2017/05/26中古ギア情報

“平均スコア100”でも使えるプロモデルのドライバーとは?

やすいとは言えないこと。スライスに悩むゴルファーは、その悩みがさらに深くなる可能性が高い。逆にフックに悩むゴルファーには安心して使えるドライバーだ。 タイトリストのモデルチェンジは2年周期と他のメーカーに
2017/05/25新製品レポート

「ゆったり振る人向け」スリクソン Z565 TG ドライバー

、フィニッシュまで振り切りやすいクラブです。持ち球が低いボクには、ラクに振っても球が高く上がってくれるところもありがたいです。けれど、気になる点が…。 【ツルさん】フックフェースが気になりますか? 【ミーやん
2017/05/19中古ギア情報

スライサーでも安心して選べるプロ使用ドライバー

。持ち球がフック系で左へのミスが出やすい人にとってはおすすめのドライバーなのだが、持ち球がスライスのゴルファーにとっては、決して打ちやすくないということだ。 もちろん寛容性は高いわけだが、ボールを
2017/04/18マーク金井の試打インプレッション

ミズノ MP TYPE-2ドライバー

が増え、ロフト角を増やすと少しフックフェースになる。 純正シャフト「ツアーAD J-D1」のSフレックスの重量は58g。手元剛性が高い先中調子で、インパクトゾーンでしなり戻るスピードはそれほど速くは
2017/04/04マーク金井の試打インプレッション

グローブライド オノフ ドライバー KURO

両方を求める中・上級者には、大いに期待に応えてくれるドライバーだ。 表示ロフト角が10度に対してリアルロフト角が9.75度。フェース角が+0.5度とわずかにフックフェースだが、アドレスするとフェース
2017/03/21マーク金井の試打インプレッション

キャロウェイゴルフ GBB エピック サブゼロ ドライバー

.5度フック、リアルロフト角は11.5度まで増えた。これに対して一番つかまらないポジションにすると、フェース角は-4.5度となり、リアルロフト角は7度となる。 純正シャフトである「Fujikura
2017/03/07マーク金井の試打インプレッション

ヨネックス ロイヤル EZONE ドライバー

変えることでフェース向き、ライ角、ロフト角が調整できる。スタンダードポジションでは、フェースはやや左を向く。いわゆるフックフェースになっている。 長さはメーカー値、実測値とも47インチ(60度法計測)だ
2017/02/14マーク金井の試打インプレッション

テーラーメイド M2 ドライバー

は-4.5度でリアルロフト角は8度となる。これまでのモデルと同様に、ロフト角を増やすとフックフェースになり、ロフト角を減らすとオープンフェースの度合いが強くなる。 純正シャフト(TM1-217)のS
2017/02/07マーク金井の試打インプレッション

テーラーメイド M1 460 ドライバー

小さいポジションに調整すると、フェース角は-5度でリアルロフト角は8.5度となる。これまでのモデルと同様に、ロフト角を増やすとフックフェースになり、ロフト角を減らすとオープンフェースの度合いが強くなる
2017/01/24マーク金井の試打インプレッション

本間ゴルフ TOUR WORLD TW737 450 ドライバー

ドローやフックを持ち球にしている人が好む顔つきだ。 シャフトはワッグルすると手元がわずかにしなるだけで、中間部分は硬めだ。リアルロフトも少なく迫力がある。高弾道よりも中低弾道をイメージしやすくなっている
2016/12/27マーク金井の試打インプレッション

タイトリスト 917 D3 ドライバー

きらない。弾道調整でフェースの向きを少しフックにした方が、つかまりも良くなりそうだ。 ヘッド本来の挙動はニュートラル。重心距離と重心深度の数値バランスが良いからだろう。D2に比べるとD3の方が、操作性が
2016/12/20マーク金井の試打インプレッション

ミズノ JPX900 ドライバー

ドローウエイトポートにウエイトを配分、フックや引っかけを軽減したい人はフェードウエイトポートにウエイトを配分すると、曲がりを軽減しやすくなるだろう。 純正シャフトのオロチ ブルーアイ Dは、アベレージ向けのS
2016/11/22マーク金井の試打インプレッション

本間ゴルフ TOUR WORLD TW737 455 ドライバー

。シャフトは純正のVIZARD EX-C65のSフレックス。アドレスするとフェースは明らかに右を向く、いわゆるオープンフェースで、スライサーよりもドローやフックを持ち球にしている人が好む顔つきだ。シャフト
2016/11/15マーク金井の試打インプレッション

ヨネックス EZONE XPG タイプHD ドライバー

向きがオープンだったが、XPG タイプHD ドライバーはフックフェース。構えた時からつかまりの良さをアピールしている。シャフトはワッグルすると中間部分がクイッと控えめにしなるが、純正のSフレックスにして
2016/10/25マーク金井の試打インプレッション

タイトリスト 917 D2 ドライバー

を少しフックにした方が、オープンフェースの度合いが減り、ヘッド本来が持っているニュートラルな性能、重心の深さによる捕まりの良さを引き出せそうな感じがする。 そして印象に残ったのが、スイートエリアの広さ
2016/10/11マーク金井の試打インプレッション

フジクラ Speeder Evolution III

。インパクトゾーンではヘッドがややアッパーに動くので、高弾道が打ちやすく仕上がっている。 方向性に関しては、捕まりが適度に良いにもかかわらず、左へのミスが出づらい。ドローやフックが持ち球のゴルファーも左