2019/07/01記録

「全英オープン」歴代優勝者&日本人成績

アンドリュース 2004 トッド・ハミルトン 神山隆志 27位丸山茂樹 30位深堀圭一郎 30位平塚哲二 36位星野英正 予落塚田好宣 予落 ロイヤルトゥルーン 2003 ベンカーティス 片山晋呉 34位友利勝良
2019/07/16全英オープン

2019年「全英オープン」出場者&資格

・ビェルレガード ラファ・カブレラベロー パトリック・カントレー ポール・ケーシー コーリー・コナーズ ジョエル・ダーメン ジェイソン・デイ ブライソン・デシャンボー トニー・フィナウ マシュー
2019/06/12ヨーロピアンツアー公式

「全米オープン」で知っておくべき5つのこと

ブルックス・ケプカはメジャー制覇のスペシャリストとなっている。米国のケプカは、2017年の「全米オープン」でメジャー初制覇を果たして以降、直近のメジャー9戦で4勝を挙げている。 かつての欧州チャレンジツアー
2018/07/16記録

「全英オープン」出場者&資格

1:7月22日時点で60歳以下の「全英オープン」歴代優勝者 マーク・カルカベッキア スチュワート・シンク ダレン・クラーク ベンカーティス ジョン・デーリー デビッド・デュバル アーニー・エルス
2018/06/18ヨーロピアンツアー公式

ケプカがシネコック・ヒルズで歓喜の連覇

ブルックス・ケプカがトミー・フリートウッドのチャージを振り切り、29年ぶりとなる「全米オープン」タイトル防衛の快挙を達成した。 首位タイで最終日を迎えた米国のケプカを6打差で追うフリートウッドだった
2018/06/13ヨーロピアンツアー公式

「全米オープン」で知っておくべき5つのこと

、ここでも欧州勢が連覇を果たしている。 ケプカの連覇はなるか? 米国のブルックス・ケプカは、カーティス・ストレンジ(1988-89年)以来となる「全米オープン」連覇を狙っている。 エリンヒルズで開催さ
2018/06/18全米オープン

ケプカが29年ぶり「全米OP」連覇 松山英樹は16位

◇メジャー第2戦◇全米オープン 最終日(17日)◇シネコック・ヒルズGC(ニューヨーク州)◇7445yd(パー70) 29年ぶりの快挙が実現した。首位タイからスタートした前年覇者のブルックス・ケプカ
2017/04/19佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑235>カーティス・ラック

■世界アマランク1位のラック デシャンボー、ラームに続きプロデビュー 世界アマチュアランク1位に君臨した選手が、続々とプロの世界へと羽ばたいている。昨年4月のマスターズ後にはブライソン・デシャンボー
2017/06/13ヨーロピアンツアー公式

「全米オープン」大会アラカルト

など、大会を沸かすも、14番からの3連続ボギーで優勝争いから姿を消した。南アフリカのブランデン・グレースは上がり5ホールで3つのボギーを叩き、最終日を「71」として、こちらもジョンソンと4打差で大会を
2017/07/25

元メジャー投手の長谷川滋利氏が「全米アマ」地区予選を突破

カリフォルニア州)の2コースで開催される。フィル・ミケルソン(1990年)やタイガー・ウッズ(94~96年)らが優勝者に名を刻む大会。近年ではカーティス・ラック(2016年)、ブライソン・デシャンボー(15年)がタイトルを獲得している。
2017/04/06マスターズ

【速報】メジャー初制覇へ!松山英樹はパー発進

24分/ダニー・ウィレット、マット・クーチャー、カーティス・ラック 午前2時8分/池田勇太、チャーリー・ホフマン、クリス・ウッド 午前2時41分/谷原秀人、ロリー・マキロイ、ホン・ラーム 午前3時3分/ダスティン・ジョンソン、バッバ・ワトソン、ジミー・ウォーカー
2017/06/08旅する写心

「全米オープンの記憶」1989年 ストレンジの連覇

戦後の全米オープンで 連覇を果たしたのは2人だけ。 ベン・ホーガンともう一人は カーティス・ストレンジだ。 私の「全米」撮影は1988年から。 ストレンジの連覇目撃から始まった。 当時珍しいメタル
2017/05/27ディーン&デルーカ招待

池田勇太 米ツアー3戦連続決勝へ「もっと上を」

ティショットを池に入れた13番(パー3)では、同組のブライソン・デシャンボーが7Iでグリーンをキャリーでオーバーさせたのを見て、池田は7Iから8Iに握り替えた。しかし、これが裏目に。アゲンストの突風が吹き