2017/07/17ジョンディアクラシック

デシャンボーが逆転で初優勝 「全英」の切符得る

◇米国男子◇ジョンディアクラシック 最終日(16日)◇TPCディアラン(イリノイ州)◇7268yd(パー71) 5位から出た23歳のブライソンデシャンボーが7バーディ、1ボギー「65」で回り、通算
2017/07/15ジョンディアクラシック

石川遼、岩田寛は予選落ち ゴルフ科学者デシャンボー2位

13アンダーの首位に浮上。2打差の通算11アンダーに“ゴルフ科学者”の異名を持つ23歳ブライソンデシャンボー。初優勝を目指す若手2選手が好位置で決勝ラウンドに進出した。 メジャー2勝のザック
2017/07/14ジョンディアクラシック

石川遼129位、岩田寛は153位出遅れ 首位にC.ハウエルIIIら

7位にダニエル・サマーヘイズ、ブライソンデシャンボーら6人が並んだ。 約1カ月半ぶり戦線復帰の石川遼は3バーディ、4ボギー1ダブルボギーの「74」でプレーして、3オーバー129位。今季8試合目の岩田寛は4ボギー2ダブルボギーの「79」として、8オーバー153位と大きく出遅れた。
2017/07/07中古ギア情報

日米で人気の差?「コブラ」のクラブを狙ってみる

結んでいる。ほかにも、ブライソンデシャンボーや女子のレキシー・トンプソンら、コブラの契約プロには男女とも若くてトップレベルの選手が目立つ。 コブラは、スポーツシューズやアパレルを製造・販売する「プーマ
2017/06/28KPMG女子PGA選手権

宮里藍 キャリア50回目のメジャー挑戦「少ないっすね」

ファッションで、木があって、戦略性を求められるコースは好きなので。最後だから頑張りたい、というよりは、そっちにワクワクしている」。 近年ではジム・フューリックが優勝した2003年「全米オープン」、ブライソン
2017/06/13ヨーロピアンツアー公式

「全米オープン」大会アラカルト

・エリンヒルズで開催された2011年の「全米アマチュア選手権」に出場した選手で、今年の「全米オープン」に出場するのは次の9人:ブライソンデシャンボー、ケビン・ドハティー、ハリス・イングリッシュ
2017/05/27ディーン&デルーカ招待

池田勇太 米ツアー3戦連続決勝へ「もっと上を」

ティショットを池に入れた13番(パー3)では、同組のブライソンデシャンボーが7Iでグリーンをキャリーでオーバーさせたのを見て、池田は7Iから8Iに握り替えた。しかし、これが裏目に。アゲンストの突風が吹き
2017/05/25ディーン&デルーカ招待

7年前のリベンジ 池田勇太は再び伝統のコロニアルへ

」というのは「ザ・プレーヤーズ選手権」と同じリズムのつくり方。予選ラウンドは23歳のブライソンデシャンボー、1カ月前にプロ転向したばかりの20歳のカーティス・ラック(オーストラリア)といった若手を引き連れてプレーする。(テキサス州フォートワース/桂川洋一)
2017/05/18ギアニュース

イーデルゴルフが同じ長さのアイアンセットを発売へ

使い手といえば、「僕はゴルフ科学者である」というブライソンデシャンボー。2016年にコブラと用具契約をしたが、それまでの5年間はイーデルゴルフが、シングルレングスアイアンを製作しサポートした。同社は
2017/04/20バレロテキサスオープン

「攻めるしかない」石川遼、今週は1Wを振り切る覚悟

時間の練習を行い、最終調整した。1Wを多用する攻撃的ゴルフで、コースを攻略したいと話した。予選ラウンドはブライソンデシャンボー、スコット・ストーリングスと同組になる。 コースを回るのは16日(日)の1
2017/04/19佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑235>カーティス・ラック

■世界アマランク1位のラック デシャンボー、ラームに続きプロデビュー 世界アマチュアランク1位に君臨した選手が、続々とプロの世界へと羽ばたいている。昨年4月のマスターズ後にはブライソンデシャンボー
2017/03/27プエルトリコオープン

D.A.ポインツが4年ぶりツアー通算3勝目

、3ボギーの「66」、通算20アンダーで逆転優勝を飾った。2013年のシェル・ヒューストンオープン以来となるツアー通算3勝目となった。 2打差の2位にレティーフ・グーセン(南アフリカ)、ブライソン
2017/03/25プエルトリコオープン

デシャンボーが暫定首位 石川遼と岩田寛は予選落ち

ブライソンデシャンボーが第2ラウンドを7バーディ、ノーボギーの「65」とし、通算11アンダーの暫定首位タイに浮上。ホールアウトしたD.A.ポインツとアレックス・チェイカ(ドイツ)、ビル・ルンデ(15
2017/03/14マーク金井の試打インプレッション

コブラ キングフォージドツアーアイアン ワンレングス

2015年の全米アマ王者で、2016年にプロ転向したブライソンデシャンボー。彼のアイアンは全番手が同じ長さで、ロフト角だけ変化させていることで有名だ。『コブラ キングフォージドツアーアイアン ワン
2017/03/12バルスパー選手権

ハドウィンが4打差でツアー初優勝へ前進 石川遼は停滞

シャール・シュワルツェル(南アフリカ)は、4つスコアを伸ばして通算6アンダーの7位に浮上。一時は優勝争いに顔を出したブライソンデシャンボーは、終盤15番からの3ホールをボギー、ダボ、ボギーとして