2009/06/07トリトン・ファイナンシャル選手権

B.ランガーが首位を堅守! 尾崎直道は21位タイに後退

テキサス州にあるザ・ヒルズCCで開催されている、米国チャンピオンズツアーの第12戦「トリトン・ファイナンシャル選手権」の2日目。ベルンハルトランガー(ドイツ)が通算10アンダーで単独首位の座を守っ
2010/08/30ボーイングクラシック

B.ランガーが逃げ切り、今季5勝目!

ワシントン州にあるTPCスノークォルミー・リッジで開催されている、米国チャンピオンズツアーの第18戦「ボーイングクラシック」の最終日。ベルンハルトランガー(ドイツ)が通算18アンダーで今季5勝目を
2018/07/09ゴルフ昔ばなし

セベ・バレステロスの記憶/ゴルフ昔ばなし

の若手たちが実力を示しました。ニック・ファルド(イングランド)にベルンハルトランガー(ドイツ)、イアン・ウーズナム(ウェールズ)…。彼らをけん引したのがバレステロスでした。 三田村 当時は“暗黒の
2017/08/16ヨーロピアンツアー公式

「ポール・ローリー マッチプレー」の大会アラカルト

ドイツのサッカー選手、フランツ・ベッケンバウアーの名に由来するベッケンバウアーコースは、バックティからの全長は7188ydとなっており、「マスターズ」2勝のベルンハルトランガーにより設計された。同コース
2012/10/30チャールズ・シュワブ・カップ選手権

ツアー今季最終戦! B.ランガー、ダブルタイトル奪還なるか

乗り込むベルンハルトランガー(ドイツ)。昨季はシーズン序盤に左手の指を痛め、ツアー離脱を強いられるなど不遇の時を過ごしたが、今季は8月から2勝を挙げ、早くも本来の実力を取り戻している。有終の美を飾り
2013/02/09アリアンツ選手権

首位発進のベテランB.ランガーらに、ルーキーが追随

◇米国シニア◇アリアンツ選手権 初日◇ブロークンサウンド・オールドコース(フロリダ州)◇6,807ヤード(パー72) 6アンダーでトム・パーニスJr.と昨季の賞金王ベルンハルトランガー(ドイツ)が
2003/09/16リンデ・ドイツマスターズ

地元出身のB.ランガーが大会5勝目を狙う!!

17回目の開催を迎える。開催地がドイツということで、地元出身のベルンハルトランガーが過去4勝している。 2001年に優勝したランガーは、初めての連覇を狙ったが、昨年はオーストラリアのステファン
2013/07/27全英シニアオープン

B.ランガーとM.ウィーブが首位 井戸木が10位タイに急浮上!

ベルンハルトランガー(ドイツ)と、この日のベストスコア「65」をマークしたマイク・ウィーブの2人。通算5アンダーで首位を分け合い、決勝ラウンドへと折り返した。 ランガーは前半6番でダブルボギーを叩き
2009/03/08東芝クラシック

B.ランガーとM.オメーラが首位に!倉本は37位タイに後退

カリフォルニア州にあるニューポートビーチCCで開催されている、米国チャンピオンズツアーの第4戦「東芝クラシック」の2日目。通算9アンダーでベルンハルトランガー(ドイツ)とマーク・オメーラが首位に
2002/06/25

ゴルフ用品関連ニュース#1『BenHoganブランドに新ボール』

きかせることができる。例えるならジェット戦闘機ですね。繊細なコントロールもできるという意味で」と、先の全米オープンでそのボールを使用したハル・サットン。 昨秋からサットン、レン・マティース、ベルンハルト
2009/06/28BMWインターナショナル・オープン

R.グーセン、完全優勝に王手!追うは地元の英雄B.ランガー!

ているのは、米国シニアツアーから参戦している“マイスター”ベルンハルトランガー(ドイツ)。この日は2度の連続バーディを含む7バーディ、ノーボギーでラウンド。通算15アンダーとし、単独2位に浮上
2009/03/07東芝クラシック

B.ランガーが単独首位! 倉本昌弘が12位タイと好スタート

米国チャンピオンズツアーの第4戦「東芝クラシック」が、カリフォルニア州にあるニューポートビーチCCで開幕。昨年、大激戦の末に大会を制したベルンハルトランガー(ドイツ)が、6アンダーで単独首位に立っ
2002/11/15

ゴルフの殿堂入り式典

45歳ベルンハルトランガー。実は昨年に殿堂入りの話があったが、本人が身に余ると辞退。2度のマスターズ優勝、欧州ツアーで42勝を誇るランガーだが、最も大きく称えられるべきはライダーカップ10回出場
2015/04/06ヨーロピアンツアー公式

マスターズの注目選手

。 ■19人の大会優勝経験者 その19人の獲得したグリーンジャケットの総数は29着で、タイガー・ウッズ(4回優勝)、フィル・ミケルソン(3回優勝)、ベン・クレンショウ、ベルンハルトランガー、ホセ・マリア