2016/07/31マルハンカップ 太平洋クラブシニア

マークセンがシニア初勝利 鈴木亨は後退4位

◇国内シニア◇マルハンカップ 太平洋クラブシニア 最終日◇太平洋クラブ六甲コース(兵庫県)◇6830yd(パー72) 首位に4打差の4アンダー4位から出たプラヤド・マークセン(タイ)が1イーグル、7
2017/01/24レオパレス21ミャンマーオープン

2年目のミャンマー大会 池田勇太ら日本勢は輝けるか?

◇国内男子&アジア共同主管◇レオパレス21ミャンマーオープン 事前情報◇パンラインGC(ミャンマー) 国内男子ツアーの17年シーズン第2戦は、インドシナ半島西部にあるミャンマー連邦...
2016/11/24いわさき白露シニアゴルフトーナメント

薩摩富士のふもとで争う最終戦 本命不在でカップを掲げるのは?

した前年大会では、初日に青木功が「73」のエージシュートを決めた。 参戦1年目で圧倒的な強さを見せつけて、賞金王に輝いたプラヤド・マークセン(タイ)は出場せず、本命不在。2年ぶりの制覇を狙う倉本昌弘
2016/10/14セヴンヒルズカップ KBCシニア

米山剛が6アンダーで単独首位 賞金2位の崎山は出遅れ

らもつけた。 賞金ランクトップのプラヤド・マークセン(タイ)が「日本オープン」出場のため欠場した大会。差を詰めたい賞金2位の崎山武志は3オーバーの52位に出遅れた。
2016/12/10日立3ツアーズ選手権

大一番でイ・ボミ&笠りつ子!3ツアー対抗戦の組み合わせ

賞金王のプラヤド・マークセン(タイ)のタッグと対戦する。 2人が交互に1つのボールを打つフォアサム方式の第2ステージでは、最終組でイと笠りつ子が組んで、男子の片山&小平、シニアの室田淳と崎山武志のコンビとタイトルをかけた大一番に臨む。昨年はLPGAが2連覇を決めて、菊地絵理香がMVPを受賞している。
2016/09/30トップ杯東海C

片岡大育、池田勇太が首位で週末へ 谷原秀人1打差追う

寛が、通算7アンダーの4位で続いた。 首位タイから出た香妻陣一朗、川村昌弘、小池一平、プラヤド・マークセン(タイ)ら9人が通算5アンダーの5位に並んだ。 昨年覇者のキム・ヒョンソン(韓国)は通算3アンダーの19位としている。
2016/09/09コマツオープン2016

羽川豊がホールインワンで首位マークセンを急追

◇国内シニア第10戦◇コマツオープン2016 2日目(9日)◇小松カントリークラブ(石川)◇6917yd(パー72) 7アンダーの首位から出たプラヤド・マークセン(タイ)が、2日連続のノーボギー
2016/07/21アジアンツアー公式

アジアンツアー通信/2016年7月号

・ウィラチャン(6勝)、アニルバン・ラヒリ(6勝)、プラヤド・マークセン(3勝)を上回る最多勝だ。ツアー通算では9勝で、彼はツアーにおいて最も成功を収めているインターナショナルプレーヤーである。 2016年の
2016/09/16日本シニアオープンゴルフ選手権競技

シニア1年目のマークセンが単独首位に浮上

◇国内シニアメジャー◇日本シニアオープンゴルフ選手権競技 2日目(16日)◇習志野カントリークラブ キング・クイーンコース(千葉県)◇6938yd(パー72) 2位から出たツアールーキーのプラヤド
2016/07/19ダンロップ・スリクソン福島オープン

賞金上位5人が不在 全英帰りの面々の活躍は

なく、“前半戦”の締めくくりの試合となる。 前年大会は最終日に3位から出たプラヤド・マークセン(タイ)が「63」をマークし、通算24アンダーとして逆転優勝。今季からシニアツアーにも参戦した大ベテランが
2016/07/28キングスカップ

世界ランク1048位のサプラマイが首位発進

を決めた。2013年大会はプラヤド・マークセン、14年がタワン・ウィラチャンと直近2大会を開催地のタイ人選手が優勝している大会。世界ランク1048位の32歳がまずは飛び出した。 2打差の5アンダー2位
2016/09/17日本シニアオープンゴルフ選手権競技

シニアルーキー同士がV争い 鈴木亨とマークセンが首位を並走

を前にリーダーボードトップの座を分け合った。首位から出たプラヤド・マークセン(タイ)が「70」、7位から追った鈴木亨が「68」と伸ばし、通算7アンダーで首位を並走。シニアメジャー初タイトルのチャンスを