2013/06/28アイルランドオープン

F.オスカーが首位、R.マキロイは103位タイと出遅れ

シェーン・ローリーの5人が並んだ。 7位タイの4アンダーにはホセマリアオラサバル(スペイン)、トーマス・ビヨーン(デンマーク)、ポール・ケーシー(イングランド)らが並び、大会連覇を狙うジェイミー
2013/06/25ヨーロピアンツアー公式

再び全英オープンへ挑むルイス

の前任で同じく主将を務めたホセマリアオラサバル(スペイン)、そして元全米オープン覇者のマイケル・キャンベル(ニュージーランド)は共に「72」で予選会初日を終えた。
2013/05/28ヨーロピアンツアー公式

S.カーンがトップ通過で全米オープン出場枠を獲得

。その選手たちは、2012年「ライダーカップ」欧州キャプテンのホセマリアオラサバル(スペイン)、エスタニスラオ・ゴヤ(アルゼンチン)、クリス・ドーク(スコットランド)、リカルド・カールバーグ
2013/04/16ヨーロピアンツアー公式

母国スペインでリードしたいガルシア

「マスターズ」3度目のトップ10フィニッシュを果たした。 同じく「マスターズ」で活躍したガルシアの同胞、ホセマリアオラサバル(マスターズ50位タイとなったライダーカップのヨーロッパチームキャプテン
2013/03/30ハッサンII ゴルフトロフィー

M.シームが単独首位で決勝へ 「マスターズ」出場権獲得に前進

挽回、通算3オーバーの58位タイに滑り込み、揃って決勝ラウンド進出を決めている。 ロバート・ロック(イングランド)、アルバロ・キロス、ホセマリアオラサバル(いずれもスペイン)ら欧州ツアーを代表する強豪ら…
2013/02/28ヨーロピアンツアー公式

クラークとオラサバルが若き才能をコーチ

マリアオラサバル(スペイン)、かつての全米オープン優勝者のマイケル・キャンベル(ニュージーランド)、2011年の全英オープン優勝者のダレン・クラーク(北アイルランド)、そして他のプロ選手達からの指導を
2013/02/27ヨーロピアンツアー公式

南アフリカの才能を羨むオラサバル

2012年のライダーカップでのヨーロッパチームにおける栄冠を持ってしても、ホセマリアオラサバル(スペイン)は長きに渡って才能あふれるゴルファーを輩出している南アフリカを羨む気持ちでいっぱいだ
2013/02/02ヨーロピアンツアー公式

最後はスターンがリード

前キャプテン、ホセマリアオラサバル(スペイン)は「67」で20位タイ。 背中の怪我に悩まされる前は世界ランキングトップ30位入りしていたスターンは、現在165位。 バーディでスタートし、4番と14
2013/01/16ヨーロピアンツアー公式

ポール・マギンリーが2014年「ライダーカップ」主将に就任

・マギンリーはホセマリアオラサバル(スペイン)のあとを継ぎ、スペイン人主将が率いたチームが前回大会で起こした「メディーナの奇跡」に続きたいところ。46歳の彼は昨年、主将のオラザバルを支える副
2013/01/08ボルボゴルフチャンピオンズ

南アフリカの地でチャンピオンたちの戦いが始まる

出場を果たす。同じく歴代ツアー賞金王としてコリン・モンゴメリー(スコットランド)、ダレン・クラーク(北アイルランド)、ホセマリアオラサバル(スペイン)らベテランと肩を並べ、マッテオ・マナッセロ(イタリア…
2012/12/22WORLD

【WORLD】パーティー大好き!N.コルサート

と思う」と続ける。 Golf Wolrd(2012年11月5日)texted by Tim Rosaforte コルサートのワイルドな一面が浮き彫りとなったのは、ホセマリアオラサバルが彼を主将
2012/12/16ザ・ロイヤルトロフィ

キョンテが決めた!アジア勢がプレーオフでタイトル奪還

気持ちを心がけた」と笑顔。この日は相手のホセマリアオラサバル(スペイン)が急きょ欠場し、仲間のキラデク・アフィバーンラト(タイ)が戦えなかったこともあり「彼の分も負けられないと思った」と力を込める
2012/12/16GDOEYE

欠場者発生時のルールと、その“犠牲者”

ホセマリアオラサバル(スペイン)が首痛を訴え、スタート前に急きょ欠場を発表。第1組でオラサバルと対戦予定だったベ・サンムン(韓国)が続く第2組に回ってニコラス・コルサート(ベルギー)…
2012/12/15ザ・ロイヤルトロフィ

コメント集/ザ・ロイヤルトロフィ2日目

」 ■ホセマリアオラサバル(欧州選抜プレーイングキャプテン) 「タフな状況で、リードを縮められてしまったけれど、仕方が無い。明日のシングルス戦でみんなが頑張ってくれるはずだ。シングルス戦の後半
2012/12/15ザ・ロイヤルトロフィ

逆襲のアジア、欧州に肉薄! 石川&藤本は会心の勝利

ポイントの欧州に詰め寄って明日最終日のシングルスマッチプレー戦8試合に臨む。 1組目のジーブ・ミルカ・シン(インド)とキラデク・アフィバーンラト(タイ)が、ミゲル・アンヘル・ヒメネスとホセマリア
2012/12/14ザ・ロイヤルトロフィ

選手コメント集/ザ・ロイヤルトロフィ 初日

ホセマリアオラサバル(欧州選抜プレーイングキャプテン) 「今日の結果、チームメートの戦いぶりには非常に満足している。午後から一気に逆転できたのは大きい。我々のペアは勝てなかったが・・・。明日は
2012/12/14GDOEYE

異例の“お祈りハーフタイム”影響は?

、試合展開に関して「影響は無かった」と話した選手も多かったが、欧州のプレーイングキャプテン、ホセマリアオラサバルは、この時間こそが、勝負の分かれ目のひとつと読んでいた。 ヘンリック・ステンソンとの
2012/12/14ザ・ロイヤルトロフィ

欧州選抜が圧倒! アジア選抜は苦しいスタート

キャプテンも務めるホセマリアオラサバル(スペイン)とミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)を相手に引き分けに持ち込むが、アジアはこの0.5ポイントのみの獲得に終わった。 <2日目組み合わせ ダブルス