2019/02/12ヨーロピアンツアー公式

「ワールドスーパー6パース」で知っておくべき5つのこと

ラムフォードが優勝し、昨年はタイのキラデク・アフィバーンラトがオーストラリアの陽光の下で欧州ツアー4勝目を挙げた。 先週のビクトリア州での「ISPS HANDAヴィックオープン」に続く豪州開催となるわけ
2018/07/22全英オープン

「全英オープン」最終日組み合わせ

ワタナノンドファブリシオ・サノッティジョーダン・スミス 11:04(19:04) ブレットラムフォード小林正則ジャック・シニア 11:15(19:15) マット・ジョーンズトーマス・カーティスブロンソン
2018/07/19全英オープン

【速報】池田勇太が1アンダーでホールアウト 宮里優作はイーブン

15:21/タイガー・ウッズ、松山英樹、ラッセル・ノックス 15:43/ライアン・アーマー、アブラム・アンセル、川村昌弘 16:06/ブレットラムフォード、小林正則、ジャック・シニア ※訂正 21時40分配信の「【速報】池田勇太が1アンダーでホールアウト 宮里優作と小平智は1オーバー」を訂正しました
2018/07/16記録

「全英オープン」出場者&資格

ビン・グリーン 17:2017年オーストラレイジアツアー賞金王 ブレットラムフォード 18:2017年サンシャインツアー賞金王 ジョージ・クッツェー 19:2017年「日本オープン」優勝者 池田勇太
2018/04/14スペインオープン

宮里優作が15位浮上 首位との差は6打に広がる

し、通算13アンダーとして後続に3打差の単独首位に抜け出した。 ブレットラムフォード(オーストラリア)ら3人が通算10アンダー、初日首位タイのマーク・ウォーレン(スコットランド)、地元スペインの
2018/02/09ISPS HANDA ワールドスーパー6パース

宮里優作が14位浮上 日本勢は4人全員が予選通過

(イングランド)が、初日に単独首位で飛び出した前年覇者ブレットラムフォード(オーストラリア)をとらえて通算8アンダーのトップタイで並んだ。1打差の3位にトービヨン・オルセン(デンマーク)ら4人がつけて
2018/02/08ISPS HANDA ワールドスーパー6パース

片岡大育が4位発進 宮里&小平33位 谷原は出遅れ

◇欧州、アジア、豪州共催◇ISPSハンダ ワールドスーパー6パース 初日(8日)◇レイクカリーニャップCC(オーストラリア)◇7143yd(パー72) 昨年覇者のブレットラムフォード
2018/02/08ISPS HANDA ワールドスーパー6パース

【速報】片岡大育が5アンダー発進 首位に3打差

プレーし、5アンダーで発進した。ホールアウトした選手では、昨年覇者のブレットラムフォードが10バーディ、2ボギーの「64」をマークし、8アンダーで首位に立っている。 宮里優作は4バーディ、2ボギー
2018/02/06ISPS HANDA ワールドスーパー6パース

谷原、宮里、小平、片岡が出場 最終日はマッチプレー

位タイのカットあり)を行い、上位24選手がノックアウト方式のマッチプレーに進出する。 フォーマットを新たにした昨年大会を制したのはブレットラムフォード(オーストラリア)。トップで最終ラウンドに進出
2017/06/25ヨーロピアンツアー公式

ガルシアとブランドが首位タイで最終日へ

ウッド、リカルド・カールベリ、ユースト・ラウテン、ブレットラムフォード、そしてディフェンディングチャンピオンのヘンリック・ステンソンがつけている。 ヨーロピアンツアーでは史上初となる3日目カットが導入さ
2017/06/07ヨーロピアンツアー公式

ライオネスオープンの大会アラカルト

この大会でティアップする。 2013年の大会王者であるユースト・ラウテンも、昨年9月に母国優勝を遂げた「KLMオープン」以来の優勝を狙って今大会に出場する。 グレーム・ストーム、ブレットラムフォード
2017/04/25ヨーロピアンツアー公式

ボルボ中国オープンの大会アラカルト

たベルギーの飛ばし屋は、呉阿順、アレキサンダー・レビ、ブレットラムフォード、Y.E.ヤン、そしてジーブ・ミルカ・シンといった過去の大会王者たちとともに今週のフィールドに名を連ねている。これに加え
2017/02/20ヨーロピアンツアー公式

地元で完全制覇を遂げたブレット・ラムフォード

「ISPS HANDAワールドスーパー6パース」は、最終日のマッチプレーを勝ち抜き、決勝でパチャラ・コンワットマイ(タイ)を下した地元オーストラリアのブレットラムフォードが制覇し、ヨーロピアン
2017/02/19ワールドスーパー6パース

ラムフォードが“完全勝利” 谷原秀人は2回戦で敗退

上位通過した24人が、トーナメント形式のマッチプレー(6ホールマッチ)に進出。予選をトップ通過した第1シードのブレットラムフォード(オーストラリア)が計4マッチを勝ち進み、母国でツアー通算6勝目を手に
2017/02/18ワールドスーパー6パース

谷原秀人が最終日24人のマッチプレーに進出

目。首位でスタートした地元オーストラリアのブレットラムフォードが7バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「68」で通算17アンダーとして首位を堅守した。 5打差、通算12アンダーはジェイソン