2017/07/11ヨーロピアンツアー公式

「スコットランドオープン」の大会アラカルト

「全英オープン」の出場権を勝ち取ったリッチー・ラムゼイとデービッド・ドライズデールらが出場する。 この他にも、フィールドには、ポール・ローリーを始め、パドレイグハリントン、アーニー・エルス、ダレン・クラーク
2017/07/08ヨーロピアンツアー公式

イムとエベールがトップの座を堅持

は共にかつての大会王者であるジェイミー・ドナルドソンとソレン・ケルドセンを含む7人が、そして2打後方にはパドレイグハリントンとジャスティン・ローズを含む11人が続いている。 大会ホストでディフェンディングチャンピオンのロリー・マキロイは、「73」と低迷し、通算1オーバーでカットラインに届かなかった。
2017/03/17ヨーロピアンツアー公式

母国アイルランドでの活躍を誓うハリントン&ローリー

大会で優勝経験のあるパドレイグハリントンとシェーン・ローリーが出場を決めたことにより、地元アイルランド勢による制覇の期待が高まっている。 ここ2週間は、ハリントンとローリーの2人にとって、異なる理由
2017/03/16ヨーロピアンツアー公式

欧州年間MVPの名称が“セベ・バレステロス賞”に変更

れている。 また、円の外周には、これまで選手選出による年間最優秀選手賞を受章した選手全員の名が刻印されている。これまでは、パドレイグハリントン(2008)、リー・ウェストウッド(2009
2016/12/23ヨーロピアンツアー公式

2016年に学んだ10のコト(後編)

6. 年齢は数字に過ぎない パドレイグハリントンには、ゴルフは若者のスポーツ、という言葉は通用しない。多くの選手が来季のシード権を懸けてプレーした週に、45歳のアイルランド人選手は時計の針を逆に
2016/12/20ヨーロピアンツアー公式

欧州ツアー 2016年シーズンのベストパフォーマーは?

パドレイグハリントンが一番ということになるのだが、別の観点から言えば、この両者のパフォーマンスがベストであるとは言い難い。 今回は、15th Clubというゴルフリサーチにより、優勝者とフィールドの平均
2016/12/06ヨーロピアンツアー公式

UBS香港オープンの知っておくべきアラカルト

一つであり、過去の優勝者には、ベルンハルト・ランガー、ホセ・マリア・オラサバル、ケル・ネーグル、グレッグ・ノーマン、ピーター・トンプソン、トム・ワトソン、パドレイグハリントン、コリン・モンゴメリー
2016/11/01ヨーロピアンツアー公式

「トルコ航空オープン」の知っておくべきアラカルト

する。 「ポルトガルマスターズ」を制覇し、アルガルベで2008年の「全米プロゴルフ選手権」以来となる欧州ツアー優勝を飾ったパドレイグハリントンは、2013年以来の大会復帰を果たす。 この他には
2016/10/31ヨーロピアンツアー公式

松山英樹の勝利が意味する事実

(アルフレッド・ダンヒルリンクス選手権)とパドレイグハリントン(ポルトガルマスターズ)が通算23アンダーで勝利を飾っている ・4日間で合計29個のバーディを奪取 ・今季、首位で最終日を迎え、そのまま優勝した
2016/10/24ヨーロピアンツアー公式

ハリントンがポルトガルで復活勝利

パドレイグハリントンがディフェンディングチャンピオンのアンディ・サリバンに競り勝って「ポルトガルマスターズ」を制覇し、8年振りのヨーロピアンツアータイトルを手にした。 2008年の「全米プロゴルフ
2016/10/24ポルトガルマスターズ

45歳ハリントンが8年ぶり欧州ツアー優勝

◇欧州男子◇ポルトガルマスターズ最終日(23日)◇オセアニコ ビクトリアGC (ポルトガル)◇7146yd(パー71) 首位と1打差の3位から出た45歳のパドレイグハリントン(アイルランド)が6
2016/10/23ポルトガルマスターズ

ハンセンが「62」で首位浮上 コルホネンが並走

「62」でプレーして、通算18アンダーとし、「64」でプレーしたミッコ・コルホネン(フィンランド)と首位タイに並んだ。 1打差、通算17アンダーの3位にメジャー3勝を挙げているパドレイグハリントン
2016/10/22ヨーロピアンツアー公式

サリバンがポルトガルで首位タイに急浮上

2008年の「全米プロゴルフ選手権」以来ヨーロピアンツアー制覇から遠ざかっているパドレイグハリントン、そしてイェンス・ファーブリングがつけている。 現在「レース・トゥ・ドバイ」で174位につけており