最近のニュース 新着一覧≫


2020/03/10ヨーロピアンツアー公式

カンピージョがプレーオフを制しカタールで戴冠

33歳のホルヘ・カンピージョがプレーオフでデビッド・ドライスデールを退けて2020年「コマーシャルバンク・カタールマスターズ」を制覇し、ヨーロピアンツアー2勝目を挙げた。 スペインのカンピージョは
2020/01/21ダイヤモンドリゾート トーナメントofチャンピオンズ

3度目の正直ならず 畑岡奈紗はまたしてもプレーオフ敗戦

畑岡奈紗が日没順延で持ち越されたギャビー・ロペス(メキシコ)とのプレーオフ7ホール目で敗れた。先にロペスがバーディパットを沈め、畑岡は下りの3mを外した。米ツアーでのプレーオフ通算成績は0勝3敗
2020/02/09ISPS HANDA ヴィックオープン

パク・ヒヨンが3人のプレーオフ制す 山口すず夏39位

が「73」で回り、通算8アンダーで並んだチェ・ヘジン、ユ・ソヨン(いずれも韓国)とのプレーオフを制し、2013年「マニュライフファイナンシャルLPGAクラシック」以来、7年ぶりの優勝を果たした。ツアー
2020/01/20ダイヤモンドリゾート トーナメントofチャンピオンズ

プレーオフ決着は持ち越し 畑岡奈紗VS.ロペス5ホール譲らず

、ギャビー・ロペス(メキシコ)、朴仁妃(韓国)によるプレーオフとなった。3ホール目で朴が脱落した後、畑岡とロペスは5ホール目まで互いにパーとして譲らず、日没のため決着は20日(月)に持ち越された。午前8
2020/01/06セントリートーナメントofチャンピオンズ

トーマスが2020年最初の優勝者に 三つ巴プレーオフ制す

大会。1打差の2位から出たジャスティン・トーマスが7バーディ、3ボギーの「69」で回り、通算14アンダーで首位に並んだパトリック・リード、ザンダー・シャウフェレとのプレーオフを制し、昨秋に開幕した
2019/12/09アフラシアバンク・モーリシャスオープン

18歳のホイガールトが初優勝 三つどもえのプレーオフ制す

で並んだ3人のプレーオフを3ホール目で制し、ツアー初優勝を遂げた。 レナート・パラトーレ(イタリア)、アントワン・ロズナー(フランス)が2位。 ベンジャミン・エベール(フランス)、トーマス・デトリー(ベルギー)ら4人が通算18アンダーの4位で…
2019/06/24ヨーロピアンツアー公式

パバンがプレーオフを制しミュンヘンで歓喜の勝利

プレーオフでマシュー・フィッツパトリックを下したアンドレ・パバンが「BMWインターナショナルオープン」を制覇し、ヨーロピアンツアー2勝目を挙げた。イタリアのパバンはGCミュンヘン・アイヒリードで最終
2019/11/10タイランドオープン

キャトリンが三つ巴のプレーオフ制す 水野眞惟智は19位

◇アジアンツアー◇タイランドオープン 最終日(10日)◇タイCC(タイ)◇7198yd(パー71) 通算11アンダーの首位で並んだ3人のプレーオフを米国のジョン・キャトリンが制した。最終ラウンドは3
2019/11/24サバマスターズ

4人のプレーオフで決着 水野眞惟智は39位

◇アジアンツアー◇サバマスターズ 最終日(24日)◇スーテラハーバーG&CC (マレーシア)◇6902yd(パー71) 通算13アンダーで首位に並んだ4人によるプレーオフとなり、2ホール目で決着を
2019/11/11ターキッシュエアラインズオープン

6人のプレーオフ制しハットンが4勝目 川村46位 谷原70位

◇欧州男子◇ターキッシュエアラインズオープン 最終日(10日)◇ザ・モンゴメリー マックスロイヤル(トルコ)◇7133yd(パー72) 通算20アンダーで6人が並んでプレーオフに突入した。ティレル
2012/09/29GDOEYE

前代未聞の変則プレーオフ その後の話

もうずいぶん前のことのように思えるが、3週間前の国内男子ツアー「TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN 涼仙」では、“前代未聞のプレーオフ”が行われ、日本のゴルフ界では、それはそれは
2020/06/01

ゴルフきょうは何の日<6月1日>

2014年 松山英樹がPGAツアー初優勝 松山英樹が2014年「ザ・メモリアルトーナメント」でケビン・ナをプレーオフで下し、米ツアー初優勝を果たした。単独首位の終盤16番で池に入れダブルボギーとした
2019/11/03スウィンギングスカート台湾選手権

ネリー・コルダがプレーオフ制し連覇 渋野日向子39位

アンダーでホールアウト。カロリン・マソン(ドイツ)、ミンジー・リー(オーストラリア)とのプレーオフ(18番パー5)に突入したが、1ホール目でバーディを奪い、大会連覇を達成した。 通算14アンダー4位に
2017/05/01ヨーロピアンツアー公式

プレーオフを制したレビが中国で戴冠

トップウィンG&CCでプレーオフの末にディラン・フリテッリを退けたアレクサンダー・レビが「ボルボ中国オープン」を制覇し、大会史上初めてとなる複数回優勝を果たした。 2014年大会を制したレビは、首位
2019/09/15ANAオープン

完全Vスルリ 時松隆光またもプレーオフ負け

、最多となる5人によるプレーオフ(18番繰り返し)に突入。2打目でグリーンを外すなどしてパーとし、バーディを奪った浅地に優勝をさらわれてしまった。 2017年大会に続くプレーオフでの惜敗だった。今