2014/04/12ヨーロピアンツアー公式

B.ワトソン追撃へ万全のビヨーン

ジョン・センデンに3打差をつけて首位に躍り出た。センデンの後方には通算3アンダーでビヨーンとブリクストが追う展開となっている。 オーガスタのスペシャリストにして1992年の大会王者であるフレッド
2013/10/06PGAコラム

世界選抜の応援団 ファナティックスって?

グレッグ・ノーマンと毎日ハイタッチをし、フレッドカプルスとタイガー・ウッズの仲間達には彼等のトレードマークであるグリーンのホーガンキャップを被せようとそそのかした。 Helen Ross, PGA
2016/04/02ヨーロピアンツアー公式

歴史を作った男たちがオーガスタナショナルへ

に上がった。誰も予想しなかったジャイアントキリングの瞬間だった。 フレッドカプルス 1992年大会を制覇 フレッドカプルスは「マスターズ」史上、最も安定したパフォーマンスを発揮した選手…
2011/11/15WORLD

【WORLD】大会を盛り上げる?両キャプテンの舌戦

事をやってくれたフレッドカプルスとグレッグ・ノーマンに満点をあげましょう。彼らはゴルフ史の中でも、かなり“活気のない”ザ・プレジデンツカップにいくらか活力を注入したからだ。プレジデンツカップはひとつ
2013/04/13PGAコラム

時計を巻き戻したカプルス、首位タイで折り返し

By Helen Ross, PGATOUR.COM フレッドカプルスが、キャリア29回目のマスターズで大健闘を見せている。今季はここまで予選を通過して、上位で決勝ラウンドを迎えることはなかったが
2017/03/29佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑233>パトリック・カントレー(中)

付き合い。腰を良い状態でキープできるかは、キャリアをも左右する。若い時から腰痛に苦しんできたフレッドカプルスやビジェイ・シンはドイツにまで治療に出かけるほど、あらゆる策を講じ、地道な努力とケアを続け
2014/04/13PGAコラム

「マスターズ」で健在ぶりを見せるシニアツアー選手

クセがあり、一筋縄ではいかない。それは今年の試合展開からも明らかだ。今回の「マスターズ」で予選を通過した51選手の中には、フレッドカプルスやラリー・マイズ、ビジェイ・シン、ベルンハルト・ランガー
2015/04/01ヨーロピアンツアー公式

マスターズについてあなたの知らない20の事実

) ファンタスティック4 「マスターズ」で30ラウンド以上した経験のある選手で平均スコアがアンダーパーなのは次の4人のみである。タイガー・ウッズ(70.86)、フィル・ミケルソン(71.21)、フレッドカプルス(71
2013/10/04PGAコラム

両軍を支えた リスと恵みの雨

向かうとき、ひどい髪型のカツラを被っていた。54歳の誕生日を迎えたフレッドカプルスは、敵軍の主将からカップケーキのプレゼントをもらった。 「プレジデンツカップ」初日は、ここミュアフィールドでの木曜日
2012/04/05マスターズ

“復活”から2週間 タイガーの仕上がりと前評判は

キャディを務めるのはジョー・ラカバ。ラカバは長年フレッドカプルスのバッグを担いでいた。1992年にカプルスが「マスターズ」を制覇したときもラカバがキャディを務めていた。2月の「AT&T ペブルビーチ
2013/04/10マスターズ

タイガー、世界1位に復帰して臨むオーガスタ

月7日)にスティーブ・ストリッカーと14ホールの練習。月曜日は午後にダスティン・ジョンソンと14歳のアマチュア、グァン・ティンランと9ホールをプレー。火曜日は午後3時にフレッドカプルスとフロント
2002/03/17

“メジャーチャンピオンズ・ツアー”構想

コミッショナーになるよう話が持ち掛けられている。 1992年のマスターズチャンピオン、フレッドカプルスもその主要メンバーと目される一人だ。このところ出場する試合数を減らしてきていたカプルスだが、この新
2016/11/23ヨーロピアンツアー公式

ゴルフW杯をもっと楽しむために!知っておきたいアレコレ

。この2人はコンビを組んで1963年、1964年、1966年、そして1967年大会を制し、同一パートナーでの最多勝記録も持っている。後年、フレッドカプルスとデービス・ラブIIIが1992年、1993年、1994年、そして1…
2003/11/14

2003年米国ツアーを振り返って

退屈する人もいる。そのためタイガーは何票か失うかもしれない」とデービス・ラブIIIは言った。 また、友情という要素もある。1991-1992年に受賞したフレッドカプルスは、先月述べたように、「皆
2015/01/15佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑141>スティーブン・ボーディッチ

ツアー5勝、1991年ライダーカップのメンバーに選抜、1994年の「全英オープン」で4位タイと活躍するなど、当時“米国期待の星”と言われたフレッドカプルスらのライバルとして肩を並べたフェハティー