2021/09/04イタリアオープン

ミンウ・リーが単独首位 川村昌弘5打差13位

(スペイン)が並んだ。 通算7アンダー6位にヘンリックステンソン(スウェーデン)、アレクサンダー・レビ(フランス)、ニコライ・ホイゴー(デンマーク)ら5人がつけた。 川村昌弘は1イーグル3バーディ、4ボギーの「70」とし、…
2021/08/30オメガ ヨーロピアンマスターズ

ラスムス・ホイゴーが3勝目 川村昌弘は21位

バーディの「63」をマークし、通算13アンダーとして逆転でツアー3勝目を挙げた。 通算12アンダー2位にベルント・ヴィースベルガー(オーストリア)。ヘンリックステンソン(スウェーデン)が11アンダー3位に
2021/06/14スカンジナビア・ミックス

37歳コールドウェルが初優勝 川村昌弘は今季ベスト7位

アリス・ヒューソン(イングランド)が通算15アンダー3位。 通算6アンダー27位から出た川村昌弘が前半4番(パー5)からの6連続を含む8バーディ(3ボギー)を奪って「67」でプレー、通算11アンダーで今季ベストの7位に入った。 大会ホストのヘンリック<…
2021/06/13スカンジナビア・ミックス

首位に4人が並ぶ混戦 川村昌弘は27位

5位に欧州ツアー3勝の男子選手スコット・ヘンド(オーストラリア)ら5人がつける。 24位から出た川村昌弘は3バーディ、4ボギーの「73」でプレーし、通算6アンダー27位。大会ホストの男子選手ヘンリックステンソン(スウェーデ…
2021/06/14全米オープン

第121回「全米オープン」(2021年)資格&出場者

・スミス 10,15 マシュー・サウスゲート 12 ジョーダン・スピース 1,7,15 ヘンリックステンソン 7 タイラー・ストラファシ 3 ケビン・ストリールマン 15 ジャスティン・トーマス 2,6
2021/04/06マスターズ

2021年「マスターズ」出場選手&資格

) シェーン・ローリー フランチェスコ・モリナリ ジョーダン・スピース ヘンリックステンソン 4.全米プロの優勝者(2016年- 2020年) ブルックス・ケプカ コリン・モリカワ ジャスティン
2021/06/11スカンジナビア・ミックス

男女混合戦で女子選手が首位発進 川村昌弘は40位

入った。 川村昌弘は首位のヴォルフと同じ組でプレーし2ボギーの後5バーディを奪って「69」。3アンダーの40位でスタートした。 大会ホストのヘンリックステンソンは2アンダー56位、アニカ・ソレンスタム(ともにスウェーデン)…
2021/07/13全英オープン

全英オープン出場資格&選手

・スネデカー 13 ジョーダン・スピース 1,2,4 ブレンダン・スティール ヘンリックステンソン 1,2 ケビン・ストリールマン 4* アンディ・サリバン ジャスティン・トーマス 4,11,12
2021/07/29ヨーロピアンツアー公式

五輪男子ゴルフで知っておくべき5つのこと

2016年は、ジャスティン・ローズが英国に金メダルをもたらした。ブラジルではほかにスウェーデンのヘンリックステンソンが銀メダルに輝き、銅メダルは米国のマット・クーチャーが獲得した。 しかし、5年が経過し
2013/08/06ヨーロピアンツアー公式

レース・トゥ・ドバイのポールポジションはH.ステンソン

今シーズン最後のメジャー大会に「レース・トゥ・ドバイ」のポールポジションで挑むのは、ヘンリックステンソン(スウェーデン)。先週彼は「WGCブリヂストンインビテーショナル」で「全米オープン
2013/09/03

H.ステンソンが6位浮上! 松山29位/男子世界ランク

◎ワールドランキング(2013年度 第35週) PGAツアーシーズン最終4試合となるフェデックスカッププレーオフ第2戦「ドイツバンク選手権」で優勝したのはヘンリックステンソン。トータル22アンダー
2021/08/12ヨーロピアンツアー公式

「カズークラシック」で知っておくべき5つのこと

。 2014年には、ロンドンGCのインターナショナルコースで「ボルボ世界マッチプレー」が開催され、フィンランドのミッコ・イロネンが、決勝戦にて、同じくスカンジナビア出身でスウェーデンのヘンリック
2017/06/20ヨーロピアンツアー公式

「BMWインターナショナルオープン」の大会アラカルト

今年の「BMWインターナショナルオープン」には、マルティン・カイマーとヘンリックステンソンに加え、「マスターズ」でメジャー初制覇を遂げたセルヒオ・ガルシアが、マスターズ制覇以降では初めて欧州の大会
2021/09/01ヨーロピアンツアー公式

「イタリアオープン」について知っておくべき5つのこと

。 ヨーロピアンツアー11勝のヘンリックステンソンは、直近2大会で連続してトップ5入りするなど調子を上げており、今週は3週連続の大会出場となる。 一方、前週の「オメガヨーロピアンマスターズ」で2位に入った
2013/12/26

GDO編集部が選ぶ 2013年海外男子ツアー10大ニュース

トラブルで騒動となりました。終盤戦「ザ・バークレイズ」での、背中の痛みで崩れ落ちたシーンも印象的。最終戦でH.ステンソンに逆転され、フェデックスカップレースではまさかの2位に。なんだ、結局“主役”なのか