2016/07/20佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑207>ビジェイ・シン(前編)

選手が一人いる。現在53歳のビジェイシンだ。優勝すればその時点で記録更新となる。6月にドキドキさせる展開があった。全米オープン翌週、タイガー・ウッズ主催のクイッケンローンズナショナルで、シンは通算
2018/03/04WGCメキシコ選手権

最年少?最年長? ミケルソンが急浮上で最終組に

「ブリヂストン招待」でのビジェイシン(フィジー)の最年長優勝記録(45歳5カ月12日)を塗り替える。 今大会が米ツアー初出場のシャルマに対し、通算42勝のミケルソン。あまりに対照的なふたりが最終組でぶつかる。(メキシコ・メキシコシティ/桂川洋一)
2018/01/09ヨーロピアンツアー公式

「BMW南アフリカオープン」で知っておくべき5つのこと

ヨーロピアンツアーとサンシャインツアーの共催となった1997年大会の開催コースであり、同年はフィジーのビジェイシンが優勝した。以降、このヨハネスブルグのコースは7594ヤードに延伸され、2014年から毎年
2017/08/09ヨーロピアンツアー公式

2017年「全米プロゴルフ選手権」の大会アラカルト

・ラーム、そしてジョーダン・スミスの5人が大会デビューを飾る。いずれもかつての大会王者であるパドレイグ・ハリントン(2008年)、マキロイ(2012年、2014年)、ビジェイシン(1998年、2004
2016/10/07フィジーインターナショナル

M.ギリスが首位に浮上 V.シンは23位で決勝へ

」をマークしたブラント・スネデカー(アメリカ)が11位から急浮上。同順位には、首位から「69」で終えたアンソニー・ヒューストン(オーストラリア)が並ぶ。 フィジー出身のビジェイシンは19位タイからの
2017/11/01シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

低迷中のバッバ・ワトソンが今季初戦 優勝予想1位にシンプソン

トレーらは、前週「WGC HSBCチャンピオンズ」が行われた中国・上海からハードな長距離移動を強いられる。 アーニー・エルス(南アフリカ)、ビジェイシン(フィジー)といった名選手のほか、メジャー覇者
2017/03/29佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑233>パトリック・カントレー(中)

付き合い。腰を良い状態でキープできるかは、キャリアをも左右する。若い時から腰痛に苦しんできたフレッド・カプルスやビジェイシンはドイツにまで治療に出かけるほど、あらゆる策を講じ、地道な努力とケアを続け
2017/08/01ヨーロピアンツアー公式

WGCブリヂストン招待の大会アラカルト

で開催された2002年大会は4位に入っている)。 ◇ファイヤーストーンで2008年に45歳163日で優勝したビジェイシンは、WGC最年長優勝記録を保持している。
2017/02/22佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑228>ブラント・スネデカー(前編)

れた最初のシーズンだった。当時はタイガー・ウッズやビジェイシンら強豪がひしめく激戦時代で、スネデカーは新人王戴冠から5年後の12年、ついに念願の年間王者に輝いた。 12年は序盤から素晴らしいプレーを
2017/07/23記録

<記録>海外メジャー最少ストローク

CC/FR ジャック・ニクラス 1980年/バルタスロール/1R トム・ウェイスコフ 1980年/バルタスロール/1R ビジェイシン 2003年/オリンピアフィールズCC/2R
2016/08/12全米シニアオープン選手権

リオ五輪辞退のビジェイ・シンが首位 崎山武志は3差7位

◇海外シニアメジャー◇全米シニアオープン選手権 初日◇サイオートCC (オハイオ州)◇7028yd(パー70)◇ リオ五輪裏で海外シニアメジャー今季第5戦が開幕。五輪出場を辞退して臨んだビジェイ
2017/08/20フィジーインターナショナル

ジェーソン・ノリスが逆転V 竹安俊也は20位

つけた。 日本勢で唯一出場している竹安俊也は16位から出て3バーディ、2ボギーの「71」で回り、通算5アンダーの20位。地元フィジー出身のビジェイシンは41位に終わった。
2017/08/19フィジーインターナショナル

ウェイド・オームスビーが首位 竹安俊也が16位に浮上

バーディ1ボギーの「66」で回り、通算10アンダーの首位に立った。1打差の2位にジェーソン・ノリス(オーストラリア)がついた。 日本人で唯一出場している竹安俊也は37位から出て、1イーグル、3バーディ、1ボギーの「68」で16位に浮上した。 地元フィジー出身のビジェイシンは通算イーブンパーで45位。
2017/01/10ヨーロピアンツアー公式

BMW南アフリカオープンの大会アラカルト

この大会を共催した際の開催コースであり、この時はビジェイシンが優勝した。以来、このヨハネスブルグのコースは2014年、2015年、そして2016年に大会の舞台となってきた。