2019/08/23CATレディース

浅井咲希が単独首位発進 2打差2位に上田桃子

首位発進を決めた。 今季3勝目のかかる上田桃子が7バーディ、4ボギーの「70」。ヒギョン(韓国)と並んで3アンダー2位につけた。 2016、17年大会覇者のイ・ボミ(同)が表純子とともに2アンダー
2018/05/29優勝セッティング

契約フリーで選んだ1Wはロッディオ 岡山絵里の初Vクラブ

のプレーオフを制してツアー初優勝を飾った。今季は永峰咲希、新垣比菜、ヒギョン(韓国)に続いて、初タイトルを獲得した4人目の選手となった。 キャディバッグやキャップ、ボールは住友ゴム工業と契約するが
2018/11/22ツアー選手権

3パット覚悟もバーディ締め 比嘉真美子が3位発進

位発進を決めた。最終ホールでは3パットを覚悟した下りの1打を入れてバーディ締め。首位のヒギョン(韓国)と3打差につけ、「あと3日あるけど、チャンスはあるはず」と意気込んだ。 打ち上げの2打目は18
2016/06/25アース・モンダミンカップ

選手コメント集/アース・モンダミンカップ3日目

「67」 通算8アンダー4位 「(ヒギョンは)シーズンオフに合宿を一緒にして、今年は良い成績が出ると思っていたけど開幕からあまり調子が良くなくて心配していた。でも、最近はベストスコアを出したりして
2019/05/12ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ

20歳・渋野日向子がメジャーでツアー初優勝 涙の大会史上最年少V

差2位に・ソンウ(韓国)がつけ、通算7アンダー3位に穴井詩。通算5アンダー4位にアマチュア吉田優利(日本ウェルネススポーツ大)と笠りつ子が並んだ。 通算4アンダー6位にヒギョン(韓国)、永井花奈
2017/10/15富士通レディース

葭葉ルミが400万円上乗せで「TOTOジャパンクラシック」の出場権確保

ゆかり、柏原明日架、畑岡奈紗、吉田弓美子、穴井詩、イ・ボミ、ヒギョン、菊地絵理香、カン・スーヨン、永井花奈、藤本麻子、藤田さいき、辻梨恵、岡山絵里、武尾咲希、ささきしょうこ、渡邉彩香、ユン・チェヨン、葭葉ルミ、新海美優
2017/06/24アース・モンダミンカップ

鈴木愛が首位 三ヶ島かな1打差、イ・ボミ5位浮上

と勝てないので、短いホールでしっかりバーディを獲っていきたい」と意欲を示した。 1打差の通算14アンダー2位にツアー未勝利の三ヶ島かな。通算12アンダーの3位で笠りつ子が続いた。ヒギョン(韓国)が
2018/03/01ダイキンオーキッドレディス

川岸史果と森田遥が首位発進 諸見里しのぶが2打差5位

」と意気込んだ。 4アンダーの3位に高橋恵とヒギョン(韓国)。3アンダーの5位で、成田美寿々と地元・沖縄県出身でホステスプロの諸見里しのぶが続く。 2アンダーの7位に昨季賞金女王の鈴木愛、前年覇者
2018/11/25ツアー選手権

申ジエが逆転で今季4勝目 鈴木愛は1打差3位

◇国内女子メジャー第4戦◇LPGAツアー選手権リコーカップ 最終日(25日)◇宮崎CC(宮崎県)◇6471yd(パー72) 申ジエとヒギョンが通算11アンダーの首位タイでホールアウトし、韓国勢
2018/03/02ダイキンオーキッドレディス

鈴木愛が首位、諸見里しのぶは4位 イ・ボミ予選落ち

のホステス大会で9シーズンぶりの優勝を狙う諸見里しのぶ。通算5アンダーの5位に、イ・ミニョンとヒギョンの韓国勢が続いた。 畑岡奈紗は通算2アンダーの16位。横峯さくらは通算1アンダーの24位。前年
2017/11/10伊藤園レディス

福田真未、佐伯三貴が首位 賞金トップ鈴木9位

サンケイレディスクラシック」以来、2度目の優勝を目指すフェービー・ヤオ(台湾)。4アンダーの4位に川岸史果、大出瑞月、全美貞(韓国)、ヒギョン(同)、ホステスプロの田辺ひかりがつけた。 賞金
2019/07/06資生堂レディス

イ・ミニョンが首位浮上 渋野日向子が2打差2位

。通算10アンダー3位に永井花奈、岡山絵里が続いた。 首位から出たヒギョン(韓国)は「74」とスコアを落とし、河本結、イ・ボミ(韓国)、松田鈴英らと並んで通算8アンダー7位とした。 10位から出た
2018/05/20中京テレビ・ブリヂストンレディス

最終日はSMAP 小祝さくらは悔しいV逸

アンダーで2日目まで首位を守っていたものの、2位に転落し「1位の人(ヒギョン)がすごくスコアを伸ばしていたので、しょうがないなという感じ。悔しい気持ちはあるが、次に向けて頑張りたい」と前を向いた