2021/04/12マスターズ

「マスターズ」歴代優勝者

1971 チャールズ・クーディ -9 2打 ジョニー・ミラージャック・ニクラス 25,000 1970 ビリーキャスパー -9 PO ジーン・リトラー 25,000 1969 ジョージ・アーチャー -7
2020/10/22ヨーロピアンツアー公式

「イタリアオープン」で知っておくべき5つのこと

オープン」は、1972年のツアー発足以来、毎年ヨーロピアンツアーで開催されており、今大会で第77回大会を迎える。 過去の大会王者には、メジャー王者のトニー・ジャクリン(1973年)、ビリーキャスパー
2020/09/17全米オープン

優勝予想は「8オーバー」 今回も全米OPは物議必至か?

ホールと対峙したとき、タイガー・ウッズに教えてもらったという逸話を思い出した。1959年大会でビリーキャスパーが4日間グリーンの手前にレイアップしてパーを拾い続け、後続を1打差で振り切って勝った
2020/09/16ヨーロピアンツアー公式

全米オープンで知っておくべき5つのこと

。その後、同コースでは1959年大会をビリーキャスパーが制したほか、1974年大会をヘイル・アーウィン、1984年大会をファジー・ゼラー、そして2006年大会をジェフ・オギルビーが制覇している
2019/04/24ヨーロピアンツアー公式

「ハッサンIIトロフィー」で知っておくべき5つのこと

間にわたり開催されているスポーツイベントとなっている。 第1回大会は1969年の「全米オープン」王者、オービル・ムーディが制覇しており、これまで彼を含め9人のメジャー王者がこの大会を制している。ビリー
2018/05/29ヨーロピアンツアー公式

数字で読み解くイタリアオープン

- 大会最年長優勝記録は、44歳で制覇したビリーキャスパーが保持している。 8 - この大会を制覇したメジャー王者は、サー・ヘンリー・コットン(1936年)、ピーター・トムソン(1959年)、トニー
2018/04/03マスターズ

ひどい奴ら '68マスターズの光と影 2

。「しかし、稼いだ賞金はどうしたんだ?」とダグは聞き返した。モーは、「ああ、それは“俺の金”だからな。“俺の金”は使わないのさ」と言った。ほらな、彼は個性豊かだと言っただろう? 最も感動的な光景 ビリー
2016/09/14ヨーロピアンツアー公式

「イタリアオープン」の知っておくべきアラカルト

れている。これまで、サー・ヘンリー・コットン(1936年)、ピーター・トムソン(1959年)、トニー・ジャクリン(1973年)、ビリーキャスパー(1975年)、ベルンハルト・ランガー(1983、97
2016/08/01ヨーロピアンツアー公式

ジミー・ウォーカーのメジャー初制覇 記録アラカルト

が揃い踏みしている。 <1959年>アート・ウォール(マスターズ)、ビリーキャスパー(全米オープン)、ゲーリー・プレーヤー(全英オープン)、ボブ・ロスバーグ(全米プロゴルフ選手権) <1969年
2016/07/28ヨーロピアンツアー公式

メジャー初優勝のトレンドは続くのか?

・ロスバーグが1打差で制したことで、その年のメジャー4大会をメジャー初優勝者が席巻することとなった。米国のロスバーグは、数週間前にウィングドフットで開催された「全米オープン」では、ビリーキャスパーに次ぐ2
2016/06/14全米オープン

ジャック・ニクラス インタビュー オークモントよもやま話(上)

米国Golf Digest誌6月号 2016 全米オープン特集 1962年、オークモントCCで行われた「全米オープン」は、ゴルフ界の帝王ジャック・ニクラスの数々の偉業のルーツともいえる大会でした。プロ転向して直後に臨んだ試合で、地元ペンシルベニア州出身のアーノ…
2015/02/08

ツアー通算51勝 ビリー・キャスパー氏が死去 83歳

プロ通算69勝(米ツアー51勝)を挙げたパッティングの名手、ビリーキャスパー氏が7日(土)、ユタ州の自宅で死去した。83歳だった。 1931年にカリフォルニア州サンディエゴで生まれ、5歳でゴルフを
2014/11/05PGAコラム

松山英樹に寄り添う米国人通訳の人生

。 バレステロスらのほかにも、ジョニー・ミラー、ベン・クレンショー、ビリーキャスパー、ロベルト・デ・ビセンツォが来日した際に通訳を担当した。 日本で10年を過ごし、ターナー氏は家族とともに1987年に米国
2014/04/09PGAコラム

オーガスタナショナルで何がしたい?(2/2)

ことなく、ただ座って雰囲気に浸っているよ。年上のジェントルマンの話を聞きながら、それを記憶に留めて行くんだ。ビリーキャスパーとロッカーをシェアしているんだけど、チャールズ・クーディやジャック
2014/03/11ヨーロピアンツアー公式

モロッコでの快挙達成を目論むシーム

トロフィー」はモロッコにおいて最も長く続いているスポーツイベントである。この大会では過去に、オービル・ムーディ(1971年)、ビリーキャスパー(1973、75年)、リー・トレビノ(1977年)、ビジェイ