2007/03/12ポッズ選手権

知れば納得、「ポッズ選手権」後日談

●乗り移った「悪運」 「ポッズ選手権」の最後まで優勝争いに絡んでいた33歳のヒーススローカム。最終18番ホール、入ればプレーオフという1.2メートルのパーパットを外し、ベテランのM.カルカベッキア
2007/03/12ポッズ選手権

M.カルカベッキアが優勝!丸山茂樹は68位タイに終わる

(オーストラリア)、ヒーススローカムの2人を1打差で抑え、通算13回目の勝利を掴んだ。 通算8アンダーの4位タイには、ルーカス・グローバーとブライアン・ゲイ、さらに通算7アンダーの6位タイにチャールズ
2007/01/22ボブホープ・クライスラークラシック

C.ホフマンがプレーオフを制してツアー初優勝!

に寄せてバーディ。早々と勝負を決めた。 通算16アンダーの単独3位には、首位タイでスタートしながら「76」を叩いたジャスティン・ローズ(イングランド)。通算15アンダーの4位タイに、ヒーススローカム
2006/09/26サザンファームビューロクラシック

強豪不在の中、若手や日本勢のプレーに期待!

エキスプレス選手権」が開催されるため、強豪勢が出場を見合わせている。 昨年はヒーススローカムが、最終日にスコアを確実に伸ばし、混戦から抜け出すことに成功。最終的には通算21アンダーで、後続へ2打差をつけて…
2005/11/06サザンファームビューロクラシック

J.スニーダーIIIが単独トップ!田中秀道、丸山茂樹は29位タイ

スコアを伸ばし、単独トップに躍り出た。 トップと1打差の2位タイには、ローレン・ロバーツ、ヒーススローカムの2人。トップと2打差の4位タイには、ケビン・スタドラーら3人がつけている。 トップと3打差から
2005/08/12全米プロゴルフ選手権

全米プロ初日注目選手のインタビュー

)」 スコット・マッキャロン 「上位につけている選手は決して飛ばし屋ではありませんが真っ直ぐに飛ばしていますね」 ヒーススローカム 「私はそれほど飛距離が出る選手じゃありません。この暑さでコースが乾いたこ…
2005/05/29FedEx セントジュードクラシック

J.レナードの勢い止まらず!日本勢は・・・

人旅の展開になっている。 レナードは、この日も素晴らしいショットの切れを披露し、4バーディノーボギーの危なげない内容でスコアを4つ伸ばす。2位のヒーススローカムに8打差をつけ、今季2勝目に王手をかけ
2005/02/22クライスラークラシック of ツーソン

ビッグネーム不在のなか日本勢の活躍に期待

乗り上位進出を狙いたいところ。フィールドが比較的弱くなる今大会で日本勢の活躍に期待したい。 昨年の大会は、アーロン・バデリー(オーストラリア)とヒーススローカムによる一騎打ち。両者22アンダーで並んだ
2004/09/20バレロテキサスオープン

ブライアントがそのまま逃げ切り初勝利

。 そのほか、メジャーチャンプ、ライダーカップ出場の肩書きをもつジャスティン・レナードは通算13アンダーの10位タイ。今季初優勝を飾ったヒーススローカムも10位タイで競技を終えた。
2004/09/19バレロテキサスオープン

Ba.ブライアントが快スコア「60」をマークし単独首位!

大混戦。 そして首位と5打差の11位タイには、首位スタートのディーン・ウィルソンと今季「クライスラークラシックofツーソン」で初優勝を飾ったヒーススローカムが控えている。最終日も誰がビッグスコアを出しても…
2004/07/20USバンク選手権 in ミルウォーキーオープン

前週3位と絶好調の田中秀道が悲願の初優勝を狙う

スローカムを抑えて、ケニー・ペリーが逃げ切り、その年の3勝目をマークした。今季のペリーは、16試合に出場しトップ10入り5回とまずまずだが、いまだ勝ち星がない。大会連覇とともに久々の勝利を味わうことが
2004/04/18MCIヘリテージ

エルスが再び5位に浮上!ルーキーのパーディが首位

ツアー初優勝となるか注目が集まる。 首位を追走するのは、今季1勝を挙げているヒーススローカムが通算8アンダーの2位。通算7アンダーの3位グループには、ステファン・エイムスとパトリック・シーハンが並んで