2019/07/04資生堂レディス

ペ・ヒギョンが首位発進 1打差にキム・ハヌルと稲見萌寧

。「66」をマークしたヒギョン(韓国)が6アンダーの単独首位発進を決めた。 1打差の2位にキム・ハヌル(韓国)とツアー未勝利の稲見萌寧がつけた。3アンダー4位に小野祐夢、柏原明日架、エイミー・コガ
2019/07/05資生堂レディス

ペ・ヒギョンが首位守る 永井花奈「65」で2位浮上

◇国内女子◇資生堂アネッサレディスオープン 2日目(5日)◇戸塚CC(神奈川県)◇6513yd(パー72) ヒギョンが5バーディ、1ボギーの「68」とスコアを伸ばし、通算10アンダーとして単独
2018/11/24ツアー選手権

勝みなみが3打差2位 首位にペ・ヒギョン

◇国内女子メジャー第4戦◇LPGAツアー選手権リコーカップ 3日目(24日)◇宮崎CC(宮崎県)◇6471yd(パー72) 1打差2位から出たヒギョン(韓国)が5バーディ、3ボギーの「70」で
2018/11/22ツアー選手権

ペ・ヒギョンが首位発進 3打差3位に比嘉真美子

最終戦が開幕。今季1勝のヒギョン(韓国)が2イーグル5バーディ、2ボギーの「65」でプレーし、7アンダーの単独首位で初日を終えた。 6アンダー2位に申ジエ(韓国)。4アンダー3位に、4月の「KKT
2018/05/20中京テレビ・ブリヂストンレディス

とんこつラーメンが力 25歳のペ・ヒギョンがツアー初V

を囲むギャラリーからの大歓声に小さく微笑む。4位から出た25歳のヒギョン(韓国)が7バーディ、ノーボギーの「65」。猛チャージをみせて通算13アンダーとしツアー初優勝を飾った。 「まだ実感がない
2018/05/20中京テレビ・ブリヂストンレディス

ペ・ヒギョンが初優勝 小祝さくらは2打差2位

◇国内女子◇中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン 最終日(20日)◇中京GC石野コース(愛知)◇6441yd(パー72) 首位と2打差の4位から出たヒギョン(韓国)が7バーディ、ノーボギーの
2019/10/03日本女子オープン

【速報】渋野日向子と畑岡奈紗は5アンダー発進

を決めた。 同組でプレーした畑岡奈紗は7バーディ、2ボギーとし同じく「67」。前年大会を制したユ・ソヨン(韓国)は4アンダーで終えた。 8アンダーで回ったヒギョンが暫定首位。キム・ハヌル、
2019/10/05日本女子オープン

【速報】渋野日向子は後半4つ伸ばして通算9アンダー

バーディパットがカップに蹴られるなどツキもなく、前半2つスコアを落として通算5アンダーで折り返した。 最終組で6ホールを終えた2位スタートの大里桃子が2つ伸ばして通算13アンダーとし、ヒギョン(韓国)と首位
2019/10/18富士通レディース

稲見萌寧が9アンダー首位発進 2打差に三ヶ島かな

、ボギーなしの「63」をマークし、9アンダーの単独首位で発進した。 三ヶ島かなが7アンダーの2位で追う。ささきしょうこ、臼井麗香、山路晶、高橋彩華、ヒギョン(韓国)、アマチュアの古江彩佳ら6人が5
2019/10/04日本女子オープン

畑岡奈紗「パワーが出過ぎ」も目標達成へギアチェンジ

。ウェッジでの3打目で寄せてパーとし、「ドライバー(ショット)もパッティングもパワーが出過ぎました」と振り返った。 首位を守ったヒギョン(韓国)は通算12アンダーまでスコアを伸ばした。畑岡は優勝スコア
2019/10/03日本女子オープン

岡山絵里が首位タイ発進 渋野日向子と畑岡奈紗は3打差7位

国内メジャー第3戦が開幕。ともに日本ツアー1勝の岡山絵里とヒギョン(韓国)が「64」をマークして8アンダーの首位発進を決めた。 1打差の2位にキム・ハヌルと・ソンウ(ともに韓国)。さらに1打差の6
2019/10/04日本女子オープン

大里桃子が1打差2位浮上 畑岡奈紗3位 渋野日向子9位

ヒギョン(韓国)がスコアを4つ伸ばし、通算12アンダーで単独首位に立った。1打差の2位にツアー1勝の大里桃子。6アンダー5位タイから「67」をマークした。 ともに米ツアーを主戦場にする前年覇者の
2019/09/20デサントレディース

ツアー記録11バーディで申ジエ首位 渋野日向子は8位

プレー。9アンダーで李知姫(同)と並んで首位発進を決めた。 1打差3位に木村彩子がつけた。5アンダー4位に金田久美子、4アンダー5位にヒギョン(韓国)、小野祐夢、三ヶ島かなの3人。 渋野日向子は5
2019/08/23CATレディース

浅井咲希が単独首位発進 2打差2位に上田桃子

首位発進を決めた。 今季3勝目のかかる上田桃子が7バーディ、4ボギーの「70」。ヒギョン(韓国)と並んで3アンダー2位につけた。 2016、17年大会覇者のイ・ボミ(同)が表純子とともに2アンダー
2019/08/10北海道meijiカップ

渋野日向子は5打差9位で最終日へ 首位にペ・ソンウ

9アンダーの単独首位に浮上した。 通算7アンダーの2位に昨季賞金女王のアン・ソンジュ(韓国)、17年賞金女王の鈴木愛、テレサ・ルー(台湾)の3人。通算5アンダー5位に河本結、稲見萌寧、ヒギョン