2013/03/16週刊GD

世界のトップ3が取り入れる「インターロッキンググリップ」

ビジェイシンらインターロッキンググリップの強豪選手は多い。現在、上位選手の6割近くが、インターロッキンググリップを採用しているという。 『タイガーがやっているから』と、“マネする”プロも石川遼を筆頭に結構
2013/01/14

本間ゴルフ、韓国から世界への挑戦

ツアーで見るような巨大テントが設営され、それは日本国内では見ることのない規模だった。 そして何より、フィールドには全米女子オープンを制したチェ・ナヨンや全英リコー女子オープン覇者の智愛、賞金女王の朴
2013/01/09週刊GD

女子プロゴルフのジュニア世代も韓国が最強!

オープンでは、16歳332日という日本女子ツアーでの最年少V記録を達成した。最終日に驚異の11バーディで追い上げるという歴史に残る快挙は、まさに日本のゴルフ界に衝撃を与えた。 6歳でゴルフを始めたキム
2012/06/05WORLD

【WORLD】最終日首位スタートは優勝できない?

減少してしまっている。過去5年間で最も活躍した代表的なプロと言えば、ウッズ、フィル・ミケルソン、そしてビジェイシンだが、後者2名は一時代を築いた当時と比べ、終盤にスコアを落としてしまっている。つまり
2012/02/02WORLD

【WORLD】“長尺パター狂想曲”の背後にある恩恵

、パットがよくなる人がいる(好例はビジェイシン)。これは利き手を再び意識するようになった意図せぬ結果だと思う。 どんなメカニックで練習すればよいのか? 特別複雑なことはない。ロングパター(あるいは
2011/11/15WORLD

【WORLD】ウェブ・シンプソンの素顔(2) “WORLD WIDE WEBB”

バナズサクに話したという。 新たにキャディとなったテゾリも、ソニー・オープン前にシャーロットに向かい、正直に当時の実力に関する意見をシンプソン本人に伝えた。ビジェイシン、そしてショーン・オヘアのキャディも
2011/10/14WORLD

【WORLD】理想の“ウィン-ウィン”とは何か?

タイトルが確定していた。 言い換えるとすれば、もし最終戦のポイントがツアー優勝に大きく影響するようなことが無ければ、2008年にビジェイシンが最終戦を待たずして「FedEx Cup」優勝を決めていたように
2002/11/18

タイガースキンズ

な名前に負けないビッグな顔ぶれが集まった。 2年連続の欧州ツアー賞金王レティーフ・グーセンに、2位のパドレイグ・ハリントン、さらにビジェイシンとセルヒオ・ガルシアという錚々たるメンバー。総額18万
2002/11/07

世界で活躍する日本人選手

名門、イーストレイクを攻略したのはフィージ―のビジェイシン。 通算12アンダー(65-71-65-67)とし、優勝賞金の90万ドルと秋のFallフィニッシュ、ポイントレーストップボーナスの50万ドル
2002/09/05

世界で活躍する日本選手たち

賞金は63万ドル。この優勝でPGAツアー復帰、2年間のシード権を獲得。2位にはこのところ好調のスティーブ・ラウリー。3位にはV.シンや、2日目に62を記録したロバート・アレンビーなど。日本勢で予選を通過
2002/03/28

世界で活躍する日本選手たち

、プレーオフの末、出場権を獲得したのは 中村龍明。 今年は 中南米ツアー4試合に参加している。 注目の選手は Duval、Vシン、オラサバル、デーリー、カプルス、ビヨーン そして昨年の優勝者 ハル
2002/03/16

世界で活躍する日本選手たち

。 タイガー・ウッズの他 ミケルソン、エルス、ガルシア、デュバル、グーセン、Vシン・・ら主力選手が参加する。 今大会の為にグリーンの芝を張り替え、硬めに設定した難コースを制するのは?? 賞金総額は400万
2002/03/01

世界で活躍する日本選手たち

。 前週のニッサンオープンで健闘を見せた谷口(56シード)は去年の同大会で3位、マッチプレーの巧者代いうことで期待がかかったが、 9シードのVシンの前に3アンド2で敗退を許してしまった。 これまで3年
2002/02/21

世界で活躍する日本選手たち

マッチングは 伊沢利光 ‐ P・フルケ(スウェーデン)、 片山晋呉‐ L・ウエストウッド(イングランド)。 谷口徹 ‐ Vシン(フィージー)となっている。 ★ USPGAツアー Touchstone
2001/12/20

最新ギア情報 from USA

。 クリーブランドのウェッジふたたび 数あるゴルフメーカーの中でもクリーヴランドは、おそらくもっとも劇的な成功を収めたと言えるだろう。デビッド・トムズというメジャーチャンピオンをはじめ、ビジェイシン
2001/11/22

世界で活躍する日本の選手たち(11月15日-11月25日)

は150万ドルとアジアで最大規模の試合。 アジアで強いVシン他 WGCワールドカップで健闘したマイケル・キャンベル、オラサバル、ファルドらが出場。 日本からは今年アジアのシード選手の秋葉真一、今