2015/07/26ダンロップ・スリクソン福島オープン

マークセンが2年ぶり5勝目!松山は10バーディで猛追9位

から鮮やかな逆転優勝を飾ったのはタイの49歳、プラヤド・マークセン。13年の「タイランドオープン」以来となるツアー通算5勝目を飾った。 通算23アンダーで2位に入ったのは、ソン・ヨンハン(韓国)。自身
2015/02/23ヨーロピアンツアー公式

インドオープンを制し母国の英雄となったラヒリ

「ヒーロー・インドオープン」は、僅か2週間前にヨーロピアンツアー初優勝を飾ったアニルバン・ラヒリが同胞のS.S.Pチャウラシアをプレーオフの末に退け、ツアー2勝目を感動的な地元での優勝で達成する結末
2015/05/31~全英への道~ミズノオープン

46歳の手嶋多一が22年目の恩返しV!全英出場の4人決まる

にした。 2日目に首位に立った22歳の今平周吾は、5打差の6位から6バーディで追い上げを図ったが、前半の3ボギーが響いて通算10アンダーの5位にとどまり、全英出場権に1打及ばなかった。ほかのトップ10は、6位のウォンジョン・リー(オーストラリア)、プラヤド・マークセン(タイ)ら、外国勢が占めた。
2015/05/30~全英への道~ミズノオープン

46歳の手嶋多一が悲願のホスト大会制覇へ王手

2度目の首位に立ち、最終日は大会初制覇に挑む。 3位は3打差の通算9アンダーで高山忠洋、プラヤド・マークセン(タイ)。8アンダーの5位にパク・サンヒョン(韓国)。前日首位の今平周吾は、2バーディ3
2015/02/21ヨーロピアンツアー公式

地元の英雄チョウラシアが再び観衆を魅了

「メイバンク・マレーシアオープン」で優勝したアニルバン・ラヒリは、パーが6つしかないこの日のベストスコアとなる「65」で2日目をラウンドし、トップ10圏内に浮上した。一方この日、プラヤド・マークセンと
2014/10/16日本オープンゴルフ選手権競技

選手コメント集/日本オープン選手権競技 初日

プラヤド・マークセン 8バーディ1ボギー「63」、7アンダー首位 「ショットがとても安定していて、うまくフェアウェイに乗せられた。パッティングも非常に良かった。ラフが短いのが印象的。簡単というわけ
2015/02/22ヒーローインディアンオープン

地元インドのチョウラシアが首位をキープし最終日へ

・フレイザー(オーストラリア)。 通算6アンダー4位には日本でもお馴染みのプラヤド・マークセン(タイ)と、この日のベストスコア「65」を出して6ストローク伸ばしたダニエル・チョプラ(スウェーデン)が25位から浮上した。
2014/10/16日本オープンゴルフ選手権競技

佐藤大平 初日のアマチュアリーダーに松山英樹の教え

、その後5mのスライスラインを沈めた5番からの3連続を含む5バーディを決めて「66」をマーク。首位のプラヤド・マークセン(タイ)には3打差と、絶好の位置での滑り出しだ。 優勝者に翌年の「マスターズ」出場
2015/04/16東建ホームメイトカップ

市原弘大が自身初の首位発進 宮里優作、小田孔明は50位

バーディ1ボギーの「64」をマークした市原弘大が、7アンダーでツアー自身初となる首位に立った。 1打差6アンダーの2位にはテッド・オー(米国)、5アンダー3位グループに近藤共弘、河井博大ほか、プラヤド
2015/04/17東建ホームメイトカップ

首位はI.J.ジャン 片岡大育が1差2位

、稲森佑貴、リュー・ヒョヌ(韓国)、チャン・キム(米国)、プラヤド・マークセン(タイ)の5選手が並んだ。 テッド・オー(米国)、河井博大、山下和宏、小平智、S.K.ホ(韓国)が通算4アンダーの9位
2014/10/17日本オープンゴルフ選手権競技

「日本オープンだけは獲りたい」片山晋呉が3位浮上

して通算6アンダー。首位のプラヤド・マークセン(タイ)に3打差に迫る3位タイで決勝ラウンド進出を決めた。 2度のスーパーショットはいずれもバンカーからだった。2アンダー9位からティオフした片山は、2
2015/02/22ヒーローインディアンオープン

地元インド勢の一騎打ち ラヒリがプレーオフ制し2勝目!

重ねた。 この勝利により、ラヒリは4月の「マスターズ」への初出場が濃厚になった。 1打差の3位に、日本ツアーでも活躍するタイのプラヤド・マークセン、マーカス・フレイザー(オーストラリア)、ヨアキム
2014/10/17日本オープンゴルフ選手権競技

選手コメント集/日本オープンゴルフ選手権競技 2日目

プラヤド・マークセン 4バーディ2ボギー「68」、通算9アンダー、単独首位 「朝は気温が低く、霧がでていたが、その状況の中で良いプレーができて嬉しい。全体的に1Wが良く、フェアウェイを高い確率で
2015/02/13タイランドクラシック

川村昌弘、首位と4打差発進 小田孔明は40位

。 タイのキラデク・アフィバーンラト、プラヤド・マークセン、スペインのミゲル・アンヘル・ヒメネスらの実力者が5アンダー、6位に控える展開だ。前週、欧州ツアー初優勝を果たしたアニルバン・ラヒリ(インド)は3アンダーの20位に続いている。