2021/07/19記録

全英オープン記録集

)J.H.テイラー(1894, 1895, 1900, 1909, 1913)ピーター・トムソン(1954, 1955, 1956, 1958, 1965)トム・ワトソン(1975, 1977
2021/04/29ヨーロピアンツアー公式

「テネリフェオープン」で知っておくべきこと

ピーターローリーを退けたケネス・フェリエが栄冠に輝いた。 2003年と今週の大きな違いは、コースが41ヤード長くなり、パー71となった点であり、560ヤードの8番ホール(通常はパー5でプレー)はパー4
2020/06/04チャールズ・シュワブチャレンジ

米男子ツアー再開で世界ランキングも再稼働へ

成績、悪い成績も反映することから、結果的に影響を少なくする」と説明した。 ただし、理事会のチェアマン、ピーター・ドーソン氏は「世界ランキングシステムの救済措置として、凍結中の順位を引き続き認めることで
2020/03/19ヨーロピアンツアー公式

ヨーロピアンツアー最多勝アイルランド人選手は?

ポール・ダン (2017年「ブリティッシュマスターズ」) サイモン・ソーントン (2013年「ナジェティホテルゴルフオープン」) ピーターローリー (2008年「スペインオープン」) ダミアン
2019/05/30ヨーロピアンツアー公式

「ベルギーノックアウト」で知っておくべき5つのこと

、パーで決勝の勝利を決めた。この優勝はオタエギにとってヨーロピアンツアー2勝目となり、2017年に「ポール・ローリーマッチプレー」でツアー初制覇を果たした彼は、一対一の勝負強さをこの大会でも印象づける
2019/03/06ヨーロピアンツアー公式

カタールマスターズで知っておくべき5つのこと

ある。 真の挑戦 ピーター・ハラダイン設計で1997年開場のドーハGCでは、1998年の第1回大会以来、毎年「コマーシャルバンク・カタールマスターズ」が開催されてきた。首都の北部地区であるアルエグラ
2018/09/07BMW選手権

タイガー・ウッズが首位発進 松山英樹は12位

◇米国男子◇BMW選手権 初日(6日)◇アロニミンクGC(ペンシルベニア州)◇7237yd(パー70) タイガー・ウッズが1イーグル7バーディ、1ボギーの「62」をマークし、ロリー
2018/08/28ヨーロピアンツアー公式

「メイド・イン・デンマーク」で知っておくべき5つのこと

までこの偉業を達成したのは、デービッド・ハウエル、サム・トーランス、ミゲル・アンヘル・ヒメネス、バリー・レーン、コリン・モンゴメリー、ロジャー・チャップマン、ポール・ローリー、イーモン・ダーシー
2018/08/15ヨーロピアンツアー公式

「ノルデアマスターズ」で知っておくべき5つのこと

。これまで、イェスパー・パーネビック(1995年、98年)、ヨアキム・ハエッグマン(1997年)、ピーター・ハンソン(2008年)、リチャード・ジョンソン(2010年)、そしてアレックス・ノレン(2011
2018/08/12全米プロゴルフ選手権

「全米プロ」組み合わせ

:53) 池田勇太キーガン・ブラッドリー 10:02(0:02) トミー・フリートウッド小平智 10:11(0:11) ミシェル・ロレンゾベラロリー・マキロイ 10:20(0:20) マルティン
2018/07/16記録

「全英オープン」出場者&資格

トッド・ハミルトン パドレイグ・ハリントン ザック・ジョンソン トム・レーマン サンディ・ライル ロリー・マキロイ フィル・ミケルソン ルイ・ウーストハイゼン ジョーダン・スピース ヘンリック
2018/06/22トラベラーズ選手権

スピースが連覇へ首位発進 小平智は114位

、メジャー2勝ザック・ジョンソンと並ぶ7アンダーの首位発進を決めた。 1打差の6アンダー3位にロリー・マキロイ(北アイルランド)、ブライアン・ハーマン、ピーター・マルナチの3選手。ポール・ケーシー
2018/06/11記録

「全米オープン」出場選手&資格

1.過去10年の全米オープン優勝者 ルーカス・グローバー ダスティン・ジョンソン マルティン・カイマー ロリー・マキロイ ジャスティン・ローズ ウェブ・シンプソン ブルックス・ケプカ グレーム
2018/05/04ウェルズファーゴ選手権

ウッズ34位 松山英樹は135位と出遅れ

ジョン・ペターソン。終盤の7番(パー5)と8番で連続イーグルを奪い、混戦のリーダーボードから抜け出した。 4アンダーの2位にピーター・マルナチ、カイル・スタンリー、キース・ミッチェル、ジョンソン
2018/01/17ヨーロピアンツアー公式

本命はマキロイ アブダビで注目の3人

コースであるアブダビGCで自身の強みを最大限に活かす機会に恵まれる。近年、このピーター・パラダイン設計のコースでは、ロリー・マキロイ、トーマス・ピータース、そしてダスティン・ジョンソンといった飛ばし屋たち