2020/09/09ヨーロピアンツアー公式

「ポルトガルマスターズ」について知っておくべき5つのこと

辿る形で、イングランド人による7度目の大会制覇を果たした。 過去の大会王者には、パドレイグハリントンやシェーン・ローリーといったメジャー王者の他、アルバロ・キロス、リチャード・グリーン、ルーカス
2020/08/06全米プロゴルフ選手権

5カ月ぶり試合出場のスコット「最近、年長者のリストに…」

(イングランド)、パドレイグハリントン(アイルランド)らは今回のメジャー出場を断念した。 「みんながこの難しい状況にいて、国をまたぐ移動は本当に複雑になっているから、リーやパドレイグのここに来ないという
2020/03/19ヨーロピアンツアー公式

ヨーロピアンツアー最多勝アイルランド人選手は?

ハリントン 2020年「ライダーカップ」欧州代表キャプテンは、1995年にプロへ転向し、これまでの25年に及ぶキャリアでメジャー3勝を含むヨーロピアンツアー15勝を挙げてきた。 パドレイグ
2020/03/04

タイガー・ウッズが殿堂入りの最終候補に

世界ゴルフ殿堂は3日(火)、2021年の殿堂入り最終候補の10人を発表した。メジャー通算15勝のタイガー・ウッズ、同3勝のパドレイグハリントン(アイルランド)、女子メジャー2勝のサンドラ・パーマー
2020/01/28ヨーロピアンツアー公式

「サウジインターナショナル」で知っておくべき5つのこと

名を連ねており、主将パドレイグハリントンによるキャプテンズピックに望みを託さない形での代表入りを狙っている。今週は欧州代表復帰を目指すラファ・カブレラベローやトーマス・ピータースも出場するほか、「ライダーカップ」選考レース…
2020/01/09ヨーロピアンツアー公式

ホブランと今平周吾のドバイデビューが決定

、ヨーロピアンツアーを複数回制覇しているトミー・フリートウッド、イアン・ポールター、そしてリー・ウェストウッドも顔をそろえる。メジャー王者であり、「ライダーカップ」欧州代表チーム主将のパドレイグ
2020/01/06ヨーロピアンツアー公式

2020年ヨーロピアンツアー 基本ガイド

選手権」で始まっており、12人で編成される欧州代表チーム入りを目指す選手たちは、2020年9月に開催される同大会へかけ、「レース・トゥ・ドバイ」の大会に出場してポイント加算を狙うこととなる。 パドレイグ
2019/11/13ヨーロピアンツアー公式

「ネッドバンクゴルフチャレンジ」で知っておくべき5つのこと

「ライダーカップ」欧州代表キャプテンでありメジャー3勝のパドレイグハリントンもフィールドに名を連ねている。 結末に近づく「レース・トゥ・ドバイ」 すでに45大会を消化した2019年「レース・トゥ・ドバイ」は
2019/11/13ネッドバンクゴルフチャレンジ

川村昌弘が南アフリカで逆転ドバイ切符に挑戦

(オーストリア)らがエントリー。推薦でアーニー・エルス(南アフリカ)、パドレイグハリントン(アイルランド)のメジャー覇者も参戦する。
2019/10/13ヒューストンオープン

31歳グリフィンが1打差首位で最終日へ

アンダーとして単独首位に立った。プロ10年目の31歳が初優勝に向け、後続に1打差をつけた。 通算10アンダーの2位にマーク・ハバード。ボウ・ホスラーとキャメロン・トリンガーリ、ピーター・マルナチの3人が9アンダーの3位に並んだ。 オースティン…
2019/10/09ヨーロピアンツアー公式

「イタリアオープン」で知っておくべき5つのこと

ポイントレースは、先月の「BMW PGA選手権」で号砲が鳴らされ、同大会を制したイングランドのウィレットが1165ポイントを獲得して、来年ウィスリングストレーツでパドレイグハリントンが率いることになる
2019/10/02ヨーロピアンツアー公式

「スペインオープン」で知っておくべき5つのこと

コート、そして水泳プールなどが備わっている。同コースで最後に「スペインオープン」が開催されたのは1996年のことであり、当時は2020年「ライダーカップ」欧州代表キャプテンのパドレイグハリントン
2019/09/17ヨーロピアンツアー公式

「BMW PGA選手権」で知っておくべき5つのこと

。 ライダーカップへのカウントダウンの始まり 今年の「BMW PGA選手権」は、パドレイグハリントン率いるウィスリングストレイツ開催の2020年「ライダーカップ」欧州代表選考レースの初戦となることから
2019/07/22全英オープン

シェーン・ローリーが逃げ切り メジャー初制覇

ボギーの「72」でプレー、通算15アンダーで後続に6打差をつけて逃げ切り、メジャー初優勝を果たした。アイルランド勢の全英オープン優勝は2007、08年に大会連覇したパドレイグハリントンに続く2人目。68