2017/02/01佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑225>パット・ペレス(前編)

コース練習場にDJを招き、選手たちは大音量の音楽を楽しみながら練習した。ヘンリックステンソン、リッキー・ファウラー、イアン・ポールターら多くの選手が「非日常」に大興奮で、コーチのショーン・フォーリーも
2017/09/18BMW選手権

マキロイ残れず 25歳カントレー出場12試合で最終戦へ

・マキロイ(北アイルランド)は「BMW選手権」を通算2アンダーの58位でフィニッシュ。ランク58位に終わり、最終戦に進めなかった。 ヘンリックステンソン(スウェーデン)は今大会でランク26位から32位に
2017/06/27ヨーロピアンツアー公式

「HNAフランスオープン」の大会アラカルト

、ヨーロピアンツアー史では7人目の快挙達成を果たした。 ララサバルによる完全優勝は、ルーキーとしては2001年にヘンリックステンソンが「ベンソン&ヘッジスインターナショナルオープン」で遂げて以来の快挙と
2016/12/28ヨーロピアンツアー公式

ドバイにマキロイ、ステンソン、ウィレットが揃い踏み

・マキロイと「全英オープン」王者のヘンリックステンソンが出場することが明らかになった。 3人合わせてメジャー6勝、そしてヨーロピアンツアー29勝になる珠玉のトリオは、マジリスコースを知り尽くしており、年々
2017/01/18ヨーロピアンツアー公式

パブロ・ララサバルと巡るアブダビGC

難しいホールだった。2016年大会でトップ4に入ったファウラー、マキロイ、トーマス・ピータース、そしてヘンリックステンソンの4人は、誰一人としてこのホールでバーディを奪っておらず、このホールに限った4人の合計スコアは3オーバーとなった。
2017/03/09ヨーロピアンツアー公式

マッチプレー出場なるか ラストチャンスにかける選手たちは

。彼は現在66位に位置するのだが、アダム・スコットとヘンリックステンソンはマッチプレーに出場しない見込みで、デンマークのケルドセンが大会出場へ向けた最後の枠に収まっているのである。 今週ティアップ
2017/03/10バルスパー選手権

ステンソンが2打差2位発進 石川遼は暫定24位

。19人が第1ラウンドのプレーを翌日に持ち越し。9バーディ、ボギーなしの「62」をマークしたジム・ハーマンが暫定の単独首位でスタートした。 世界ランキング6位のヘンリックステンソン(スウェーデン)が
2017/07/24ヨーロピアンツアー公式

数字で振り返るジョーダン・スピースの「全英」制覇

いる。 ・「5」―スピースによる上がり5ホールの5アンダーは、昨年のヘンリックステンソンによる4アンダーを抜き、「全英オープン」王者による上がり5ホールのベストスコアとなった。 ・「5」―スピースは
2017/02/13AT&Tペブルビーチプロアマ

役者がそろうマスターズ スピースがウッズに次ぐ年少9勝目

、ケガからも戻ってきた。ジェイソン・デイも調子を上げてきたし、ダスティン・ジョンソン、ヘンリックステンソン、セルヒオ・ガルシアも勝っている。今年のマスターズはすごくレベルが高いものになる」 欧米の
2017/05/23ヨーロピアンツアー公式

BMW PGA選手権の大会アラカルト

、マルティン・カイマー、そしてリー・ウェストウッドといったかつての世界ナンバーワン4人を含むスター選手が勢揃いする。 今大会のフィールドには、「全英オープン」王者のヘンリックステンソン、そして世界8位の
2017/06/23ヨーロピアンツアー公式

復活のオームスビーが首位 凱旋のガルシアは「最高だった」

ヘンリックステンソンは、その後方の5アンダーグループにつけており、注目選手がリーダーボードの上位にひしめく混戦模様となっている。 午前中にラウンドしたデトリーがクラブハウスターゲットを設定すると
2017/01/17ヨーロピアンツアー公式

「アブダビHSBC選手権」の大会アラカルト

ヨーロピアンツアーのデザートスイングは、ディフェンディングチャンピオンのリッキー・ファウラーに加え、世界のトップ4に名を連ねるダスティン・ジョンソンとヘンリックステンソンら錚々たるフィールドが
2017/08/18ウィンダム選手権

石川遼が18位発進 首位にマット・エブリー

の首位で発進した。 ヘンリックステンソン(スウェーデン)が8アンダーの2位、ウェブ・シンプソン、ハロルド・バーナーIII、サム・ソーンダース、キャメロン・スミス(オーストラリア)ら7人が7アンダーの
2016/12/05ヒーローワールドチャレンジ

【速報】松山英樹が6打差トップで後半戦に突入

で通算21アンダーとして折り返した。最終組で同組のヘンリックステンソン(スウェーデン)が2位で追っている。 ピンフラッグが大きくしなるほどの強風の中で松山は粘り強くプレーしている。出だし1番では1m