2018/02/05WMフェニックスオープン

ゲーリー・ウッドランドが5年ぶりV プレーオフ制す

に、チェッソン・ハドリー、ブライソンデシャンボー、マット・クーチャー、フィル・ミケルソンの4人が続いた。 単独首位から出たリッキー・ファウラーは、この日「73」とスコアを落とし、通算12アンダーの11位に沈んだ。
2018/02/04WMフェニックスオープン

ファウラーが単独首位で最終日へ 3打差に13人

につけ、3連続バーディで締めくくった。 通算13アンダーで2位に続くのは、ジョン・ラーム(スペイン)、チェズ・リービー、ブライソンデシャンボーの3選手。通算12アンダーの5位に、ザンダー
2018/02/02WMフェニックスオープン

松山英樹は3連覇へ29位発進 首位ハースと5打差

大会で松山英樹にプレーオフで敗れたリッキー・ファウラー、ブライソンデシャンボー、チェッソン・ハドリー、ビリー・ホーシェル、クリス・カークの5人が並んだ。 4アンダーの7位で、好調が続く世界ランキング2
2017/03/25プエルトリコオープン

デシャンボーが暫定首位 石川遼と岩田寛は予選落ち

ブライソンデシャンボーが第2ラウンドを7バーディ、ノーボギーの「65」とし、通算11アンダーの暫定首位タイに浮上。ホールアウトしたD.A.ポインツとアレックス・チェイカ(ドイツ)、ビル・ルンデ(15
2017/03/27プエルトリコオープン

D.A.ポインツが4年ぶりツアー通算3勝目

、3ボギーの「66」、通算20アンダーで逆転優勝を飾った。2013年のシェル・ヒューストンオープン以来となるツアー通算3勝目となった。 2打差の2位にレティーフ・グーセン(南アフリカ)、ブライソン
2017/11/03シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

キム・ミンフィが暫定首位 初日は日没順延

・ホーシェル、ブライソンデシャンボー、ケビン・チャッペルらが4アンダーでホールアウト。不振の続くバッバ・ワトソンは1オーバーの暫定82位と出遅れた。
2016/04/22バレロテキサスオープン

【速報】岩田寛は1アンダー発進

・ホフマンと5打差の29位としている。 大型新人として期待されるプロ2戦目のブライソンデシャンボーは、2オーバーと厳しい出だしになった。
2017/03/12バルスパー選手権

ハドウィンが4打差でツアー初優勝へ前進 石川遼は停滞

シャール・シュワルツェル(南アフリカ)は、4つスコアを伸ばして通算6アンダーの7位に浮上。一時は優勝争いに顔を出したブライソンデシャンボーは、終盤15番からの3ホールをボギー、ダボ、ボギーとして
2017/11/06シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

パトリック・カントレーが初優勝 三つどもえのプレーオフ制す

曲げてアンプレヤブルとしたキムがダブルボギーを喫したのに対し、パーで収めたカントレーが競り勝った。 通算8アンダーの4位にパットン・キザイア、J.T.ポストン、チェッソン・ハドリーの3人が入った。 ブライソンデシャンボー、トム・ホジー、ボウ・ホスラーが通算7アンダーの7位に並んだ。
2017/11/08OHLクラシックatマヤコバ

舞台はメキシコ リッキー・ファウラーが今季初戦

、自身初出場となるメキシコ大会で迎える。 昨季初タイトルを手にしたブライソンデシャンボー、歴代優勝者のグレーム・マクドウェル(北アイルランド)、チャーリー・ホフマンらがエントリー。日本人選手は出場しない。
2017/08/01マーク金井の試打インプレッション

イーデルゴルフ シングルレングスアイアン SLS-01

先日PGAツアー初優勝を遂げたブライソンデシャンボーが、「全米アマチュア選手権」を制したときに使っていたのが、イーデルゴルフのシングルレングスアイアン。さらに改良を加えてカスタムフィッティングの
2016/10/15セーフウェイオープン

第2ラウンドは日没順延 ピアシーが暫定首位

19位で続いた。今春プロ転向し、41位から出た23歳のブライソンデシャンボーは3バーディ、5ボギーの「74」で第2ラウンドを終え、通算イーブンパー。暫定97位で、予選通過は厳しくなった。 第2ラウンドは、15日午前7時45分(日本時間同日午後11時45分)に再開される予定。
2017/06/13ヨーロピアンツアー公式

「全米オープン」大会アラカルト

・エリンヒルズで開催された2011年の「全米アマチュア選手権」に出場した選手で、今年の「全米オープン」に出場するのは次の9人:ブライソンデシャンボー、ケビン・ドハティー、ハリス・イングリッシュ
2017/09/21

入れ替え第3戦へ 石川遼は正念場続く

戦のランキングで25位以内をキープする必要がある。 前年大会はブライソンデシャンボーが通算7アンダーで並んだ4人のプレーオフを制し、プロ初優勝を飾った。 石川は初日、キャメロン・パーシー