2016/12/20ヨーロピアンツアー公式

欧州ツアー 2016年シーズンのベストパフォーマーは?

パドレイグハリントンが一番ということになるのだが、別の観点から言えば、この両者のパフォーマンスがベストであるとは言い難い。 今回は、15th Clubというゴルフリサーチにより、優勝者とフィールドの平均
2017/03/17ヨーロピアンツアー公式

母国アイルランドでの活躍を誓うハリントン&ローリー

大会で優勝経験のあるパドレイグハリントンとシェーン・ローリーが出場を決めたことにより、地元アイルランド勢による制覇の期待が高まっている。 ここ2週間は、ハリントンとローリーの2人にとって、異なる理由
2014/06/24ヨーロピアンツアー公式

ケルンでの戴冠を目指すカイマー

2006年の優勝も含まれており、同年の大会でステンソンはレティーフ・グーセンとパドレイグハリントンとの3人で行われたハイレベルなプレーオフの1ホール目でイーグルを奪って勝利を手にしている。 ステンソン
2017/07/11ヨーロピアンツアー公式

「スコットランドオープン」の大会アラカルト

「全英オープン」の出場権を勝ち取ったリッチー・ラムゼイとデービッド・ドライズデールらが出場する。 この他にも、フィールドには、ポール・ローリーを始め、パドレイグハリントン、アーニー・エルス、ダレン・クラー…
2015/10/06ヨーロピアンツアー公式

完璧なホストを全うすべくウォーバーンに臨むポールター

だし、ギャラリーを沸かせるプレーができればいいね」。 ワールドクラスのフィールドには、ダレン・クラーク、パドレイグハリントン、そしてグレーム・マクドウェルといったメジャー優勝経験のあるアイルランド
2019/03/20ヨーロピアンツアー公式

「メイバンク選手権」で知っておくべき5つのこと

率いるアーニー・エルスと、2020年「ライダーカップ」で欧州代表を率いるパドレイグハリントンである。この2人のゴルフレジェンドは、ワールドワイドで合計102勝、そしてメジャー7勝を挙げているが、今回の
2006/06/29

丸山茂樹、今田竜二の順位は?/男子各種ランキング

いる。上位19人の変動はなく、2位タイフィニッシュとなったパドレイグハリントンが23位から20位に上げている。 欧州スコットランドで行われた「ジョニーウォーカー選手権」で優勝を飾ったイングランドの
2016/11/01ヨーロピアンツアー公式

「トルコ航空オープン」の知っておくべきアラカルト

する。 「ポルトガルマスターズ」を制覇し、アルガルベで2008年の「全米プロゴルフ選手権」以来となる欧州ツアー優勝を飾ったパドレイグハリントンは、2013年以来の大会復帰を果たす。 この他には
2013/03/22ヨーロピアンツアー公式

好調を維持するアフィバーンラット

が今日への自信になったね。とても暑いからイライラするけど、とにかく我慢しなくちゃね。この気温には誰にとっても厳しいものだね」。 3度のメジャー大会の覇者パドレイグハリントン(アイルランド)は3
2020/01/09ヨーロピアンツアー公式

ホブランと今平周吾のドバイデビューが決定

、ヨーロピアンツアーを複数回制覇しているトミー・フリートウッド、イアン・ポールター、そしてリー・ウェストウッドも顔をそろえる。メジャー王者であり、「ライダーカップ」欧州代表チーム主将のパドレイグ
2014/03/11PGAコラム

今週のバルスパー選手権の事前情報

大会記録:「61」パドレイグハリントン(2012年の初日) 昨年の大会ダイジェスト:ケビン・ストリールマンが、激戦となった週末2日間をノーボギーの「65-67」でラウンドし、追いすがるブー
2012/03/16トランジションズ選手権

P.ハリントンが首位!石川、今田は出遅れ

◇米国男子◇トランジションズ選手権 初日◇イニスブルック リゾート(フロリダ州)◇7,340ヤード(パー71) 大会初日にスタートダッシュを見せたのは、アイルランドのパドレイグハリントンだった。1
2009/11/03

池田35位、石川36位は変わらず/男子世界ランキング

優勝したロス・フィッシャーは26位から17位に上昇。フィル・ミケルソンやパドレイグハリントン、アーニー・エルス、ジェフ・オギルビーらが参戦となった「バークレイズ・シンガポールオープン」で優勝した
2015/08/13ヨーロピアンツアー公式

ウィスリングストレイツのパー3ホール

; バーディ-96; パー-293; ボギー-63; ダブルボギー以上-3 選手の視点: 「これは興味深いパー3だね」と大会2勝を誇るパドレイグハリントン。「グリーン前方のエッジまではピッチングウェッジで
2008/09/16

片山晋呉の世界ランキングは2つ下がって61位

オープンウィーク/変動なし 4位/パドレイグハリントン/出場せずオープンウィーク/変動なし 5位/セルジオ・ガルシア/出場せずオープンウィーク/変動なし 6位/アーニー・エルス/出場せずオープンウィーク