2014/09/25PGAコラム

ライダーカップ 勝敗を左右する主将推薦選手

フライで開催された大会で、2人は計5.5ポイントを獲得し、米国は欧州代表を15-13で下した。 対照的に、欧州代表の主将推薦選手だったセベ・バレステロス、ホセマリアオラサバル、ヨアキム・ハフマンは
2014/09/22PGAコラム

熱い!熱すぎる「ライダーカップ」名場面10

。米国選抜は最初の7マッチを勝ち取ったのだ。とはいえ、米国選抜チームの勝利にはジャスティン・レナードがホセマリアオラサバルとの試合で勝つ必要があった。レナードは最終7ホールのうち5ホールを奪取し、自身
2014/09/13KLMオープン

地元のルイテン停滞…「62」のララサバルが首位に

までの76人が決勝へ進出。世界殿堂選手ホセマリアオラサバル(スペイン)やマッテオ・マナッセロ(イタリア)、前週優勝のデビッド・リプスキー(アメリカ)らが姿を消した。
2014/09/02ヨーロピアンツアー公式

クラン・モンタナでの3勝目を狙うビヨーン

)、そしてホセマリアオラサバル(1986年)といった過去の優勝者たちがクラン・モンタナに集うのである。 現在「レース・トゥ・ドバイ」で3位につけるビヨーンは、賞金総額230万ユーロのこの大会に出場する3…
2014/08/02ヨーロピアンツアー公式

破竹の勢い ガルシアが3打差の首位

正しい位置にボールを乗せにいかなければならない」。 「それをしっかりできて、(コースレコードを保持する)タイガーとホセマリアオラサバル)に並べたのは、とてもうれしいよ」。 ロイヤルリバプールで23位
2014/07/01ヨーロピアンツアー公式

サー・ニック・ファルドがロイヤルアバディーン参戦へ

・ローリー、ホセマリアオラサバル、ロリー・マキロイ、ジャスティン・ローズ、そして前回大会王者であるフィル・ミケルソンらのメジャー優勝経験者と共に大会へ臨むことになる。 「ロイヤルアバディーンでプレー
2014/06/18ヨーロピアンツアー公式

「アイルランドオープン」に集うスター選手たち

レン・ハンセン(2002年)、パトリック・ショーランド (2000年)、そしてホセマリアオラサバル(1990年)らがいる。 ハンセンは前回この大会がフォタアイランドリゾートで開催された際に優勝して
2014/04/14ヨーロピアンツアー公式

偉大なるバッバがグリーンジャケットを奪還

ワトソンが優位に試合を進め、終盤の重圧にも耐えて2003年以来6回目となるレフティーによる優勝をたぐり寄せたのである。 1999年のホセマリアオラサバル以来となる欧州勢による「マスターズ」制覇の期待も
2014/02/12佐渡充高のPGA選手名鑑

<佐渡充高の選手名鑑 107>ニコラス・コルサーツ

ライダーカップメンバーとなった。キャプテンのホセマリアオラサバルが彼の実力を評価してメンバーに指名、その期待に応え欧州チームに貢献した。初日トップでウッズとストリッカー組を下すなど、大活躍で欧州
2014/01/27ヨーロピアンツアー公式

セルヒオ・ガルシアの優勝あれこれ

た。過去にはセベ・バレステロス、ホセマリアオラサバル、アルバロ・キロス、ミゲル・アンヘル・ヒメネス、ラファエル・カブレラベロー、そしてパブロ・ララサバルが中東での優勝を遂げている ・ヨーロピアン
2014/01/24コマーシャルバンク・カタールマスターズ

カブレラベローが首位浮上 エルスは65位で決勝Rへ

タイにホセマリアオラサバル(スペイン)、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)が続いている。アーニー・エルス(南アフリカ)は通算1アンダーの65位タイで辛くも決勝ラウンド進出を決めた。
2013/12/20ザ・ロイヤルトロフィ

ザ・ロイヤルトロフィ/初日コメント集

選抜キャプテン ホセマリアオラサバル 「たしかに、我々にとってはあまり良くない1日だった。初日にこれだけの差がつくことは望んでいなかったが、最後に1ポイント獲ることができたのはとても大きかった。3
2013/12/19ザ・ロイヤルトロフィ

アジア選抜は4組とも同国ペア/初日組み合わせが決定

「ザ・ロイヤルトロフィ」開幕前日、アジア選抜キャプテンのY.E.ヤンと、欧州選抜キャプテンのホセマリアオラサバルにより、初日フォアサムマッチのペアリングが決められた。コイントスにより指名順の選択
2013/12/19GDOEYE

「ザ・ロイヤルトロフィ」を支えるセベの思い

、「ザ・ロイヤルトロフィ」からは両ツアーとも10年大会以降は撤退している。現在では、JGTOがツアーとしては唯一認可している状態なのだ。 欧州選抜のキャプテン、ホセマリアオラサバルは大会前の会見で目を
2013/12/18ザ・ロイヤルトロフィ

ザ・ロイヤルトロフィ開幕直前 ヤンとオラサバルが火花

パーフェクト」と、互角以上の戦いを期した。 一方、欧州選抜を率いるホセマリアオラサバル(スペイン)は、09年、12年に続き3度目の参戦となる。だが、出場した過去2大会はいずれもアジア選抜の前に苦杯を
2013/12/17ザ・ロイヤルトロフィ

アジア勢が連覇に挑む欧州勢との対抗戦!石川、藤田が出場

回避。その結果、当初プレーイングキャプテンとして出場予定だった欧州チームのホセマリアオラサバルがプレーせず、各チームは8名ずつの選手で戦うこととなった。 大会は、初日フォアサム4試合、2日目フォア
2013/12/17ザ・ロイヤルトロフィ

左手けがの松山英樹「ザ・ロイヤルトロフィ」も欠場

、藤田寛之がアジア選抜の一員として出場。なお、選手の補充は行わない。当初は各チーム9人がプレーする予定だったが、欧州選抜の選手兼任キャプテン、ホセマリアオラサバル(スペイン)がプレーせず、各チーム8