弾き感が弱い? 「いえいえ、弾きはすごく強かったです。予想以上にボール初速は出ていましたし、総合的な飛距離
2019/09/28クラブ試打 三者三様

タイトリスト TS1 ドライバー/ヘッドスピード別試打

60」で、それぞれ同様の硬さを選択。ボールは「ロッテ葛西ゴルフ」の専用レンジボール(ツーピース)で計測した。 「ヘッドの丸みが安心感を生む」と感想を述べたのは西川。「他の2機種と比べてヘッドの形状に
2019/10/19クラブ試打 三者三様

ツアーB JGR HF3 アイアン/ヘッドスピード別試打

「ツアーB JGR HF1 アイアン」は「エア スピーダー G for IR シャフト」、「ツアーB JGR HF2 アイアン」は「オリジナル TG1-IR シャフト」、それぞれ同様の硬さを選択。ボール
2019/01/28topics

HS40m/s前後でもプロ仕様ボールが一番飛ぶの?

新モデルが続々登場… そこで気になる素朴な疑問 タイトリスト「プロV1」、スリクソン「Zスター」など、各社から新モデルが続々と登場するプロ仕様ボール。そこで浮かぶ素朴な疑問は、これらプロ仕様ボール
2020/02/06クラブ試打 三者三様

ヤマハ RMX 120を筒康博が試打「G410を意識した国産クラブ」

【操作性】4.0 【構えやすさ】4.5 ・ロフト角:10.5度 ・使用シャフト:オリジナルカーボン TMX-420D/硬さS ・使用ボール:ロッテ葛西ゴルフの専用レンジボール(ツーピース) 取材協力/トラックマンジャパン株式会社、ロッテ葛西ゴルフ
2019/10/05クラブ試打 三者三様

ツアーB JGR ドライバー/ヘッドスピード別試打

。シャフトは純正の「ツアーAD for JGR TG2-5」を用意。硬さは西川のみR、筒と万振りマンはSを使用。比較する前作2017年モデルは「オリジナル TG1-5」で、それぞれ同様の硬さを選択。ボール
2020/01/29topics

松山英樹「M5」から「SIM MAX」への移行を考察

)』によりヘッド下部に振り分けられ、低重心化されています。その分、米男子ツアーの強者らが振ってもボールが吹け上がらない。また、『M6』と比べてヒール側の形状がキュッと締まっていて、シャープな印象が