2020/08/14TECドリル

右ひざを伸ばせば、カラダは回る

、ダウンスイング以降でアウトサイドイン軌道になりやすく、バックスピン量の多いスライスボールが出て、飛距離をロスしてしまいます。 そこで今回は、腰の回転を習得するドリルをご紹介します。ただ腰を回すのでは
2020/08/12女子プロレスキュー!

ロングアイアンをショートアイアンのように打つには? 吉川桃

飛ばすクラブではなく、決まった距離に飛ばせるクラブと捉えましょう。 2. フォローから始動する素振りが効果的 ロングアイアンを力まず振るには、直前の素振りを変えてみてください。ボールの位置からスタートする
2020/08/05ゴルフ・トライアウト無限大

野球芸人ティモンディのルール&マナー実践編

が出来るのでしょうか。 次回はフォアサムマッチ 次回は高島プロのほかに石川陽子プロを迎え、二人一組でチームになって、1つのボールを交互に打つフォアサムマッチをプレーします。お楽しみに!
2020/08/05女子プロレスキュー!

スティック2本で何が分かる? 吉川桃

?」 【吉川桃のレスキュー回答】 ティショットに限らず、狙った所にボールを落とすには、スイングよりもアドレスの向きを定めるアライメントが最重要だと考えています。なぜか最近ボールが思わぬ方向に飛んでいく
2020/08/04“あるあるレッスン”に潜む罠

「パットのストローク作りはヘッド軌道から」の罠

」の中村晃文コーチが主な例を挙げながら、テーマごとに解説します。 「ボールの方向に影響するのはフェースの向き」 正確なパットのストロークを身につけるために、クラブ軌道はもちろん大切な要素のひとつです
2020/07/22女子プロレスキュー!

自宅でアプローチ練習 プロはちょっと違う! 馬場ゆかり

?」 【馬場ゆかりのレスキュー回答】 「おうちの中では、実際にボールを使って練習するのはかなり危険です。ウレタンボールを使ったり、素振りをすることがメインになると思いますが、何の目的もなく振り続けても
2020/07/17TECドリル

フェードボールを打つ 腰の回転の注意点2つ

。なぜなら、ドローボールと比べてバックスピン量を増やすことができ、セカンドショット以降で、グリーン上にボールを止めやすいという利点があるからです。 フェードボールを打つためには、ターゲットに対してヘッド
2020/07/15女子プロレスキュー!

自宅でスイング作り 「9時3時」を鍛えるには? 馬場ゆかり

はフェースの入り方や抜け方もチェックしてみてください。アウトからなのかインからなのか、ボール前後のフローリングの線を見ながら、フェースの向きを確認して振ると、改めてスイングの欠点を見つけることができ
2020/07/07“あるあるレッスン”に潜む罠

「バンカーショットは“開く”」の罠

開いたことで右方向に飛び出るボールを目標方向に飛ばすことにつながります。 しかし、その意識が強すぎるあまり、“開きすぎている”アマチュアゴルファーをよく見かけます。フェースを開くと確かにボールは上がり
2020/07/01女子プロレスキュー!

パターマットでも距離感はつくれる? 馬場ゆかり

できますか?」 【馬場ゆかりのレスキュー回答】 自宅でもパッティングの距離感を磨くことはできると思っています。ポイントは振り幅です。ボールの転がりやイメージも大事ですが、自宅でできる練習法としては
2020/06/25プラス1

「背骨」意識してますか? 正しい姿勢でスコアアップ

ましょう。 コブラトレーニング 1:うつ伏せの状態で、両手のひらを天井に向け、体の脇にセットします。 ※写真のように、両ひざの間にボールや丸めたタオルを挟むと背中を意識しやすくなります。 2:骨盤を床に
2020/06/24女子プロレスキュー!

1mに強くなるパターマット活用法は? 馬場ゆかり

ことができますか?」 【馬場ゆかりのレスキュー回答】 パッティングの方向性を上げるには、真ん中にラインが引いてあるパターマットが最適です。ただ、ライン上にボールが転がっていればOKという単純なものでは
2020/06/23“あるあるレッスン”に潜む罠

「1Wが高く上がり過ぎて飛ばない→ロフト角を立てる」の罠

変わらないのでボールは高く上がってしまいます。そして飛距離も出ません。 このような傾向にある場合は、どちらかと言えばスイングの問題に着目してみましょう。本来やるべきことは、ロフト角が立ったクラブを使う
2020/06/17女子プロレスキュー!

パターマットでも上達する練習法は? 馬場ゆかり

していても、単にボールを転がすだけでは上達は見込めません。プロが実際に行っている練習法として、テンポを意識したものがあります。パッティングは構えも打ち方も重要ですが、もっとも大事なのはテンポだと考えて
2020/06/09“あるあるレッスン”に潜む罠

「バウンス角が大きい=やさしいウェッジ」の罠

。ハイバウンスだとソールが地面を跳ねやすくなり、トップや距離感が合わないミスのリスクが高まるからです。また、ボールを高く上げるロブショットを打つ場合も、フェースを開いたときにソールが浮きにくいローバウンス