2020/12/31PGAツアーオリジナル

2020年ギア関連のトップストーリー

を見せている。ゴルフ全般は、新型コロナウイルス感染拡大の影響による倦怠に対する救いと位置付けられており、容認されるアクティビティの限定的なメニューの選択肢となった。 フレッドカプルスが10年ぶりに
2020/11/06マスターズ

2020年「マスターズ」出場選手&資格

1.マスターズの歴代優勝者(生涯) フレッドカプルス セルヒオ・ガルシア※新型コロナ陽性のため欠場 トレバー・イメルマン ザック・ジョンソン ベルンハルト・ランガー サンディ・ライル フィル
2020/10/07

ブッシュ元米大統領に2021年ゴルフ大使賞

続く3人目。親子で受賞したのは初めてとなる。 2019年はフレッドカプルスが選ばれているが、20年は新型コロナウイルス感染拡大の影響でツアー日程やイベントが大幅に変更となっており、発表されていなかった。
2020/03/09ホーグクラシック

アーニー・エルスがシニアツアー初優勝

大会がシニアツアー3戦目。1月「三菱電機選手権」はプレーオフで敗れて2位、前週の「コロガードクラシック」は34位だった。 2打差の通算14アンダー2位にグレン・デイ、フレッドカプルス、ロバート
2020/01/22ファーマーズインシュランスオープン

過去8勝の得意コース ウッズ「83」の新記録は「考えていない」

ウッズだが、若い頃は「感覚的に、良くない日より良い日の方が多かった」という。しかし、いまは違っている。「悪い日の方が多い。毎年、マスターズでも観るだろう?フレッドカプルス)でも、(ベルンハルト
2020/01/09ヨーロピアンツアー公式

ホブランと今平周吾のドバイデビューが決定

、過去にはセベ・バレステロス、アーニー・エルス、フレッドカプルス、ロリー・マキロイ、コリン・モンゴメリー、そしてタイガー・ウッズといった名選手たちが大会を制している。
2019/06/19ヨーロピアンツアー公式

「BMWインターナショナルオープン」で知っておくべき5つのこと

大会は、ヨーロピアンツアーで複数回優勝し、その後テレビパーソナリティへと転身したデビッド・フェハティが米国のフレッドカプルスに5打差をつけて優勝した。 トービヨン・オルセンは、昨季記録破りの最終日
2019/05/18全米プロゴルフ選手権

ウッズのキャディ遍歴を振り返る

しっかりと持っている。そうでなければ、フレッドカプルス、ダスティン・ジョンソン、ウッズというトッププロを渡り歩くことはできなかっただろう。 ウッズはほかに、何度かブライオン・ベル氏という学生時代の友人をキャディにし、優勝し…
2019/04/17佐藤信人の視点~勝者と敗者~

魔の12番で分かれたウッズとモリナリの選択

を分けたポイントは、アーメンコーナー魔の12番、池越えのパー3。過去にも多くのドラマを演出してきたホールです。 1992年大会でフレッドカプルス選手が放ったボールが、グリーン手前のラフに跳ね返され
2019/04/16マスターズ

18番グリーンでの会話 キャディが感じたウッズの変化

わけじゃなかったよ」と会話の内容を明かした。 ラカバは長年、米ツアー15勝を誇るフレッドカプルスのキャディを務め、1992年大会の優勝をアシストした。その後、ウッズが不振の真っただ中にいた2011年9