2007/03/17アーノルド・パーマーインビテーショナル

R.メディエイトが単独トップ! タイガー失速!!

タイには、ポール・ケーシー(イングランド)、ジョン・ロリンズの2人がつけ、通算5アンダーの4位タイにも、セルヒオ・ガルシア(スペイン)、ベンカーティスら強豪5人が顔を揃える混戦が続いている。 注目
2008/08/30ドイツバンク選手権

M.ウィアが初日からエンジン全開! 今田竜二は47位タイ発進

アンダーで並んでいる。 6アンダーの6位タイにはエリック・アックスリーとベンカーティス。続く5アンダーの8位タイには、アンソニー・キム、ジム・フューリックを筆頭に、11人が並ぶ混戦模様となっている
2004/09/01

白熱必死!それぞれのボーダーラインでの争い!

をかけた125位のボーダーライン。現在125位のベンカーティスは2003年「全英オープン」優勝でシード権の心配はない立場だが、126位のケント・ジョーンズ、127位のキャメロン・ベックマンらは来季の働き口を確保するためにこ…
2005/08/14全米プロゴルフ選手権

全米プロ3日目/T.ビヨーン「スイング改造が功を奏した」

あとわずかでクラレットジャッグに手が届きそうだったが、バンカーに泣かされベンカーティスに「全英」の栄冠を奪われている。 トーマス・ビヨーン(5アンダー/3位) 「今日は最高の1日だったね。思った通り
2004/04/16MCIヘリテージ

米国男子/上位陣にインタビュー

満足している」 ベンカーティス(2位タイ・3アンダー) 「今週は良いスタートを切れたね。これまでの数週間は厳しかった。ずっと初日の18ホールで納得のいくスコアを出せていなかった。だから2日目は予選を
2003/08/21

全英チャンプ今週末「NEC招待」中に結婚!

「全英オープン」でシンデレラボーイとなったベンカーティス。18番グリーンで彼の優勝を誰よりも喜んだフィアンセとついに式を挙げることになった。世界ゴルフ選手権NECインビテーショナル参戦のため
2012/05/30佐渡充高のPGA選手名鑑

佐渡充高が簡単解説!初めてのPGAツアー【第三十九回】

の主な優勝者にはジャック・ニクラス(77、84年)、トム・ワトソン(79、96年)、レイモンド・フロイド(82年)、ヘイル・アーウィン(85年)、カーティス・ストレンジ(88年)、グレッグ・ノーマン
2014/02/26ビッグ・セダー・ロッジ・レジェンズ of ゴルフ presented by Bass Pro Shops

歴史的挑戦!パー3コースがプロトーナメントの舞台に

ゴルフ殿堂入りを果たしている伝説的名選手のジャック・ニクラス、トム・ワトソン、へール・アーウィン、ゲーリー・プレーヤー(南アフリカ)、リー・トレビノが出場意思を表明しており、他にもフレッド・カプルス、ベン
2017/04/06マスターズ

【速報】メジャー初制覇へ!松山英樹はパー発進

24分/ダニー・ウィレット、マット・クーチャー、カーティス・ラック 午前2時8分/池田勇太、チャーリー・ホフマン、クリス・ウッド 午前2時41分/谷原秀人、ロリー・マキロイ、ホン・ラーム 午前3時3分/ダスティン・ジョンソン、バッバ<…
2005/05/27BMW選手権

強豪勢は静かなスタート、E.エルスは出遅れた

)、J-F.リマ(ポーランド)の3人だった。 また4アンダーの4位タイには、2003年、当時ルーキーながら「全英オープン」を制した、シンデレラボーイのベンカーティス(アメリカ)、最近頭角を現している
2006/11/03ザ・ツアー選手権 presented by コカコーラ

R.グーセンとJ.デュラントが首位! ビジェイら6人がこれに続く!

を切っている。 1アンダーの3位タイには、ビジェイ・シン(フィジー)やジム・フューリックといった強豪6人がつけ、1オーバーの9位タイにも、アーニー・エルス(南アフリカ)ら5人がひしめく混戦となっている。 その他の注目選手では、ベンカ…
2003/07/21全英オープン

全英オープン最終日注目選手インタビュー/ビジェイ・シン

ボギーを叩き、パーオンが比較的楽な16番パー3でも、バンカーに捕まってボギーとしてしまいました。やはり、これだけミスをしたら勝てません。でも2位ですから満足です。 ベンカーティスの事は先週の大会辺りから
2002/10/01ライダーカップ

第34回ライダーカップ総括

のだ。 サム・トーランス 「最高のチームだ。開幕前から欧州チームは準備万端でいようと団結力を固めていた。相手が強豪だと分かっていたから、真剣勝負に出たんだ。我々は素晴らしかった」 ベルンハルト
2017/05/27ディーン&デルーカ招待

池田勇太 米ツアー3戦連続決勝へ「もっと上を」

ティショットを池に入れた13番(パー3)では、同組のブライソン・デシャンボーが7Iでグリーンをキャリーでオーバーさせたのを見て、池田は7Iから8Iに握り替えた。しかし、これが裏目に。アゲンストの突風が吹き
2017/05/25ディーン&デルーカ招待

7年前のリベンジ 池田勇太は再び伝統のコロニアルへ

」というのは「ザ・プレーヤーズ選手権」と同じリズムのつくり方。予選ラウンドは23歳のブライソン・デシャンボー、1カ月前にプロ転向したばかりの20歳のカーティス・ラック(オーストラリア)といった若手を引き連れてプレーする。(テ…