2021/06/20ニチレイレディス

吉田優利 勝負どころでダボも5戦ぶりトップ5

を奪って勢いづいた。首位と1打差で迎えた16番(パー4)ではフェアウェイからの2打目を「普通には狙えなかった。わりと勝負に出た。右からフックで回そうと思っていたが、抜けてしまった」と目の前の木に当てて
2021/05/28リゾートトラストレディス

工藤遥加が3打差首位 “ママ初参戦”の横峯さくらは予選落ち

午前3時に起床した。第2ラウンドでは3番(パー3)から4連続バーディを奪取し、「とても難しいコースで、(バーディを)こんなに獲れるとは」と驚きながら振り返った。 「下りのスライス、フックともに入った」と
2021/05/28バンク・オブ・ホープLPGAマッチプレー

2日連続18ホールの熱戦も…上原彩子はオルトメアに惜敗

シード(OK)。上原がバーディパットを決めれば引き分けるという状況だったが、このパットはカップ右をすり抜けて勝負あり。上原は「フックするかなと思ったけど残念でした。最後、絶対に入れないといけないから
2021/05/21全米プロゴルフ選手権

星野陸也はグリーンに泣く 砂地からソールしてバーディも

外したバーディパットは2番が「軽いスライスと読んだのがフックだった」。3番はスライスラインと呼んだ一打が「思い切り芝目に持っていかれてカップにかすりもせずに右に抜けていった」という。ピート・ダイ
2021/02/26WGCワークデイ選手権

松山英樹 誕生日のラウンドは痛恨の“トリ”フィニッシュ

アンプレヤブル、ドロップ後の3打目はフックがかかり切らずグリーン右サイドの池へ。5オン2パットのトリプルボギーフィニッシュに笑顔があるはずもない。松山英樹は「最後が全部悪かった。結果が全て」と憮然(ぶぜん
2020/11/21ダンロップフェニックス

松山に次ぐプロ最速Vへ 金谷拓実が1打差3位

ドッグレッグの8番では、3Wショットを左の林に打ち込んだが、そこから7Iで前方の松の木をかわす低いフックボールでグリーン手前のバンカーまで運びパーセーブ。3日間で11分の9という高いサンドセーブ率で