2021/04/07PGAツアーオリジナル

ブライソン・デシャンボーの新ドライバー使用を目撃

求める極めて異質な解決策を追求するためのモノであることが明らかとなった。 ボール初速の平均が時速191マイル(約307キロ)で、かつ時速220マイル(約321キロ)のヘッドスピードを追求していると公言
2021/08/10PGAツアーオリジナル

フィル・ミケルソン最新の試みはアームロック式パッティング

もあった。フィルの場合、グリーンのスピードと打感が特定のセットアップを決定した。 実際、キャロウェイのツアーコンテンツクリエーターであるジョニー・ワンダーが提供してくれた下の画像でも分かるように、彼は
2021/05/24全米オープン

「見たくない現実が待つとしても」 石川遼は6度目の全米OPへ

ゴルフの世界基準になる舞台でもあると思う」との意見。「全てにおいて精度を上げる必要はあるが」と前置きしつつ、「飛距離も、ヘッドスピードも、ボールスピードも去年より上げたい」と少しずつパワーアップを図って
2021/05/21ゴルフパートナー PRO-AM

国内初のプロアマ形式 初日はどうだった?

スイングのヘッドスピードとか、近くで聞くと音が全然違う。すごく楽しかったです。また来年も出場したい」と目を輝かせた。「狙って奪った」という片岡の9番のイーグルにも「いつでも攻めのゴルフをしていないと
2021/02/03PGAツアーオリジナル

アルディラの新シリーズ「アセント」シャフトとは

に発売されたシリーズのシャフトには、アセントレッド、そしてアセントウルトラライトモデルがある。アセントレッドはPGAツアープロを含め、力があってヘッドスピードの速いプレーヤー向けの重くて硬い低スピン
2021/01/08セントリートーナメントofチャンピオンズ

ドラコン世界王者に師事 デシャンボーがさらなる進化

・デシャンボーはその間、ドラコン世界チャンピオンのカイル・バークシャーから、飛距離アップの秘訣を教わっていた。 バークシャーは大学時代に118mph(52.7m/秒)だったヘッドスピードが、現在は150
2021/03/07アーノルドパーマー招待

デシャンボーが湖越え370yd パー5予告通りの1オン挑戦

。やってやった! ファンが欲していたものを見せられた」 ツアーの計測値ではヘッドスピードは時速137マイル(61.244m/s)、347ydのキャリー(ラン23yd)をたたき出し、パー5の2打目の残り
2014/11/08PGAコラム

コブラがFly-Zメタルウッドラインアップを発表

向上している。 Fly-Z+と同様、460ccヘッドのFly-Zには、“スピード・チャンネル・テクノロジー”と呼ばれる溝がフェース周辺に刻まれている。そのほか5種類のロフトセッティングと、3種類の
2021/03/04ダイキンオーキッドレディス

西郷真央、1年目の反省を胸に…21年初戦で首位発進

も見直した。前年よりも成果を実感するのが遅かったというが、ヘッドスピードも徐々に上がって「芯に当たったときは20ydぐらい飛ぶ。平均10ydぐらいかな」と好感触を口にした。 ツアーでは1年3カ月ぶり