2014/12/17ヨーロピアンツアー公式

マキロイがヨーロピアンツアー年間最優秀ゴルファーに選出

、デイリーメール紙のゴルフ担当記者であるデレク・ローレンソン氏は、「ライターとしてのキャリアを、セベ・バレステロス、サー・ニック・ファルド、サンディー・ライル、イアン・ウーズナム、そしてベルンハルト
2014/07/17PGAコラム

立ちはだかる高い壁 メジャー2勝の領域

のサッカーワールドカップで母国が優勝したからというわけでもなく、自分の国に誇りを持っている。規律を重んじ、強い意志を持つ彼は、同じドイツ出身のベルンハルトランガーと似たタイプ。他国出身者がドイツ人と
2017/01/17ヨーロピアンツアー公式

「アブダビHSBC選手権」の大会アラカルト

大会4勝以上の快挙達成を目指して今大会に出場する。これまで、2007年、2010年、そして2011年に大会を制覇しているカイマーが今週4勝目を挙げると、セベ・バレステロス、ベルンハルトランガー、トム
2016/10/11ヨーロピアンツアー公式

英国マスターズの大会アラカルト

1968年)、トニー・ジャクリン(1967年と1973年)、ボブ・チャールズ(1972年)、ベルンハルトランガー(1980年)、グレッグ・ノーマン(1981年と1982年)、イアン・ウーズナム
2020/03/30ヨーロピアンツアー公式

ヨーロピアンツアー最多勝選手は?

今回はヨーロピアンツアーの歴史で最も勝利数の多い選手について掘り下げてみる。 ヨーロピアンツアー史上、30勝以上の偉業を達成したのは5人のみである。 セベ・バレステロス、ベルンハルトランガー
2013/12/05ヨーロピアンツアー公式

エルス、“特別な大会”への思い入れを語る

ベルンハルトランガー、そしてサー・ニック・ファルドといった錚々たる歴代王者の仲間入りを果たすことに熱意を持っている。 「戻って来られて最高だよ」と2002年にこの大会で3度目の優勝を遂げたエルスは語り、「今朝
2021/01/01ヨーロピアンツアー公式

欧州ツアー2020年シーズン記録誕生の瞬間を振り返る

通算20アンダーに達した選手となった。 ベルンハルトランガーが史上最年長での予選通過を果たしたほか、イム・ソンジェが大会初出場選手としての最少通算スコアを更新し、キャメロン・スミスが大会史上初となる
2007/05/29

男子の最新ランキングが発表!/男子各種ランキング

がプレーオフの末、ジム・フューリックとベルンハルトランガーを下し優勝している。「マスターズ」で2位の後、「EDSバイロンネルソン選手権」、「ワコビア選手権」でも3位だったサバティーニは、この優勝で
2002/03/17

“メジャーチャンピオンズ・ツアー”構想

メジャー・チャンピオン候補者というとそうそうたる顔ぶれが並ぶ。50歳以下ではデイヴィス・ラヴ三世、ヴィジェイ・スィン、ニック・プライス、トム・レーマン、ハル・サットン、マーク・カルカヴェキア、ベルンハルト
2015/09/24ヨーロピアンツアー公式

母国でのプレーを喜ぶランガーとキーファー

メジャー2勝のベルンハルトランガーとドイツの新星マキシミリアン・キーファーは、6年振りにツアー復帰を果たす「ポルシェヨーロピアンオープン」での母国凱旋に喜びを感じている。 この権威ある大会は
2014/04/14ヨーロピアンツアー公式

偉大なるバッバがグリーンジャケットを奪還

にとってはロリー・マキロイによる「マスターズ」自己記録更新が多少の慰めとなったかもしれない。24歳のマキロイは、「マスターズ」2勝の56歳、ベルンハルトランガーと並ぶ8位タイで大会を終えた。 昨年までの
2020/11/06マスターズ

2020年「マスターズ」出場選手&資格

1.マスターズの歴代優勝者(生涯) フレッド・カプルス セルヒオ・ガルシア※新型コロナ陽性のため欠場 トレバー・イメルマン ザック・ジョンソン ベルンハルトランガー サンディ・ライル フィル
2016/09/14ヨーロピアンツアー公式

「イタリアオープン」の知っておくべきアラカルト

れている。これまで、サー・ヘンリー・コットン(1936年)、ピーター・トムソン(1959年)、トニー・ジャクリン(1973年)、ビリー・キャスパー(1975年)、ベルンハルトランガー(1983、97
2002/09/30ライダーカップ

第34回ライダーカップ最終日

目のベルンハルトランガーもみごとな勝利。不調と言われつづけているハル・サットン相手とはいえ、こちらも4&3で早々と勝負を決めてしまったのだ。しかし、この欧州の勢いにストップをかけたのがデビッド
2002/11/21

世界で活躍する日本選手たち

(スコットランド)、エドワルド・ロメロ(アルゼンチン)、ベルンハルトランガー(ドイツ)、イアン・ウーズナム(ウェールス)。青木と海老原はチームを組んで初日フォーサム、2日目のフォーボールの両日、フレッド