2021/10/29バミューダ選手権

ハギーらが暫定首位 リード10位 日没順延

◇米国男子◇バミューダ選手権 初日(28日)◇ポートロイヤルGC (バミューダ諸島)◇6828yd(パー71) 初日は日没順延となり、ともにツアー初勝利を目指すブランドンハギーとチャド・レイミーが
2021/07/11ジョンディアクラシック

ムニョスが首位に浮上 リストは8位に後退

。通算16アンダーで2位から首位に浮上した。最終日は2019年「サンダーソンファームズ選手権」以来となるツアー2勝目がかかる。 1打差に「67」でプレーしたブランドンハギー。通算14アンダー3位にツアー
2021/07/05ロケットモーゲージ・クラシック

キャメロン・デービスが5ホールのPO制し初優勝

17アンダー4位にアレックス・ノレン(スウェーデン)とハンク・ルビオダ。16アンダー6位でバッバ・ワトソンとブランドンハギーが並んだ。 フィル・ミケルソンは通算3アンダーの74位に沈んだ。 ※編注:当初の配信で「5ホール目でデービスがバーディを奪い」としていましたが、訂正しました
2021/07/04ロケットモーゲージ・クラシック

ニーマンとメリットが首位 ミケルソン70位

、最終日を迎える。 1打差でハンク・ルビオダとキャメロン・デービス(オーストラリア)。通算12アンダー4位でブランドンハギーが続いた。 フィル・ミケルソンは通算3アンダー70位で3日目を終えた。
2021/07/02ロケットモーゲージ・クラシック

小平智が暫定7位の好スタート 松山英樹は56位で日没順延

含めても7試合目のPGAツアー出場という22歳が暫定首位に立った。 2打差2位でブランドンハギー、トム・ルイス(イングランド)、ホアキン・ニーマン(チリ)が並び、さらに1打差でJ.J.スポーンと
2021/03/25コラレスプンタカナリゾート&クラブ選手権

シーズン2回目のドミニカ大会 WGCの同週開催で小平智が出場

の「ザ・ホンダクラシック」で2位に入ったブランドンハギー、3位だったチェイス・セイフェルトらが好調の波に乗って海を渡る。 小平智も国をまたいだ連戦に挑む。前週はカットライン上で進んだ決勝ラウンドでの
2021/03/22ザ・ホンダクラシック

マット・ジョーンズが5打差圧倒で7年ぶり2勝目 小平智は36位

ブランドンハギーが5打差2位。6アンダー3位グループにチェイス・セイフェルト、ブレンダン・スティール、デニー・マッカーシー、ラッセル・ヘンリー、パン・チェンツェン(C.T.パン/台湾)が並んだ。 前年覇者
2021/01/23ザ・アメリカンエキスプレス

イム・ソンジェが単独首位に浮上 小平智は予選落ち

コース(NT)を回ったトニー・フィナウ、アブラム・アンセル(メキシコ)、キム・シウー(韓国)、SCのニック・テイラー(カナダ)、初日首位のブランドンハギーと、5人が1打差2位で並んだ。 初日「73」と
2021/01/22ザ・アメリカンエキスプレス

小平智は5打差の39位スタート 首位に未勝利のハギー

初戦、2コースでの予選ラウンドがスタート。ニクラストーナメントコース(NT)でプレーしたツアー未勝利のブランドンハギーが「64」をマークして8アンダーの首位、アン・ビョンフン(韓国)が1打差の2位
2017/07/31カナディアンオープン

ジョナサン・ベガスが大会連覇 プレーオフでホフマンを下す

・ポールター(イングランド)。通算19アンダーの4位にゲーリー・ウッドランド、通算18アンダーの5位にブランドンハギー、トニー・フィナウ、ロバート・ガリガスの3選手が続いた。 世界ランク1位のダスティン・ジョンソンは、通算17アンダーで8位タイとした。
2017/07/29カナディアンオープン

フローレスが首位 石川遼は6戦連続の予選落ち

で大会を折り返した。通算11アンダーの2位に、マット・エブリーとゲーリー・ウッドランド、ブランドンハギーの3人が続いている。 ツアー未勝利で35歳のフローレスは初日、2日目と2番(パー5)で連日
2017/07/28カナディアンオープン

5人が暫定首位 石川遼はバーディ締めも87位

アンダーの暫定首位に、いずれもホールアウトしたハドソン・スワッフォード、ブランドンハギー、ケビン・チャッペル、マット・エブリー、オリー・シュナイダージャンズの5人が並んだ。 6アンダーの暫定6位で、今季
2017/02/26ザ・ホンダクラシック

アイアンショットが復調気配 石川遼は32位で最終日へ

ピンそば1.5mにぴたりとつけて、この日6つ目のバーディとした。 同組で回ったブランドンハギーは、今季の平均飛距離312yd(6位)を誇るツアー屈指の飛ばし屋の一人。平均で石川を20yd上回り、この
2015/03/07プエルトリコオープン

石川遼は57位で決勝へ 単独首位に米初勝利狙うチェイカ

(ドイツ)。5バーディ、ノーボギーの「67」をマークして通算7アンダーにスコアを伸ばした。欧州ツアーでは通算4勝を誇るが、米ツアーでは初勝利となるチャンスを手繰り寄せた。 1打差の2位に23歳のブランドン