2019/07/16全英オープン

悔しかった「マスターズ」 金谷拓実は「全英」でリベンジへ

アマチュアはビクトルホブラン(ノルウェー)に譲って「悔しかった」と金谷拓実(東北福祉大3年)。自身2度目の海外メジャーは「まず予選通過してローアマを獲って、さらに上位で戦えたら」と大きな目標を据えている
2019/09/11グリーンブライアー

米国男子ツアー新シーズンが開幕 20年8月まで全49試合

、ブライソン・デシャンボー、ザック・ジョンソン、バッバ・ワトソン、イム・ソンジェ(韓国)らがフィールドに名を連ねた。 53歳のジョン・デーリーも出場。今年プロデビューした大型新人のひとりビクトルホブラン(ノルウェー)がツアーメンバーとしての初戦に臨む。 松山英樹、小平智は出場しない。
2020/07/11ワークデイ・チャリティオープン

松山英樹は暫定4位で週末へ 首位モリカワに4打差

た松山英樹は4バーディ、ボギーなしの「68」でホールアウトし、通算9アンダーとしてサム・バーンズとともに暫定4位。決勝ラウンド進出を確実にした。 ビクトルホブラン(ノルウェー)と、1ホールを残す
2020/07/13ワークデイ・チャリティオープン

モリカワがプレーオフ雪辱の2勝目 松山英樹22位

ボギーを喫し、プレーオフにもつれ込んだ。 同じ最終組から出たビクトルホブラン(ノルウェー)は、通算15アンダーの3位。チェイス・セイフェルトが通算14アンダー4位。イアン・ポールター(イングランド)と
2020/03/10ザ・プレーヤーズ選手権

優勝賞金は史上最高額 “第5のメジャー”に松山英樹が出場

回る。ビクトルホブラン(ノルウェー)、マシュー・ウルフ、コリン・モリカワらすでにツアー初優勝を挙げた新鋭グループも注目される。 日本勢でただひとり出場の松山英樹は昨年、カットライン上で予選を通過し
2020/07/12ワークデイ・チャリティオープン

トーマスが後続に2差の首位浮上 松山英樹8位

トリートーナメントofチャンピオンズ」以来の今季3勝目に王手をかけた。 ビクトルホブラン(ノルウェー)が6位から「66」をマークして2打差の通算14アンダー2位につけた。昨年プロ転向した同期のコリン
2019/09/26ZOZOチャンピオンシップ

トーマスや全米覇者も「ZOZOチャンピオンシップ」出場へ

・ウッドランド、「全英オープン」を制したシェーン・ローリー、昨季新人王のイム・ソンジェら。 大型新人として注目されるビクトルホブランらが主催者推薦で出場する。 松山英樹とタイガー・ウッズ、ロリー
2020/06/26トラベラーズ選手権

ヒューズが「60」で首位 マキロイが3打差2位

プレー。ザンダー・シャウフェレ、ビクトルホブラン(ノルウェー)と並んで7アンダー2位で初日を終えた。 50歳初戦のフィル・ミケルソン、セルヒオ・ガルシア(スペイン)、ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ
2020/02/25ザ・ホンダクラシック

ケプカ&ファウラーのリベンジなるか 小平智、石川遼が出場

オープン」でツアー初勝利を飾ったビクトルホブラン(ノルウェー)も参戦する。 日本勢はツアーメンバーの小平智と、主催者推薦で石川遼が出場。それぞれ「プエルトリコオープン」、「WGCメキシコ選手権」に続く連戦だ。
2020/06/19RBCヘリテージ

松山英樹は復帰戦で出遅れ 首位にポールターとハバード

(コロンビア)とビクトルホブラン(ノルウェー)、ウェブ・シンプソンら7人。ジョーダン・スピースが後半アウトで自己ベストの「29」をマークし、マシュー・ウルフらと並び5アンダー10位タイで滑り出した
2019/08/05ウィンダム選手権

26歳のJ.T.ポストンが逆転でツアー初勝利

優勝を狙ったアン・ビョンフン(韓国)は「67」にとどまり、20アンダーの3位に終わった。6月にプロ転向したばかりのビクトルホブラン(ノルウェー)が19アンダー4位に入った。 昨年秋に開幕した2018
2019/07/12ジョンディアクラシック

ロベルト・ディアスが「62」で首位 ウルフ20位 小平は146位

アンダー20位とまずまずのスタート。ビクトルホブラン(ノルウェー)は2アンダー56位、コリン・モリカワとジャスティン・サーは1アンダー78位で初日を終えた。 主催者推薦による米ツアー2戦目のチェ
2019/09/13グリーンブライアー

米ツアー新シーズンが開幕 シェルトン首位、イムが最初のエース

シーズンで最初のホールインワンを決めた。イムのエースは2019年3月「ザ・プレーヤーズ選手権」に続いて2回目。 ブライソン・デシャンボーとビクトルホブラン(ノルウェー)は2アンダーの53位。バッバ・ワトソンは1アンダーの73位。53歳のジョン・デーリーは4オーバーの146位で開幕戦初日を終えた。
2019/08/04ウィンダム選手権

アン・ビョンフンが首位で最終日へ プロ5戦目のホブラン3差

後5試合目のビクトルホブラン(ノルウェー)が「64」で回り、ポール・ケーシー(イングランド)、J.T.ポストンと並ぶ14アンダー5位で続いた。 12位タイだったジョーダン・スピースが「77」の大たたきで通算2アンダー77位に後退し、MDF(最終日の出場選手制限)で姿を消した。
2020/07/05ロケットモーゲージ・クラシック

ウルフが連日の「64」で3打差首位 松山英樹は急浮上13位

・カークら4人が通算14アンダーの4位タイ。同じくトップから出たウェブ・シンプソンは「71」と停滞し、ビクトルホブラン(ノルウェー)らと同じ13アンダー8位タイに後退した。 5アンダーの55位タイで予選を